世界のHIV薬市場規模調査ー投薬クラス別(マルチクラス併用薬、ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤(NRTI)、非ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤)、および地域別ー予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「世界のHIV薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年08月 31日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346734
レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界のHIV薬市場は、2022年に336憶米ドルの市場価値から2030年末までに443憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に4.3%のCAGRで拡大すると予測されます。

 


調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/hiv-drugs-market/10346734

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は慢性的で生命を脅かす病気であり、血液と血液の接触や性的接触によって人から人へと感染する可能性があります。これは、CD-4細胞として知られる免疫細胞を破壊し、感染症やその他の病気に対して体を脆弱にするウイルスです。何年にもわたって、世界中でHIV感染症の蔓延が進んでおり、HIV薬の需要にプラスの影響を及ぼしてきました。HIV薬は、HIVの蔓延を防ぎ、HIV感染のリスクを減らすのに役立ちます。

HIV薬市場の成長を促進する重要な要因には、HIV陽性率の増加、ケアと診断の割合の増加が含まれます。さらに、HIV症状の原因、利用可能な治療オプション、およびHIVウイルスの増殖を制御する上でのこれらの治療の重要な役割について人々の意識を高めるための政府のイニシアチブが増加しています。その結果、政府のプログラムによる意識向上もHIV薬の需要を改善すると予測されています。

しかし、HIV薬の承認と販売に関する政府の厳格な規制により、HIV薬業界の発展が制限される可能性があります。 有病率の増加の原因となる要因には、安全でないセックス、感染した針または注射器、および感染様式に関する知識の欠如が含まれます。リスクのある個人に病気の検査と感染者のケアへのより大きな曝露を提供するための政府とさまざまなNGOの協調した努力は、HIV-1産業の成長の重要な要因です。さらに、ジェネリック医薬品の出現は、HIV薬の需要を増やすもう1つの要因です。

WHOによると、2018年には世界で3,790万人がHIV / AIDSと診断され、110万人が同じ年にエイズ関連の病気で亡くなりました。HIVの予防、治療、ケアと闘うために、連邦政府機関や世界中の多くの組織によって、さまざまなコミュニティ意識向上プログラムや教育キャンペーンが開始されています。

世界のHIV薬市場のセグメンテーション洞察

世界のHIV薬市場は、投薬クラス別(マルチクラス併用薬、ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤(NRTI)、非ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤(NNRTI)、プロテアーゼ阻害剤(PI)、侵入阻害剤、HIVインテグラーゼ鎖転移阻害剤)、および地域別などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界のHIV薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は、人口の増加と老人人口の大幅な増加により、HIV薬市場の主要なプレーヤーに有利な見通しを提供します。さらに、医療費の増加とガイドラインの作成は、地域の市場成長を促進すると予想されます。

世界のHIV薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  •  北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

世界のHIV薬市場の主要企業

世界のHIV薬市場における業界のリーダーはBoehringer Ingelheim International GmbH、Merck & Co., Inc.、ViiV Healthcare、AbbVie、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Bristol-Myers Squibb、Gilead Sciences, Inc.、Johnson & Johnson、Cipla Limited、Daiichi Sankyo、Emcure、Hetero Drugs、Mylanなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346734

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のHIV薬市場規模調査ー投薬クラス別(マルチクラス併用薬、ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤(NRTI)、非ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤)、および地域別ー予測2022-2030年