プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

海と日本プロジェクト広報事務局
会社概要

スポーツ振興が進む千葉県幕張からごみ拾い×ジョギングを推進!誰もが使えるプロギングステーションを設置!「海ごみゼロウィーク2023 PLOGGING MAKUHARI」開催

【参加者募集】オープニングイベント:9日(土)10時00分~@高円宮記念JFA夢フィールド 開催期間:2023年9月9日(土)~24日(日) 

海と日本プロジェクト広報事務局

一般社団法人海と日本プロジェクト in 千葉県は、秋の海ごみゼロウィークを含む2023年9月9日(土)から2023年9月24日(日)に、千葉県幕張にてプロギングイベント「海ごみゼロウィーク2023 PLOGGING MAKUHARI」(以下、本イベント)を開催いたします。本イベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。
公式サイト:https://www.ploggingchal.com/

  • プロギングを通じて、海洋問題への理解・関心を深めよう!

 「海ごみゼロウィークPLOGGING MAKUHARI」は、「プロギングステーション」を体験していただくために開催するプロギングイベントです。一般社団法人海と日本プロジェクト in 千葉県がLIGHTSHIP Inc. と連携し、近年サスティナブルな取り組みとして世界中で注目されている、アクティビティとアースクリーン(環境美化活動)を組み合わせた世界的なフィットネストレンド「プロギング」を通して、幅広い世代に海洋問題への理解・関心を深めてもらうべく企画されました。


 2023年9月9日(土)から2023年9月24日(日)の海ごみゼロウィーク期間中に、ごみ拾いのハードルを下げ継続できる仕組みづくりとして、プロギングツールの貸し出し・集めたごみの回収をする「プロギングステーション」を設置します。また、イベント初日となる9月9日(土)はフリーアナウンサーの浅野夏実さんをお招きし、オープニングイベントを開催します。


【開催概要】

イベント名称  :「海ごみゼロウィーク2023 PLOGGING MAKUHARI」

開催期間  :2023年9月9日(土)から9月24日(日)9時から17時30分※雨天中止

設置場所  :円宮記念JFA夢フィールド(フットサルアリーナ脇)

       (住所:千葉県千葉市美浜区美浜11)

URL:https://www.jfa.jp/nfc/


【主催】一般社団法人海と日本プロジェクト in 千葉県

【協⼒】LIGHTSHIP Inc.、千葉テレビ放送株式会社

【後援】千葉市


  • 【参加者募集!】9/9(土)オープニングイベント 開会式&プロギングチャレンジ

 開会式では浅野夏実さんがMCを務め、トークをしながら進⾏します。準備運動や注意事項を確認した後、距離によっていくつかのチームに分かれ、浅野さんも⼀緒に1時間ほどプロギングをします。⾛って拾って楽しいだけでなく、新しい出会いも魅⼒の一つです。


【開会式&プロギングチャレンジ】

日時

2023年9月9日(土)10時~12時30分 ※雨天屋内開催

会場

〒261-0022

千葉県千葉市美浜区美浜11

高円宮記念JFA夢フィールド(クラブハウス内)

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

・JR京葉線【海浜幕張駅】南口より 徒歩約15分

・JR総武線各停【幕張本郷駅】または京成線【京成幕張本郷駅】南口より

京成バス(01:ZOZOマリンスタジアム行)にて「幕張海浜公園入口」停留所より 

徒歩約7分


お車をご利用の場合

・東京方面:県道15号線直進「見浜園」交差点を右折

・千葉方面:県道15号線直進「見浜園」交差点を左折

駐車場

クラブハウス前にある駐車場は、JFA関係者駐車場となります。

Dブロック駐車場(1回600円)をご利用ください。

プログラム 

10:00 開会式

10:15~ 「プロギングとは?」説明

10:30~ 準備運動

10:50~ 注意事項の説明   

11:10~ プロギング開始

12:00~ ごみの分別と計量・記念撮影等

出演:浅野夏実

参加方法

オープニングイベントは下記URLより予約受付しております。

https://ssl.mypl.net/inquiry/entry?fid=4687&div=chuo-chiba

参加費  :無料


登壇者プロフィール

〈MC〉

浅野夏実 さん

1992生まれ。石川県出身。信州大学卒業後、2018年よりNHK岐阜放送局 キャスター・リポーター。2020年3月に退局後、チバテレビ「ちば朝ライブ モーニングこんぱす」木金担当メインキャスターを務める。趣味・特技はバスケットボール、Bリーグ観戦、マラソン、旅。ちばアクアラインマラソン2022 ハーフ完走。


