資生堂ウーノ 眉毛の角度で印象はどう変化したか調査結果を公開 「メイクによる就活生の印象変化に関する調査」

見せたい印象に自分をプロデュースする就活生が増加中!新就活対策“印象デザイン”

2020年の就活では、新型コロナウィルスの影響により、多くの企業でWEB面接が取り入れられました。これに伴い、”オンライン映え”など新たな言葉が誕生したり、面接用の必需品が変わったりなど、様々な変化が起きています。
 若者を大人へと導くメンズブランド「ウーノ」は、全国の20代~60代の会社員800名を対象に「メイクによる就活生の印象変化に関する調査」を実施しました。調査では、一般男性3名(会社員1名、学生2名)に対して、顔の印象に大きく影響するとされる眉に、アイブロウ(眉ずみ)による2パターンのメイクを行い、受ける印象がどのように変化するのかを調査しました。

 

調査概要
調査名:
「メイクによる就活生の印象変化に関する調査」
期間 : 2020年10月10日(土)~11日(日)
方法 : インターネットリサーチ
対象 : 全国20-60代男女 会社員800名
※右写真はそれぞれ標準眉の学生



調査に活用したメイクパターン
本調査は、以下の3パターンの写真を用いて調査を実施しました。



調査結果サマリー

Pattern1:約7割の会社員が、”洗練された印象を受けた”と回答

会社員800人に、「 Pattern1 の就活生に対して、”洗練された印象”を受けますか」という質問を行いました。その結果、約7割の会社員が、洗練された印象を受けると回答しました。

※以下、「どのような印象を受けたか?」への回答 ※一部抜粋
・眉がキリッとしているとやはり実直さや知性を感じます。そもそもの就職意欲も増して見えました。
・清潔感とエネルギーをより感じました。
・自信とやる気が現れているように見受けられました。


洗練された印象をデザインするコツ
ポイントは眉山を目尻の外側に描き、眉毛に角度をつける


中村 潤 (資生堂ヘアメイクアップアーティスト)

眉毛は、顔のパーツの中でも、最も視覚的に感情表現しやすい部位と言われています。眉が薄いところ、左右の眉を比べて対称でないところなど、ぱっと見て『バランスが悪い』と感じるところをアイブローで一部描き足すだけでも印象がぐっと変わります。
今回それに加え、Pattern1では眉尻を2mmほど眉頭の高さより上に描くことで、眉毛に角度をつけています。
「キリっとした印象」とよく使われますが、眉毛の角度を少しつけるだけで洗練された印象をデザインすることができます。


Pattern2:約6割の会社員が、”落ち着いた温厚な印象を受けた”と回答

会社員800人に、「 Pattern2 の就活生に対して、”落ち着いた温厚な印象”を受けますか」という質問を行いました。その結果、約6割の会社員が、落ち着いた温厚な印象を受けると回答しました。

※以下、「どのような印象を受けたか?」への回答 ※一部抜粋
・眉の形が丸みがかっていて、柔和なイメージを受けました。
・優しそうで、温厚な印象を受けました。


落ち着いた温厚な印象をデザインするコツ
ポイントは眉山を目尻より内側に描き、眉毛の角度を緩やかに


中村 潤 (資生堂ヘアメイクアップアーティスト)

Pattern2では、Pattern1に比べ、眉毛の角度を緩やかにしています。実際に描く際のポイントは、眉尻を1mmほど眉頭の高さより上に描くことで、眉毛の角度を緩やかにしています。
眉毛の角度を緩やかにすることで、優しい印象を与える効果があるので、落ち着いた温厚な印象をデザインすることができます。




Appendix

ベーシックな眉の書き方

STEP.1
付属のブラシで軽く眉の毛流れを整え、アイブロウペンシルの芯を1~2mm程度繰り出し、眉山から眉尻に向かって、1本1本軽いタッチで書き足します。


STEP.2
眉頭から眉山に向かって、足りない部分を同様に描きます。


STEP.3
描き終わったら眉の毛流れに沿ってブラシでぼかし、左右のバランスを見ながら太さや濃さを調整します。



自分の見せたい印象に自分をプロデュースする就活生が増加!
約60名の就活生がオンラインセミナーでメンズメイクを実践!


 今回実施した調査結果にもみられるように、自分自身の印象はメイクアップによって自分自身でデザインすることができます。就活生を取り巻く環境が変化する時代において、就活生が「自分がなりたい印象を自在にデザイン」することで自信をもって就活に臨んでほしい、という想いのもと、メンズメイクの方法をレクチャーするオンラインセミナーを、株式会社マイナビと協働で開催いたしました。


 セミナー当日は、マイナビ『学窓マガジン就活準備号』編集部副編集長 からコロナ禍において変化した就活トレンドや、身だしなみの重要性についてプレゼンテーションを行った他、資生堂からはウーノブランド誕生の背景や商品特徴、ブランドメッセージについてプレゼンテーションを行いました。
 また、プロのヘア&メイクアップアーティストの高橋 弘樹氏をお招きし、実演を交えながらメンズメイクのレクチャーを行いました。参加する学生には、事前にメンズメイクのサンプルを送付、実演を参考に自分自身でメイクを体験する時間も設けました。
 実際に参加した学生からは、「やり方がわからず挑戦できていなかったが、今回の講座がとても良い機会になった」や「メンズメイクについて全く知らなかったが、やってみると簡単に印象を変えることができた」など、メンズメイクに対して前向きな声が多くきかれました。


※セミナー参加者の様子|約60名の就活生がオンラインでメイクを実践。


メンズメイク体験者の声|セミナーアンケート結果から一部抜粋

・今まで自己流でメンズメイクをしていましたが、ポイントを教えてもらったので、より就活に活かすことのできるメンズメイクの方法を学ぶことができました。

・以前からメイクには興味がありましたが、やり方がわからず挑戦できていなかったので、今回の講座がとても良い機会になりました。

・特に眉毛でイメージが変わることにびっくりしました。挑戦していきたいと思います。

・今回試供いただいたものを使い、より清潔感を出したヘアメイクのさらなる上達とシーンに分けた使い分けができるように精進していきたいです。

・自分が見せたい印象に近づけるいいものなので、役立てて就活していきたいです。

・これから就活準備をしていくので、自己分析やIPSの勉強を通じて中身の自信をつけるとともに、メンズメイクをとおして外見にも自信を持てるようにしたいと思えました。

・日々の生活でも使える術だと思うため、どんどん活用していき自己表現につなげたいと思います。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 資生堂ウーノ 眉毛の角度で印象はどう変化したか調査結果を公開 「メイクによる就活生の印象変化に関する調査」