ファミリーや3世代家族が楽しめる山岳リゾートへ。白馬の山岳を感じるコンセプトルーム誕生/白馬東急ホテル

2019年12月14日(土)販売開始

 

コンセプトルーム イメージコンセプトルーム イメージ

白馬東急ホテル(長野県北安曇郡白馬村 総支配人:吉野 良平)では、2019年12月14日(土)に2階の客室改装が終了し、ファミリーや3世代家族向けの会話が弾む山岳リゾートをイメージしたコンセプトルームを設置します。


改装のテーマは「白馬の山岳を感じられる空間」。白馬の山並みを描いた壁紙やウッドテーブル、フォールディングチェアを設置し、アウトドア気分を楽しめるコンセプトルームや、白馬の山並みや青空の色を基調とした客室など、白馬の滞在の印象をより深める内装にしております。

現在の白馬村は、冬季を中心に外国人旅行者が増加する一方、国内からのお客様が減少傾向にあります。今回の改装は国内のお子様連れの3世代利用をメインターゲットとし、ご家族で快適に過ごすことができる空間としています。昨年は第1期として4・5階の50部屋の改装を行い、第2期の今年は10月28日から12月13日の期間に2・3階の52部屋を、来年度には3・4・5階の家具更新をし、3期に渡る客室工事が完了となる見込みです。

また客室の改装に合わせてレストラン「シャモニー」およびラウンジ&バー「ロッジ」の改装も予定しております。

今後は、中庭の改修をはじめ森林浴を楽しめる散策路やハンモックなどを設置するとともに、お子様向けに冬に雪遊びができるスペースなど、自然のなかで遊べる場を設ける予定です。またピラティス・ヨガ・野外コンサートなど、大人の方にも楽しんで頂けるイベントも検討しています。白馬の魅力に触れながら、日常から離れた心豊かになる優美な時間を、3世代の方々がそれぞれの空間で、それぞれの時間を楽しんでいただけるよう今後も志向を凝らして参ります。

<概要>

  • 2階客室

カウチソファ・ウィンドベンチ等を設置した客室など、家族の会話が弾む山岳リゾートをイメージ。明るい木目柄と白馬の山々を用いたアクセントクロスやアートにより、自然を感じられる空間を演出しています。

■スタンダードルーム
壁には白馬の山並みを描いたアート配置。寄りかかれるヘッドボードとベッドはハリウッドツイン仕様。ゆったりと寛げるカウチソファやチェアを設置。

 

■スタジオベット タイプ
家族のコミュニケーションを促すウインドソファと、ゆったりと寛げるスタジオベッド(3名利用時にはベッドとして使用)を設置。

 

スタジオベットタイプ イメージスタジオベットタイプ イメージ

■コンセプトルーム
白馬の山並みを描いたアクセントクロス、鳥のオブジェやバードハウス型の照明と小物棚を設置。床は畳敷きで靴を脱いでゆったり出来るスペースとしています。アウトドアをイメージしたウッドテーブルやフォールディングチェアを用意して、山岳気分をお部屋のなかでも存分に感じて頂ける空間をつくりました。

コンセプトルーム イメージコンセプトルーム イメージ

 

  • 3階客室

1階ロビーで感じられる山小屋の雰囲気を大切にしながら、華やかな内装と現代的な機能性を兼ね備えた客室です。基調色は空と山々が織りなす青色。

3階客室 イメージ3階客室 イメージ

※アート、チェア、テーブル、家具の更新は4・5階と合わせて2020年度実施予定
※パースは来年度の家具を更新した客室のイメージ
 

  • 白馬東急ホテル 概要

所在地: 長野県北安曇郡白馬村大字北城4688
電話:0261-72-3001(代表)
施設:部屋数 102室、飲食施設 3ヶ所、宴会場 1ヶ所、
大浴場(温泉)、屋外テニスコート5面
WEBサイト:https://www.tokyuhotels.co.jp/hakuba-h/

外観外観

外観外観

ロビーロビー


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急ホテルズ >
  3. ファミリーや3世代家族が楽しめる山岳リゾートへ。白馬の山岳を感じるコンセプトルーム誕生/白馬東急ホテル