コンゴ民主共和国:度重なる暴力行為で避難民増加~ イトゥリ州で子ども14人が死亡【プレスリリース】

【2021年11月25日 ゴマ(コンゴ民主共和国) 発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、コンゴ民主共和国北東部のイトゥリ州で発生した国内避難民に対する暴力事件において、民兵に殺された人々の中に、少なくとも14人の子どもたち(そのうち5人が女の子)が含まれていることを報告しました。

日曜日(21日)の夜、ドロドロ(Drodro)村が武装グループによるものとされる攻撃を受け、56人の子どもたち(そのうち32人が女の子)が両親や養育者と離ればなれになりました。おとなを含め、少なくとも26人が殺されました。今回の暴力行為は、この地域の民間人に対する一連の攻撃の中で最も新しく、先日は近くのドジュグ地区が同様の被害を受けています。

負傷したり、誘拐されたり、家族と離ればなれになったりする子どもの数は、この地域の治安やアクセスが改善されない限り、増え続けるだろうと予想されています。

2万7,000人の子どもを含む推定5万人がすでに避難していますが、最近の暴力行為によって、避難民キャンプからロー(Roe)町へのさらなる避難を余儀なくされています。水や食料、避難所へのアクセス不足への懸念が高まっています。

ユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表のエドゥアルド・ベイグベデルは「日曜日に発生した暴力行為は、コンゴ民主共和国東部に住む子どもたちとその家族にとって、ただただ恐怖でしかありません。私たちの最優先事項は、この許しがたい暴力によって被害を受けた子どもたちが、支援や基本的なサービスをすぐに受けられるようにすることです。また、被害を受けたコミュニティに対しても、長期的な支援を行う必要があります」と述べました。

コンゴ民主共和国東部では、推定300万人以上の子どもたちが避難を余儀なくされており、多くの子どもたちが死傷したり、混乱の中で家族と離ればなれになったりしています。

ユニセフは緊急対応プログラムを通じて、人道支援パートナーと緊密に協力しながら、避難している家族に防水シートや衛生キットなど数千個の生活必需品を配布しています。

また、新たな避難民は、レイプや誘拐、殺害など深刻な人権侵害に晒されている子どもや女性が大半を占めており、彼らを支援するための資金を早急に求めています。

* * *

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。 https://www.unicef.or.jp/
※ ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます
※ ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 https://www.unicef.or.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本ユニセフ協会 >
  3. コンゴ民主共和国:度重なる暴力行為で避難民増加~ イトゥリ州で子ども14人が死亡【プレスリリース】