アフェクティブコンピューティング市場、2021年から2026年の間に約35%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アフェクティブコンピューティング市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月3日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037158-affective-computing-market-global-industry-trends.html


市場の概要
世界のアフェクティブコンピューティング市場は、2020年に278億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に約35%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

エモーションAIとも呼ばれるアフェクティブコンピューティングは、認知科学、心理学、コンピュータサイエンスを組み合わせたもので、人間の非言語的な感情信号を感知します。分析エンジン、ビッグデータ、機械知能、各種センサーを用いて、人間の感情を分析します。企業にとっては、ユーザーエクスペリエンスの向上や商品の販売を効率的に行うための支援となります。その結果、アフェクティブコンピューティングは、世界中の自律学習システムやeラーニングシステムに幅広く応用されています。

市場の動向
アフェクティブコンピューティングは、ユーザーの刺激を検知し、それに応じて反応することで、コンピューターと人間の間に相互作用を確立するのに役立ちます。この技術は、高解像度のデュアルカメラと、人間の感情を解釈する機械学習(ML)モデルとの間のリアルタイムで効果的なコミュニケーションを確保するために、高速ブロードバンド接続に依存しています。このように、アフェクティブコンピューティングには多くの利点があるため、世界中の様々な産業分野での応用にプラスの影響を与える重要な要因の一つとなっています。さらに、ユーザーの要求に応じて室温、音楽、照明を変更するなどのパーソナライゼーションにも利用でき、市場の成長に貢献しています。さらに、物流、駐車支援ソフト、自律走行車、手術ロボットなどへのAIの導入が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。さらに、ロボットの導入が進み、ウェアラブルデバイスの利用が増加していることや、市場関係者間の協力関係が強まっていることも、アフェクティブコンピューティングの世界的な需要を促進する要因になると予想されます。

主要な市場区分
世界のアフェクティブコンピューティング市場は、テクノロジー、コンポーネント、エンドユースに基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分
・タッチベース
・タッチレス

コンポーネント別の市場区分
ハードウェア
・センサー
・カメラ
・ストレージデバイスとプロセッサー
・その他
ソフトウェア
・分析ソフトウェア
・企業向けソフトウェア
・顔認識
・ジェスチャー認識
・音声認識

エンドユース別の市場区分
・自動車
・BFSI
・官公庁
・ヘルスケア
・IT・テレコム
・その他

市場の競合状況
世界のアフェクティブコンピューティング市場における主要な企業としては、Affectiva Inc.、Cipia Vision Ltd.、Cognitec Systems GmbH、Elliptic Laboratories A/S、Google LLC (Alphabet Inc.)、Intel Corporation、International Business Machines Corporation、Kairos AR Inc.、Microsoft Corporation、Nuance Communications Inc.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037158-affective-computing-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. アフェクティブコンピューティング市場、2021年から2026年の間に約35%のCAGRで成長見込み