新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第2項に基づく要請を行った施設について

~新型コロナウイルスに関する東京都からのお知らせ~

 都は、新型コロナウイルス感染症のまん延防止のため、令和3年4月23日に、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「法」という。)第32条第1項に基づき政府が発出した「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」を受け、同月25日から緊急事態宣言が解除されるまでの間、都における緊急事態措置として、飲食店等に対して、施設の使用制限(営業時間短縮)等についての要請を行ってきました。
 本日、要請に応じず、施設の使用を継続している91施設について、法第45条第2項に基づく施設の使用停止(ただし、酒類の提供(利用者による酒類の店内持込みを認めている場合を含む。)及びカラオケ設備の提供を取りやめる場合を除く。)及び使用制限(営業時間短縮)等の要請を行いましたので、お知らせします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. 新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第2項に基づく要請を行った施設について