  • 手ぶらで気軽!地域とつながりながらごみ拾いの課題を解決する「プロギングステーション」とは

 現在、ポイ捨てされたごみや人が意図せず流出したごみの回収は、自治体の取り組みだけでは追いつかず、ボランティアの力に頼っています。しかし、ボランティアが活動する上での課題はいくつもあり、新規参加者のハードルも高い現状があります。誰でも簡単に実施できると思われる「ごみ拾い」ですが、①公共のごみ箱減少による個人のごみ処理負担②ごみ拾いの道具の準備負担③ごみ拾いに関する情報不足や、ボランティア同士のコミュニケーション不足が大きな課題として挙げられます。

そこで、地域内外でいつでも気軽に取り組める仕組みとして、地域企業や自治体と連携し運営を行う「プロギングステーション」が考案されました。地域美化とともに地域経済の活性化を目指し、新しい価値体験を創造します。

本イベントでは、プロギングステーションと連携するアプリ「プロギングマップ」(以下、本コンテンツ)を活用し、参加者による千葉県幕張エリアのごみの調査データを取得します。本コンテンツは、コミュニケーションアプリLINEを使って、ごみのホットスポットを共有するアプリです。

PLOGGING MAP: https://www.ploggingsta.com/

※「LINE」はLINE株式会社の登録商標です。

※プロギングステーション®はLIGHTSHIP Inc.が考案するものです。


  • 世界150カ国以上で親しまれ、注目を集めるサステナビリティアクション「プロギング」

 プロギングは、スウェーデン生まれのアクティビティとアースクリーンを組み合わせたサステナビリティアクションムーブメント。ウォーキング、ジョギング、サイクリング、カヤック、サーフィンなどあらゆるアクティビティの場面で行うアースクリーンが対象となるため、普段のライフスタイルに気軽に取り入れられることも魅力の一つです。「plocka upp(拾う)」と英語の「jogging(走る)」を合わせた造語で、ストックホルム出身の複合アスリート"エリック・アルストロム氏"が2016年に発案しました。ソーシャルメディアにより急速に広がり、世界150カ国以上で親しまれています。


 海洋ごみの約8割は陸域で発生し、ごみが川や用水路などを通じて海に流出しているといわれています。一度海へ流出したごみの回収は多大な労力を要するため、陸域でごみを回収することが重要です。プロギングの普及は、海洋ごみ問題の解決と親和性が高く、人々の心身の健康にもつながります。


 本イベントは、SDGs17の目標の内【すべての人に健康と福祉を、住み続けられるまちづくりを、つくる責任つかう責任、気候変動に具体的な対策を、海の豊かさを守ろう、陸の豊かさも守ろう、パートナーシップで目標を達成しよう】を中心に達成へ貢献します。

  • 地域連携を目指した「海ごみゼロウィークPLOGGING MAKUHARI」への想い

PLOGGING MAKUHARIの開催地、幕張新都心は海辺の環境を活かしたスポーツレクリエーションが盛んな地域です。本イベントでは千葉県幕張エリアの魅⼒を伝え、海洋ごみ対策への意識向上を図り、プロギング⼈⼝の拡⼤による持続可能な健康社会、⾃然環境保護、まちづくりの実現を⽬指します。


  • 「海ごみゼロウィーク」とは?                                 

⽇本財団・環境省による海洋ごみ対策共同事業。9⽉9⽇(World Cleanup Day)から9⽉24⽇までの期間を“秋の海ごみゼロウィーク”として開催される、全国⼀⻫清掃キャンペーン。海に流出するごみの約8割は陸(街)由来とされ、⼀度海に流出したごみを回収することは困難です。本取組は、海洋ごみ問題の周知啓発とともに、海洋ごみの流出を少しでも防ぐことを⽬的に実施するものです。

https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2022/20220407-69466.html


<団体概要>

団体名称:一般社団法人海と日本プロジェクト in 千葉県

URL:https://chiba.uminohi.jp/

活動内容  :海洋ごみ問題の啓発活動、清掃活動の実施 

CHANGE FOR THE BLUE

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。

産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。

https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

https://uminohi.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
千葉県美浜区イベント会場
関連リンク
https://chiba.uminohi.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

海と日本プロジェクト広報事務局

104フォロワー

RSS
URL
https://uminohi.jp/
業種
財団法人・社団法人・宗教法人
本社所在地
東京都港区赤坂2-14-4  森崎ビル3階
電話番号
03-6441-2561
代表者名
渡邉友弘
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード