2022年年間チャート発表!総合ソング・チャート1位は、Aimer「残響散歌」

総合アルバム・チャート1位は、Snow Man『Snow Labo. S2』 そしてアーティスト・チャートは、Adoが受賞<各コメントあり>

Penske Media Corporation(本社所在地:ニューヨーク)のグループである「米国ビルボード」及び「ビルボードジャパン」(日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する株式会社阪神コンテンツリンク)は、2022年の年間チャートの受賞楽曲・アーティストを発表いたします。(集計期間:2021年11月29日~2022年11月27日)
総合ソング・チャート【Billboard JAPAN HOT 100】は、Aimer「残響散歌」が総合首位を獲得しました。TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編のオープニングテーマである「残響散歌」は年間で累計472,826ダウンロードを売り上げてダウンロード指標で1位、272,655,388回再生を記録してストリーミング5位を記録し、上半期に続いてトップに立ちました。2位は3.28億回再生でストリーミング1位のTani Yuuki「W/X/Y」、そして3位はストリーミング3.14億回再生を記録した優里「ベテルギウス」がチャートインしています。

総合アルバム・チャート【Billboard JAPAN HOT Albums】は、Snow Manの2ndアルバム『Snow Labo. S2』が首位を獲得。年間累計売上984,357枚でCDセールス1位、CD読み取り回数のルックアップで3位をマークしました。2位になにわ男子『1st Love』、3位にAdo『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』が続きます。

総合ソングと総合アルバムのポイントを合算したアーティスト・チャート【Billboard JAPAN Artist 100】ではAdoが首位に。映画『ONE PIECE FILM RED』より、「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」(総合7位)、「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」(24位)、「踊」(25位)、「逆光 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」(37位)など、計10曲が総合トップ100内に入っています。2位は計6曲が【HOT 100】にチャートインしたYOASOBI、3位には、今年10月配信の「Subtitle」(ドラマ『silent』主題歌)が早くも総合ソング年間27位に入ったOfficial髭男dismが続きます。

大型タイアップによる相乗効果でロングヒットした楽曲や、マカロニえんぴつやSaucy Dog、Tani YuukiといったTikTokから人気に火が付いた楽曲、そしてBE:FIRST、Kep1er、INIのようなオーディション番組出身グループも今年のチャートを賑わせました。また、チャート上位楽曲がカラオケ指標でも高順位をマークしていることから、流行り始めた楽曲を共有・拡散する場としてカラオケが大きな役割を果たしていることも示す興味深いチャート結果となりました。 

各チャートの順位およびAimerSnow ManAdoからの受賞コメントは、次ページ以降をご覧ください。

Aimer
2022年年間総合ソング1位獲得記念コメント

――今年の上半期首位を獲得した「残響散歌」ですが、それ以降も多くの音楽リスナーに長く愛され続け、2022年の年間チャートでもトップに輝く結果となりました。率直な感想をお聞かせください。

デビュー以来ずっと一緒に歩んできたチームで作ったこの楽曲を、当時想像していた以上にたくさんの方に聴いていただけたこと、本当に嬉しく、胸が熱くなります。とても光栄です。

――Aimerさんにとって2022年はどんな1年間になりましたか?

繰り返し飽きずに色んなジェットコースターに乗り続けていたような、刺激的な1年間でした。

★Aimer 2022年年間首位記念インタビュー全文(12月9日(金)AM4時 公開)
https://www.billboard-japan.com/special/detail/3770

Snow Man
2022年年間総合アルバム1位獲得記念コメント

この度、僕達の2ndアルバム『Snow Labo. S2』が総合アルバム・チャート“HOT Albums”において2022年年間総合首位を受賞させていただけたこと、ありがとうございます。

沢山の皆様のお陰です。

このアルバムのタイトルにもある“Labo.”は、実験という意味のほか挑戦という意味も込めさせてもらっており、今回はメンバーがそれぞれ楽曲を担当させていただいたり、制作過程から様々な挑戦をさせていただいたアルバムでもありましたのでとても嬉しく思います。

