(保険技術)インシュアテック市場ーコンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、タイプ別(小売保険、商業保険)、アプリケーション別(健康保険、損害保険、その他)、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、「(保険技術)インシュアテック市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2022年01月18日に発刊しました。この調査には、インシュアテック市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107401
インシュアテック市場は、2022年に831.4百万米ドルの市場価値から、2030年までに2,349.9百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に16.0%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/insurance-technology-insurtech-market/308

銀行や金融機関は、FinTechベンダーの出現により変革を目の当たりにしています。これにより、従来の運用とプロセスのモデルが崩壊します。保険会社は厳しい競争に直面しており、保険市場はほとんどの国で成熟していると考えられています。デジタルおよび分析ツールは、デジタルブローカーを通じて新しい収益モデルとバリューチェーンを開きました。FinTech業界は、過去2年間で、インシュアテックソフトウェアの必要性と機会を認識してきました。インシュアテックベンダーは、顧客の意思決定プロセスを簡素化するソフトウェアを提供し、分析ソフトウェアは、保険会社が市場の現在のニーズと需要を理解するのに役立ちます。

人工知能、機械学習、ブロックチェーン、クラウドコンピューティングなどのテクノロジーにより、特定の事業分野の被保険者の活動に関する情報をリアルタイムで追跡および監視し、事業運営を合理化および近代化できます。これは、世界のインシュアテック市場の成長を牽引する主な要因です。さらに、ビジネスモデルの変化により、保険会社は革新的なデジタルソリューションを活用してビジネスを拡大し、ニッチな顧客の要求に基づいて製品ラインを開発しています。これも、予測期間中のインシュアテック市場の成長に貢献します。しかし、保険業界に対するさまざまな基準と規制、およびプライバシーとセキュリティの懸念により、予測期間中にインシュアテック市場の成長が抑制される可能性があります。

インシュアテック市場セグメント

インシュアテック市場は、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、タイプ別(小売保険、商業保険)、アプリケーション別(健康保険、損害保険、生命保険、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

インシュアテック市場の地域概要

インシュアテック市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域では、この地域の顧客による保険への支出により、インシュアテックの採用が最も多くなっています。健康、財産、その他のための柔軟でカスタマイズされた保険の提供は、人々が自分に最も適した保険プランから選択することを奨励しています。これにより、この地域のインシュアテック市場の成長が牽引すると予想されます。一方、アジア太平洋地域のインシュアテック市場は、ベンダーにとって大きな可能性を秘めており、2022ー2030年の予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されています。これは、香港、シンガポール、インドにいくつかの新興国と金融ハブが存在することに起因しています。また、保険会社は、人口の多い地域で安価で手頃な保険料プランを提供することに注力しています。

インシュアテック市場の主要なキープレーヤー

インシュアテック市場の主要なキープレーヤーには、Friendsurance、Oscar、ZhongAn、Allay、Analyze Re、GetInsured、Bayzat、Bought By Many、Claim Di、CommonEasyなどがあります。この調査には、インシュアテック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-107401

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. (保険技術)インシュアテック市場ーコンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、タイプ別(小売保険、商業保険)、アプリケーション別(健康保険、損害保険、その他)、および地域別ー予測2022ー2030年