5月10日(金)イオンオレンジ初のハイパーマーケット業態 タンリン・サクラ店 グランドオープン

イオンオレンジ株式会社(本社所在地:ヤンゴン、代表取締役社長:熊谷美知雄、以下イオンオレンジ)は5月10日(金)、ミャンマー連邦共和国に同社初のハイパーマーケット業態となる「イオンオレンジ タンリン・サクラ店」をオープンします。
タンリン・サクラ店はミャンマー最大都市ヤンゴンの南東部にあり、ヤンゴン市街地からバゴー川を越えたタンリン郡区に位置します。幹線道路であるチャイッコウ・パゴダ道路沿いの交通の要所への出店となります。

同店の売場面積は約2,800㎡で、イオンオレンジが現在運営するスーパーマーケットの平均売場面積と比較し約3倍の大きさになります。また、イオンオレンジでは初めてのハイパーマーケット業態の店であり、衣料品、食品、住居余暇商品をフルラインで品揃えし、ワンストップショッピングをお楽しみいただけます。

イオンは、今後も地域の活性化や新しいサービスの創出にグループ一体となって取り組み、ミャンマーの小売業の近代化と地域のお客さまの平和で豊かなくらしに貢献してまいります。

【「イオンオレンジ タンリン・サクラ店」の主な特徴】
①品揃えの拡大
売場面積の拡大に伴い、既存店舗では取り扱いのない衣料品、住居余暇商品の品揃えを強化しています。全商品の約11%となる約1,100品目を新規調達しており、ミャンマーのお客さまのもっと便利で、もっと楽しいくらしづくりをお手伝いします。また、イオンの商品調達ルートを活用することで、近隣のタイ、マレーシア、中国からの輸入商品を大幅に強化し、イオンならではの商品をお手頃価格でご提供します。

②大型のデリカテッセンとイートインスペースの設置
約70㎡のオープンキッチン型デリカテッセンを配置し、チキン料理、ミャンマーカレーをはじめサラダ、デザートまでローカルの人気メニューをお楽しみいただけます。また、72席のイートインスペースでは購入した料理をその場でお召し上がりいただくとともに、地域のコミュニティスペースとしてご利用いただけます。今後、インストアベーカリーのテナントを予定しており、デリカとベーカリーを一体にしたコーナーを展開する計画です。 

③地域最大級の家電売場
地域最大級となる約200㎡の家電売場には、テレビをはじめ今後本格的な普及が期待される洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジを一堂に品揃えいたします。ご自宅へのお届けサービスに加え、家電等の購入を希望するお客さまがその場で小口ローンの申し込みができるよう、家電売場内にイオンマイクロファイナンスミャンマーのカウンターを設けます。これによりお客さまをお待たせすることなく、より便利に電気製品等の購入が可能となります。

【店舗概要】
店舗名称: AEON Orange Thanlyin SAKURA店
「イオンオレンジ タンリン・サクラ店」
所在地: No.681, 37/b Kyaik Khauk Pagoda Road, Thanlyin Township, Yangon,Myanmar
建物構造: 地上1階鉄骨造 ※別棟・専門店ゾーン有り
開店日: 2019年5月10日
営業時間: 9:00~21:00
休日: 年中無休(4月の水祭り期間を除く)
商業施設面積: 売場面積2,787㎡、建築延床面積4,459㎡
駐車場: (車)36台 (二輪車)44台
店長:  Mrs. Romi Ko Ko Thein
従業員数: 約70名

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 5月10日(金)イオンオレンジ初のハイパーマーケット業態 タンリン・サクラ店 グランドオープン