TOKYO FM×埼玉県飯能市/TOKYO FM特別番組『水と緑のふるさと 飯能市からの贈り物』 / 大久保市長「昔から変わらない飯能市の魅力は、緑の香りがする空気」

2019年12月1日(日)18:00~18:55放送

TOKYO FMでは、12月1日(日)18:00~18:55に特別番組『水と緑のふるさと 飯能市からの贈り物』をお届けします。パーソナリティをつとめるフリーアナウンサーの堀友理子が、大久保勝(おおくぼ・まさる)飯能市長と、飯能市出身で現在も飯能市に住む女優・佐藤康恵をゲストに迎え、飯能市の魅力や、暮らしやすさ、まちづくり、ふるさと納税への取り組みをたっぷりとお伝えします。どうぞお楽しみに!


◆大久保市長「都心から来た人が、緑の香りがするって言うんです」


TOKYO FM特別番組『水と緑のふるさと 飯能市からの贈り物』(12月1日18:00~18:55放送)では、埼玉県飯能市の魅力をお届けします。今年、飯能市にオープンした、“湖のほとりに広がる森、北欧のようなゆっくりと流れる時間の心地よさと、ムーミン一家とその仲間たちが繰り広げる物語を一緒に体験できる施設「メッツァ」、飯能の森が育んだ西川材、清流から銘酒を生み出している酒蔵「天覧山 五十嵐酒造」といった、飯能市ならではの場所を訪ねながらその魅力を紐解いていきます。ゲストには、大久保勝飯能市長と飯能市出身で現在も飯能市に住む女優・佐藤康恵を迎えます。番組内では、佐藤康恵が、飯能市での子育ての実体験や、おすすめのグルメを紹介。飯能生まれ・飯能育ちの大久保市長は、昔から変わらない魅力を問われ、「昔から変わらない飯能市の魅力は、緑の香りがする空気。都心から来た人が、電車を降りて、緑の香りがするって言ってくれるんです。」と紹介しています。さらに、飯能市の魅力や住みやすさ、まちづくりや、ふるさと納税について、ゲストのお2人にたっぷりとお話を伺います。
放送は12月1日(日)18:00から。どうぞお楽しみに。

【TOKYO FM×「地方創生」】
TOKYO FMは、日本国内最大の放送ネットワーク(JFN:JAPAN FM NETWORK)の基幹局として、従来より全国各地域の動向に関心を払い、時に各局と連携をとりながらその地域の歴史的、文化的波力を発信する特別番組の放送などを通して、地域と首都圏感の相互情報交流に努めてまいりました。さらに、2014年度より、日本政府が「地方創生」を重要政策と定め、各方面での様々な検討を開始するタイミングで、TOKYO FM「地方創生推進プロジェクト」を設立、同プロジェクトを通して、地方自治体および関連団体や地元企業、地域住民の方々へメディアとして最大限に協力し、「地方創生を支援するNo.1メディア」であることを目指し、実践しています。具体的には瀬戸内のブームアップ促進・拠点番組『NAGOMI Setouchi』や、平日ワイド番組『Skyrocket Company』内で、地方自治体とコラボレーションしながら、「地方での生き方」「移住」について考えていくコーナー「スカロケ移住推進部」を放送しています。

【番組概要】
◆タイトル: 特別番組 TOKYO FM『水と緑のふるさと 飯能市からの贈り物』
◆放送日時: 2019年12月1日(日) 18:00~18:55
◆出演: 堀友理子、佐藤康恵、大久保勝(飯能市長)
◆放送局: TOKYO FM
◆提供: 埼玉県飯能市
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TOKYO FM >
  3. TOKYO FM×埼玉県飯能市/TOKYO FM特別番組『水と緑のふるさと 飯能市からの贈り物』 / 大久保市長「昔から変わらない飯能市の魅力は、緑の香りがする空気」