脂肪族溶媒市場-製品別(ワニス、ペイント、その他);用途別(塗料およびコーティング、エアロゾル、ポリマー、その他)–グローバル需要分析と機会の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「脂肪族溶媒市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 17日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析と、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3328
 

 世界の脂肪族溶媒市場の成長は、塗料およびコーティング業界でのシンナーとしての脂肪族溶媒の広範な使用に起因する可能性があります。住宅建築の増加による塗料需要の高まり、自動車業界での高い使用率は、市場の成長を後押しすると推定されています。自動車産業向けのコーティングと塗料の総売上高は、2016年の約105億ドルから、2020年には120億ドルを超えました。

同様に、世界の都市部での人口増加による建設活動の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。脂肪族溶媒市場は、目や皮膚に刺激やかゆみを引き起こさないため、従来の石油化学薬品に比べてさまざまな利点があります。さらに、脂肪族溶媒市場は、スプレー中に圧力を発生させるためにエアロゾルと混合されます。これは、市場の成長を促進すると予測されています。

北米地域の市場は、この地域の自動車産業の驚異的な成長を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されています。米国では2020年に320万台以上の乗用車が販売されましたが、商用車の販売台数は1,400万台を超えました。さらに、この地域の高い個人可処分所得、DIYの増加傾向、その結果としての塗料やワニスの販売の増加は、市場の成長を後押しすると予測されています。

アジア太平洋地域の市場は、地域の産業数の増加、人口の増加、建設活動の増加などのさまざまな要因により、予測期間中に最も高い成長を遂げると予想されます。

化学産業は経済の主要な構成要素です。米国経済分析局によると、2020年の米国の場合、GDPに占める化学製品の付加価値の割合は約1.9%でした。さらに、世界銀行によると、米国の化学産業は、2018年の製造業の付加価値の16.43%を占めています。エンドユーザーからの需要の高まりに伴い、化学製品の市場は将来的に成長すると予想されます。UNEP(国連環境計画)によると、化学物質の売上高は2017年から2030年にかけてほぼ2倍になると予測されています。現在のシナリオでは、アジア太平洋地域が最大の化学物質の生産と消費の地域です。中国には世界最大の化学産業があり、年間売上高は約1.5兆米ドルを超え、近年では、世界の売上高の約3分の1以上を占めています。



調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/aliphatic-solvent-market/3328

 市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
  • 世界の脂肪族溶剤市場は、2022-2030年の予測期間中に約5%のCAGRで成長すると推定されています。
  • 脂肪族溶剤市場は、製品別(ワニス、ペイント、その他);用途別(塗料およびコーティング、エアロゾル、ポリマー、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • 脂肪族溶剤市場における業界のリーダーはExxonMobil Chemical, Inc.、Gulf Chemicals and Industrial Oils Co.、Royal Dutch Shell Plc.、SK Global Chemical Co., Ltd.、LyondellBasell Industries Holdings B.V、Calumet Specialty Products Partners, L.P.、DuPont de Nemours, Inc.、The Dow Chemical Company、PPG Industries, Inc.、Industries Gotham Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • 脂肪族溶剤市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

脂肪族溶媒市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  1. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  2. 北米(米国およびカナダ)
  3. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  4. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  5. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3328

Research Nester Private Limited会社概要
LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール  : info@researchnester.com

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/aliphatic-solvent-market/3328
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 脂肪族溶媒市場-製品別(ワニス、ペイント、その他);用途別(塗料およびコーティング、エアロゾル、ポリマー、その他)–グローバル需要分析と機会の見通し2030年