アンチドローン市場、2021年から2026年の間に約28%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アンチドローンの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月3日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037296-anti-drone-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
世界のアンチドローン市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約28%のCAGRで成長すると予想されています。

アンチドローンは、無人航空機(UAV)の検出、識別、追跡、迎撃に使用される監視レーダーシステムです。このシステムは、電子走査型アレイ(ESA)、スターリングレーダー、マイクロドップラーなどの高度な技術で構成されています。通常、保護ゾーンの範囲や大きさ、同時に追跡するターゲットの数、環境クラッタへの対応など、個々の要求に基づいて設計されています。空港、重要インフラ、軍事施設や戦場跡、スタジアムなど、大規模な公共空間などのエリアを守るために広く展開されています。

市場動向
世界的にドローンの売上が大きく伸びたことで、秘密の対象物を違法に撮影したり、プライバシーを侵害したりするリスクが高まっています。これは、社会や重要なインフラに対する潜在的な脅威であり、リスクを効果的に中和するためのアンチドローンソリューションの需要を喚起する重要な要因の一つとなっています。アンチドローンシステムは、三次元(3D)の空域追跡を行い、高度な信号処理技術を用いて敵対的なドローンを正確に検出・識別します。これらの敵対的なドローンは、銃や爆発物を装備し、密輸や機密資産の情報収集に使用される可能性があります。そのため、多くの国の政府機関は、スポーツ会場、国境、刑務所、空港、軍事施設、公共・政府機関の建物のセキュリティを強化するために、アンチドローンシステムを利用するようになっています。これとは別に、いくつかの企業が軍事的用途のために新しいアンチドローンシステムを開発しています。例えば、融合アルゴリズムを備えたマルチセンサーシステム、ミサイル、ネット、高出力レーザーを使用したウェイトラインなどを発売し、標的となるドローンに対する完全な統合ソリューションを提供しています。セキュリティ上の脅威に対する懸念が高まっていることから、住宅地、商業施設、産業スペースなどで、アンチドローンシステムの需要が拡大すると予想されています。

主要な市場区分
世界のアンチドローン市場は、緩和タイプ、防御タイプ、最終用途に基づいて分類されています。

緩和タイプ別の市場区分
・破壊的システム
・非破壊的システム

防御タイプ別の市場区分
・ドローン検知・破壊システム
・ドローン検知システム

最終用途別の市場区分
・軍事・防衛
・商業
・政府機関
・その他

市場の競合状況
世界のアンチドローン市場における主要な企業としては、Blighter Surveillance Systems Ltd、Dedrone GmbH、DeTect Inc、Drone Major Limited、DroneShield Ltd、Israel Aerospace Industries Ltd、Liteye Systems Inc、Lockheed Martin Corporation、Saab AB、SRC Inc、Thales Group、Raytheon Technologies Corporationなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037296-anti-drone-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. アンチドローン市場、2021年から2026年の間に約28%のCAGRで成長見込み