丸井グループが『第2回アニものづくりアワード』オリジナルコンテンツ部門で金賞を受賞!

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、この度「優れたアニメ×異業種」の取り組みに贈られる『第2回アニものづくりアワード』においてオリジナルコンテンツ部門で金賞を受賞いたしました。

 

■『アニものづくりアワード』とは
近年、アニメファンの増加・一般化によってマーケットが広がり、アニメとは直接関係のなかった自動車メーカー、食品メーカー、流通、テクノロジー、サービス、観光など、一般企業によるアニメやマンガ、キャラクターとのコラボ商品、広告プロモーションでの活用が増加しております。
これは、アニメ業界にとって新しいビジネスチャンスであるとともに、一般企業にとってもこれまでと違う視点での「ものづくり・ことづくり」を生み出すチャンスを秘めています。
「アニものづくり」アワードは、アニメ業界と一般企業とのさらなるビジネス活性化をめざし、優れたコラボ商品、広告クリエイティブ、プロモーションなどを表彰する取り組みです。

▽『アニものづくりアワード』詳細はこちらから
https://animono.jp/

■オリジナルコンテンツ部門で金賞を受賞


今回、当社グループのオリジナルアニメーションCM『猫がくれたまぁるいしあわせ』が高い評価をいただき、企業が独自に制作したオリジナルキャラクターやオリジナルコンテンツを活用し、商品・サービス開発および広告プロモーションを行ったものを対象とするオリジナルコンテンツ部門において金賞を受賞しました。






■​オリジナルアニメーションCM『猫がくれたまぁるいしあわせ』

キャラクター原案は、人気イラストレーター森倉円さんが担当。主人公のまりは、社会人になって10年という節目も見えてきた30歳。悩みの種類や質が20代のころとは少しずつ変わり始めるのを感じる中、オイさんという猫との交流をきっかけに、「身近にある小さなしあわせ」に気づく、というストーリーです。


今年の3月には、前作から数年たち、家族・友人たちがそれぞれの人生を歩んでいく中、主人公・まりが、自らに訪れた岐路を前に立ち止まりそうになりながらも、自分らしい生き方のために一歩踏み出すことを決意した、新作も公開しました。

《スタッフ》
・監督:牧原 亮太郎
・シリーズ構成・脚本:赤尾 でこ
・アニメーションキャラクター原案:森倉 円
・アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:阪野 日香莉
・美術監督:栫 ヒロツグ
・音響監督:明田川 仁
・企画・プロデュース:平澤 直
・アニメーションプロデューサー:大上 裕真
・アニメーション制作:横浜アニメーションラボ

▼公式サイト
https://www.0101.co.jp/marui-shiawase/
▼公式Twitterアカウント
https://twitter.com/marui_neko

▼丸井グループHP
http://www.0101maruigroup.co.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. 丸井グループが『第2回アニものづくりアワード』オリジナルコンテンツ部門で金賞を受賞!