迷路にクイズにパズルなど、15の謎に挑戦だ!『なぞときダヤン』発売

池田あきこの『わちふぃーるど』の世界を『あらしのよるに』の木村裕一が執筆したコラボ作品です。 

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、小学校低学年を対象とした謎解き&読み物『なぞときダヤン』を、2018年10月5日(金)に発売いたします。

ダヤン生誕35周年アニバーサリー企画として発刊される『なぞときダヤン』は、『あらしのよるに』の木村裕一 原作・文による初のダヤン児童書です。絵はもちろん、ダヤンの生みの親・池田あきこが描きます。

▲表紙から迷路!? 実は帯で迷路が隠れている!!▲表紙から迷路!? 実は帯で迷路が隠れている!!

▲ダヤンの身体に入っている模様が迷路になっている!▲ダヤンの身体に入っている模様が迷路になっている!

◆猫好き作家二人の最強タッグで生まれた物語!
ダヤンとジタンのねこねこコンビが、誘拐されたジタンの妹バニラを救うため、迷路やパズル等15の謎解きに挑戦していくストーリー仕立ての児童書です。

▲ダヤンとジタンのなにげない一日から事件は始まる。フキダシ会話も多く低学年でも読みやすい▲ダヤンとジタンのなにげない一日から事件は始まる。フキダシ会話も多く低学年でも読みやすい

 

▲パズル、迷路、クイズ全15問を解きながら物語が進む▲パズル、迷路、クイズ全15問を解きながら物語が進む

▲猫らしさ全開! 猫しぐさ満載! ダヤンファンには魅力的なページがたくさん!▲猫らしさ全開! 猫しぐさ満載! ダヤンファンには魅力的なページがたくさん!

作中の、ダヤンとジタンのタコ踊りは必見! カバーの裏にも+1問の謎解きがついているプチサプライズ&サービス♪ 朝読にも最適です!

猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展が、松屋銀座8階イベントスクエアにて10月17日(水)~10月24日(水)の期間で開催されます。開催期間中の10月19日(金)18時より、著者2名によるダブルサイン会も開催されます。

[商品概要]
『なぞときダヤン』
作:きむら ゆういち 絵:いけだ あきこ
定価:本体1,200円+税
発売日:2018年10月5日(金)
判型:A5判/80ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-204853-1
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4052048539/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1106921061
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15630289/
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1020485300
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 迷路にクイズにパズルなど、15の謎に挑戦だ!『なぞときダヤン』発売