「アートが痛みを減らすっ展!?」|医学情報を含んだアートを身につけコミュニケーションを促すプロジェクト|蔦屋家電+にて実験展示

展示期間:2021年5月25日~6月23日|会場:蔦屋家電+(二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)

 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区 学長 杉山知之 以下DHGS)では、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]4要素の融合をコンセプトとして、デジタルコミュニケーションを駆使し、社会に新しい産業や文化を生み出すリーダーを輩出しています。

 本学では社会人院生の長縄拓哉氏(歯科医師/医学博士/画家)が推進する、医学情報を含んだアートを身につけコミュニケーションを促す研究プロジェクトを支援しています。
 この度、蔦屋家電+にて、「アートが痛みを減らすっ展!?」と題し、医療に対する無関心層へのアプローチ・行動変容を促す実証実験(以下、実験展示)を行う運びとなりました。
 


 本実験展示では、次世代型ショールーム「蔦屋家電+」において、長縄氏の絵画作品を展示するとともに、医学情報(課題)の解説を行います。作品のコンテクストに共感した来場者が物販の購入などによりアートを身につけることを通して、病気についてのコミュニケーションの増加および理解や行動の変容を調査する検証を行います。

 痛みの研究の専門家である長縄氏が制作する「医学情報を含み、痛みを軽減させる要素を持つ美術作品」と、蔦屋家電+が提供する先進的プロダクト展示の技術協力により、現代美術が行う「問題提起」に留まらない「社会課題の解決(実装)」に取り組む新しいアプローチです。アートが好きな方、日常的に医学や健康について話さない方、患者さん、ご家族、医療者、行政、会社員の方など、あらゆる立場の方に足を運んでいただければ幸いです。
 
  • 長縄拓哉(ながなわ たくや)氏 プロフィール


    歯科医師/医学博士/画家(現代美術作家)
    口腔顔面痛学会評議員、同診療ガイドライン委員
    非歯原性歯痛の診療ガイドライン作成委員
    慢性疼痛診療ガイドライン作成委員
    デジタルハリウッド大学大学院16期生

    1982年生まれ。
    専門は口腔顔面の難治生疼痛(Orofacial Pain)。

    2012年からデンマーク・オーフス大学に留学。「周辺環境(視覚、嗅覚、聴覚刺激など)によって変化する人の痛みや感覚」を研究しており、視覚的違和感(錯覚)が痛みを軽減させることを報告している。Somatosens Mot Res. 2014 Dec;31(4):191-7.

    新しい口腔用感覚検査器を開発し、世界最大の歯科医学会(IADR)でニューロサイエンスアワードを受賞(2015年Boston)。

    人の痛みや感覚を変化させる作品に加え、コンテクストに痛みを取り巻く社会課題を孕ませることで、医療に無関心な層へのアプローチを目指している。DHU JOURNAL Vol.07 2020, 101-102.


■「アートが痛みを減らすっ展!?」とは
 
  • 開催期間:2021年5月25日~6月23日
  • 会場:蔦屋家電+(二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)

デジタルハリウッド大学大学院の院生である長縄拓哉氏(歯科医師/医学博士/画家)が推進する、医学情報を含んだアートを身につけコミュニケーションを促す研究プロジェクトにおける実験展示。医療に対する無関心層へのアプローチ・行動変容を促す検証を行う。

痛みの研究の専門家である長縄氏が制作する「医学情報を含み、痛みを軽減させる要素を持つ美術作品」を蔦屋家電+のショールームに展示。作品から派生・展開されたアイテムの販売を行い、医学情報とともに持ち歩き、身に着け、コミュニケーションが生まれることを図る。購入者には展示から一ヶ月後を目安にインタビューへの協力を依頼し、コミュニケーションが生まれたか、自分や周囲に何か変化があったか、等の行動変容についてデータ収集を行う。また、蔦屋家電+の展示技術によって集めた来場者データ(個人情報を除く)を集計し、検証を行う。


■蔦屋家電+について


世界中のユニークなプロダクトに実際に触れることができ、創り手とのコミュニケーションによって製品開発に参加することができる、次世代型ショールームです。

最新テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、優れた技術を生かして開発された日用品、食品などのほか、発売前の最新プロダクトにも直に触れ、感じることができます。
 
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット 二子玉川 蔦屋家電 1階
  • ※最新の営業時間はホームページをご確認ください。
  • https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/


■デジタルハリウッド大学大学院について


日本初の株式会社立の専門職大学院として 2004 年に開学。
超高度情報化社会においてデジタルコミュニケーションを駆使し、社会に変革を起こすリーダーを輩出すべく、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]の4要素をバランス良く身につけ融合し、理論と実務を架橋する人材育成を行う。新規事業プランニングとプロトタイピングなど、院生のアイデアの実装およびスタートアップ支援により、「令和元年度大学発ベンチャー調査」(経済産業省)では全国大学中 11 位、私立大学中 3 位。

本大学院では、本学在籍の院生・修了生の起業・事業支援に注力しております。デジタルコミュニケーション領域での産学協同研究にご興味をお持ちの方、本学への入学を検討されている方、また企業の皆様は下記よりお気軽にお問合せください。
   
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルハリウッド株式会社 >
  3. 「アートが痛みを減らすっ展!?」|医学情報を含んだアートを身につけコミュニケーションを促すプロジェクト|蔦屋家電+にて実験展示