LINE公式アカウントのオプション機能として、新たに「友だち追加広告」の提供を開始

LINE Ads Platformのアカウント開設不要で、1万円からの少額出稿が可能にLINE公式アカウントへの友だち追加を促すターゲティング広告を配信

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が提供する法人向けLINEアカウント「LINE公式アカウント」のオプション機能として新たに「友だち追加広告」の提供を開始しましたので、お知らせいたします。
2018年以降、LINEではSMB領域への注力を事業戦略のひとつに掲げております。2019年4月には、企業・店舗とユーザーのより相互的かつ長期的な関係性の構築を目指し、従来の「LINE公式アカウント」と「LINE@」を統合した新プラットフォームでの「LINE公式アカウント」の提供を開始しました。現在、「LINE公式アカウント」の認証済みアクティブアカウント数*1は20万アカウントを超え*2、様々な業種業態・規模・地域において企業・店舗とユーザーのコミュニケーションツールとして活用されております。

一方で、自社の「LINE公式アカウント」の認知をどう拡大するか、いかに「友だち」になってもらうかという点は、特に「LINEプロモーションスタンプ」などの大規模プロモーションの実施ハードルが高いSMB領域の企業にとっては課題となっておりました。そのような背景をうけ、LINEでは2018年2月より、運用型広告「LINE Ads Platform」を通じた広告出稿により、「LINE公式アカウント」への「友だち追加」を促進できる「LINE Ads Platform CPF(参照:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2062 )」を提供してまいりましたが、この度、さらに多くの、より様々な業種業態・規模・地域の企業・店舗での広告出稿を可能にするため、「LINE Ads Platform」のアカウント開設不要で、1万円からの少額出稿が可能な「友だち追加広告」を「LINE公式アカウント」のオプション機能として提供を開始*3いたしました。

 


LINE公式アカウント管理システム「LINE Official Account Manager」での「友だち追加広告」設定イメージ

 

「友だち追加広告」では、「LINE Ads Platform」のアカウント開設不要で、「LINE公式アカウント」の友だち追加を促す広告配信を行うことが可能です。「LINE公式アカウント」管理システム「LINE Official Account Manager」上から、予算、性別、地域、興味関心などの項目を設定することで、1万円からの少額出稿が可能です。また、あらかじめ広告を配信した場合に獲得できる友だちの数を管理画面上でシミュレーション表示することもできます。各企業・店舗の多様なニーズに合わせて少額で簡単にターゲティング広告を配信し、友だちを増やすことができます。

LINEでは、今後も様々なメニュー提供やプラットフォームの改善を継続的に実現することで、中小企業・店舗におけるビジネス課題の解決を支援いたします。

 
*1 2019年7月〜9月の期間中に、メッセージ配信またはユーザーへの返信を行なったアカウントの合計数
*2 2019年9月末時点
*3「友だち追加広告」は、未認証アカウントおよび弊社認定セールスパートナーが開設または管理しているアカウントは提供対象外となります。※認証済アカウントでも一部掲載できない業種がございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINE公式アカウントのオプション機能として、新たに「友だち追加広告」の提供を開始