『ひつじのショーンフェア in六甲ガーデンテラス』を5月30日(土)に再開、6月28日(日)まで会期延長します!

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営する「六甲ガーデンテラス」では、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出を受け臨時休業しておりました『ひつじのショーンフェア in六甲ガーデンテラス』を5月30日(土)から、会期を6月28日(日)まで延長して再開いたします。

ひつじのショーンフェアin六甲ガーデンテラス メインビジュアルひつじのショーンフェアin六甲ガーデンテラス メインビジュアル

フェア期間中は、エリア内に「ひつじのショーン」のパネル什器や大型のぬいぐるみが登場する他、店舗の中には、実際のアニメの撮影で使われたジオラマの展示を行います。
「グラニットカフェ」ではフェア期間限定のコラボメニューを販売する他、エリア内の各物販店舗では、六甲ガーデンテラス限定のオリジナル商品も販売します。
また、オリジナルノベルティがもらえるスタンプラリーや、ショーンやその仲間達のキーホルダーを作れるワークショップなどもあり、お子様から大人まで幅広い世代にお楽しみいただけます。

≪『ひつじのショーンフェア in六甲ガーデンテラス』開催概要≫
【開催日】2020年4月1日(水)から6月28日(日)
※期間中無休(店舗により定休日あり。)
 新型コロナウイルス感染症の状況により、臨時休業、イベント内容を変更する場合があります。最新の情報はHPをご覧ください。
【開催場所】六甲ガーデンテラス
【料金】無料 ※一部有料施設あり
【時間】9:30~18:00(土日は~19:00)※店舗・天候により異なる

SHAUN THE SHEEP AND SHAUN'S IMAGE
ARE (TM) AARDMAN ANIMATIONS LTD. 2020

■「ひつじのショーンとは」
イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。ショーンと仲間たちが繰り広げるドタバタコメディである本作品は、母国イギリスを飛び出して、今や世界170ヶ国で愛されています。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー『ウォレスとグルミット、危機一髪!』(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が放送を開始しました。初登場した時、日本では“プルプル”と呼ばれるサブキャラクターでしたが、今では立派な主人公として25周年を迎えました。

 ※本リリースの画像をご使用の際には、必ず以下のコピーライトを表記下さい。
SHAUN THE SHEEP AND SHAUN'S IMAGE
ARE (TM) AARDMAN ANIMATIONS LTD. 2020


≪六甲ガーデンテラス営業概要≫
【営業時間】9:30~18:00(土日は~19:00)
※季節・曜日・天候・店舗により異なる
【所在地】〒657-0101神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
【休業日】無休※店舗毎に定休日あり


六甲山ポータルサイト http://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/f9b704830a7209417c118bb15a96aebc6b5b2279.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪神電気鉄道株式会社 >
  3. 『ひつじのショーンフェア in六甲ガーデンテラス』を5月30日(土)に再開、6月28日(日)まで会期延長します!