映画公開70周年記念!『雨に唄えば』シネマオーケストラコンサートが2022年3月、東京で開催決定!

本日11月30日(火)12:00より、チケット最速先行販売開始!

 

©Emily Zoladz  Copyright 2008 The Grand Rapids Press. All rights reserved.©Emily Zoladz Copyright 2008 The Grand Rapids Press. All rights reserved.

1952年公開のミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』。アメリカ映画協会による、500人以上の映画監督、作曲家らの投票で選ぶミュージカル映画のベストワンに輝いた、映画がトーキーに移る舞台を描く舞台裏コメディ。ジーン・ケリーが雨の中をタップダンスで踊る場面は映画史に残る有名な1シーンです。そんな歴史的映画『雨に唄えば』の映画全編を大スクリーンで上映し、舞台上のフルオーケストラが音楽部分を映画に合わせて生演奏するというシネマオーケストラ(通称:シネオケ®)が2022年3月21日(月祝)東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)にて開催されます。

公開から70年を迎えてもなお愛される名作映画を、約80名のフルオーケストラで生演奏する贅沢な映画体験。
名画が再び甦る感動のひとときを!


 

【公演概要】

『雨に唄えば』 シネマオーケストラ

2022年3月21日(月祝) 14:30開演(13:30開場)

東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)

指揮:佐々木新平
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

上映作品:『雨に唄えば』

※英語上映・日本語字幕あり
※上演時間:約2時間10分予定(休憩1回あり)

チケット料金(全席指定・税込):
S席:¥9,800
A席:¥7,800
B席:¥4,800

本日11月30日(火)12:00より、チケット最速先行販売開始!

キョードー東京
0570-550-799(平日11時〜18時/土日祝10時〜18時)
https://tickets.kyodotokyo.com/singin
チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/singin  Pコード:207-754

・5歳未満のお子様はご入場できません
・車イス席をご利用ご希望のお客様はS席をご購入いただき、キョードー東京(0570-550-799)までお電話にてご連絡ください
・チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はどのような場合でもご入場できません
 
予約・お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11時〜18時/土日祝10時〜18時)

公式ホームページ:https://cineoke.info/on/singin_intherain/

<東京公演>主催・企画・制作:キョードー東京  
 

 

映画『雨に唄えば』


監督:ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン
製作:アーサー・フリード
脚本:アドルフ・グリーン ベティ・コムデン
撮影:ハロルド・ロッソン
作詞:アーサー・フリード
作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン
音楽:レニー・ヘイトン
出演:ジーン・ケリー/デビー・レイノルズ/ドナルド・オコナー 他
公開:1952年アメリカ公開、1953年日本公開

あらすじ
ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコスモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)の2人はヴォードヴィルの人気者、切っても切れぬ仲の良い友達同志だった。1920年代、2人はハリウッドにやって来て、インペリアル撮影所で仕事をみつけた。そのうちドンは西部劇でスタント・マンになり、俳優として契約され、調子よくサイレント映画のスターになることが出来た。彼の相手役リナ(ジーン・ヘイゲン)は、美人だが少々ぬけた女、そのくせお高くとまっていて、ドンは好きになれなかったのだが、彼女は自分からドンの恋人だと決めてかかっていた。だからドンが若くて歌も踊りもうまいケーシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になったとき、リナはナイトクラブに職をもっていたケーシーをクビにさせてしまった。ドンの悲しみをよそにケーシーは町を去り姿を消してしまった。そのころ最初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が世に出て大当たりをとった。インペリアル撮影所のボス、R・F・シンプソンもドンとリナの新しい主演映画「決闘の騎士」をトーキーで作ることにきめた。その撮影中、ケーシーはやはり同じ撮影所で製作中のミュージカルに端役で出演していた。再会したドンとケーシーはたちまち仲なおりした。「決闘の騎士」の記者会見は大へん不評だった。リナの声が魅力なく鼻にかかったものだったので。コスモの発案でリナの声をケーシーの声にダビングして吹きかえた。映画は「踊る騎士」と改題され素晴らしい好評を博した。リナは何とか名声を維持しようと、シンプソンにケーシーを自分の影の声としてこれからも使うように頼みこんだ。ドンはコスモやシンプソンと力をあわせ、リナの声が偽りものであることを一般にあばいた。リナは失脚し、かわってケーシーが新しいスターとして迎えられた。ドンとケーシーが結ばれたことはもちろんである。 【キネマ旬報データベースより】

 
注1)<シネオケ®とは>
“大スクリーンでの映画上映 X オーケストラ生演奏による音楽” でお届けする新たなスタイルのコンサートがシネオケ。映画のセリフや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をオーケストラが演奏。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてきます。
*「シネオケ®」は、株式会社キョードー東京の商標登録です。

<今後の「シネオケ®」スケジュール>

ディズニー・ファンタジア・コンサート
2022年1月5日(水) 12:00開演/17:00開演 東京国際フォーラム・ホールA
2022年1月7日(金) 18:00開演 大阪国際会議場メインホール

『インディ・ジョーンズ』 in コンサート レイダース/失われたアーク《聖櫃》
2022年1月8日(土) 17:30開演 東京国際フォーラム・ホールA

『ジュラシック・パーク』 in コンサート
2022年3月6日(日) 17:00開演 フェスティバルホール
2022年3月20日(日) 17:00開演 東京国際フォーラム・ホールA

ラブ・アクチュアリー シネマ・コンサート
2021年12月25日(土) 14:00開演 パシフィコ横浜・国立大ホール

砂の器 シネマ・コンサート
2022年1月9日(日) 15:00開演 東京国際フォーラム・ホールA
2022年2月6日(日) 16:00開演 市原市市民会館
2022年2月28日(月) 15:30開演 フェニーチェ堺

銀河鉄道999 シネマ・コンサート -再演-
2022年1月9日(日) 17:00開演 フェスティバルホール

ニュー・シネマ・パラダイス シネマ・コンサート
2022年1月10日(月祝)  14:00開演 東京国際フォーラム・ホールA
2022年1月16日(日) 15:00開演 フェニーチェ堺 大ホール

〜大野雄二 80歳記念オフィシャル・プロジェクト〜 映画『ルパン三世 カリオストロの城』シネマ・コンサート! And 大野雄二・ベスト・ヒット・ライブ!
2022年1月27日(木)  18:30開演 東京国際フォーラム・ホールA
2022年1月28日(金)  18:30開演 東京国際フォーラム・ホールA

鉄道員(ぽっぽや) シネマ・コンサート
2022年2月12日(土)  17:00開演 Bunkamuraオーチャードホール



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. 映画公開70周年記念!『雨に唄えば』シネマオーケストラコンサートが2022年3月、東京で開催決定!