クリーンルーム技術の市場規模、2028年に83億5,697万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クリーンルーム技術の世界市場予測(2028年まで): COVID-19の影響と市場分析(タイプ・建設タイプ・エンドユーザー・地域別)」(The Insight Partners)の販売を11月29日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip1032988-cleanroom-technology-market-forecast-covid-impact.html


クリーンルーム技術の市場規模は、2021年の52億3,363万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2028年には83億5,697万米ドルに達すると予測されています。クリーンルームとは、空気中に浮遊する微生物や粒子、塵、エアロゾルなど、周囲を汚染する物質が少ない管理された環境のことです。産業界では、製品の製造過程で大気汚染物質や小さな粒子によって引き起こされる悪影響を避けるために、クリーンルーム技術を使用しています。クリーンルーム技術市場は、タイプ別、構造別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に大別されます。

バイオ医薬品業界での採用増加とクリーンルームの技術的進歩が市場の成長を牽引

政府や民間団体は、ニッチなヘルスケア製品の研究を支援するために資金を投入しています。さらに、医療費の増加もクリーンルーム技術市場の成長を後押しする要因となっています。国民健康保険サービス(NHS)の報告書によると、イングランドにおける健康研究、医療サービス、中央およびその他の健康サービスに対する一人当たりの健康支出は、2012年の約2,500米ドルから2016年には2,800米ドルに増加しました。さらに、この国の研究の継続的な発展は、今後の市場成長を促進すると思われます。

また、イタリアの医薬品産業は過去7年間で劇的に成長しています。2010年から2017年までの医薬品の輸出は、年間26%の割合で成長しています。同国の産業の発展は、サプライチェーンの革新に向けた投資が大きく貢献しています。医薬品セクターは2019年に340億ユーロを超え、その後も順調に増加しています。

医薬品や生物製剤の開発・製造プロセスでは、製品の承認を得るために国内外の基準に準拠する必要があります。世界中で治療薬やワクチンの需要が高まっていることから、バイオ医薬品企業や製薬企業は生産能力の増強に力を注いでいます。生産施設で使用されるクリーンルームの需要は、汚染、規制上の課題、運用効率に関する懸念の高まりとともに、大幅に増加し続けています。新興バイオ医薬品の一つである抗体薬物複合体の製造には、世界の規制基準に厳密に準拠するためのカスタムメイドのインフラが必要です。例えば、2019年、WHP Engineeringは、抗体薬物複合体の製造会社であるADC Bio社のウェールズの製造工場に新しいクリーンルーム施設を完成させました。同社のGMP(Good Manufacturing Practice)施設は、ADCのブロックバスター抗がん剤の次世代製品を供給しています。さらに、細胞療法と遺伝子療法は、バイオ治療薬業界で急速に拡大している分野のひとつです。2020年12月、WHP社はOxford Biomedica社の新しいウイルスベクター製造センターを完成させました。この新しいGMP施設は、ワクチンや遺伝子治療製品の製造に適しており、COVID-19ワクチンの大規模製造にも使用されます。設計には、クリーンルーム建築、暖房・換気・空調(HVAC)、プロセスおよび重要なユーティリティーシステムなどが含まれます。また、医薬品の研究開発・製造受託機関(CDMO)への投資が急増していることも、クリーンルーム技術市場の成長を支えています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1032988-cleanroom-technology-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. クリーンルーム技術の市場規模、2028年に83億5,697万米ドル到達予測