ファンの皆様いつもありがとうございます。

これからも、聴いてくださる方、見てくださる方、応援してくださる方々の心を打つパフォーマンスをお届けするべく日々スキルを磨き、精進して参りたいと思います。

Snow Man・岩本照

Ado
2022年年間アーティスト1位獲得記念コメント

――ソング・チャートとアルバム・チャートを合算したアーティスト・チャート“Artist 100”にて、2022年の年間首位を獲得されました。まずは率直な感想をお聞かせください。

こうしてたくさんの方々に楽曲を聴いてもらえてとてもうれしく思います。特に最近は『ONE PIECE FILM RED』の曲を歌わせていただいたので、私もけっこうランキングを確認していたのですが、ふと見てみたら上からAdo、Ado、Adoみたいになっていて「えええ」とすごく驚きました。

――2022年はどんな1年でしたか?

8月にさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをさせていただいたのですが、それは私の人生の中で一番大きな夢だったので本当に嬉しかったです。4月にZepp DiverCityで初めてワンマンを開催して、その次がさいたまスーパーアリーナだったので、自分でも信じられないぐらいのスピードで目指していたところにたどり着けたのは驚きでもありました。

★Ado 2022年年間首位記念インタビュー全文(12月9日(金)AM4時 公開)
https://www.billboard-japan.com/special/detail/3771

Billboard JAPAN HOT 100 2022年年間チャート結果
<総合ソング・チャート>
全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、ルックアップ数、ツイート数、ストリーミング数、YouTubeおよびGYAO!の動画再生回数、カラオケ歌唱回数を元にした独自ポイントを合算した、米国でもBillboard音楽チャートの中心となるチャート
1位楽曲:「残響散歌」アーティスト:Aimer
順位:曲名:アーティスト名
1:残響散歌:Aimer
2:W/X/Y:Tani Yuuki
3:ベテルギウス:優里
4:ミックスナッツ:Official髭男dism
5:ドライフラワー:優里
6:シンデレラボーイ:Saucy Dog
7:新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED):Ado
8:なんでもないよ、:マカロニえんぴつ
9:水平線:back number
10:一途:King Gnu

Billboard JAPAN HOT Albums 2022年年間チャート結果
<総合アルバム・チャート>
全国推定売上枚数、ダウンロード数、ルックアップ数の3つのデータを合算した国内唯一の総合アルバム・チャート
1位タイトル:『Snow Labo. S2』 アーティスト:Snow Man
順位:タイトル名:アーティスト名
1:Snow Labo . S2:Snow Man
2:1st Love:なにわ男子
3:ウタの歌 ONE PIECE FILM RED:Ado
4:DREAM:SEVENTEEN
5:CITY:SixTONES
6:Proof:BTS
7:Made in:King & Prince
8:Face the Sun:SEVENTEEN
9:狂言:Ado
10:ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~:松任谷由実

Billboard JAPAN Artist 100 2022年年間チャート結果
<アーティスト・チャート>
<総合ソング・チャート>と<総合アルバム・チャート>のポイントを合算したアーティスト・ランキング
1位アーティスト:Ado
順位:アーティスト名
1:Ado
2:YOASOBI
3:Official髭男dism
4:優里
5:BTS
6:King Gnu
7:Vaundy
8:back number
9:あいみょん
10:Saucy Dog

Billboard JAPAN HOT Animation 2022年年間チャート結果
<総合アニメソング・チャート>
Billboard JAPAN HOT 100からTVアニメ/映画のタイアップ楽曲と、アニメ声優による楽曲を抽出したアニメソング・チャート
1位 楽曲:「残響散歌」アーティスト:Aimer
順位:曲名:アーティスト名
1:残響散歌:Aimer
2:ミックスナッツ:Official髭男 dism
3:新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED):Ado
4:一途:King Gnu
5:逆夢:King Gnu
6:Cry Baby:Official髭男 dism
7:怪物:YOASOBI
8:私は最強(ウタ from ONE PIECE FILM RED):Ado
9:KICK BACK:米津玄師
10:逆光(ウタ from ONE PIECE FILM RED):Ado

Billboard JAPAN Download Songs 2022年年間チャート結果
<ダウンロード・ソング・チャート>
ダウンロード数を集計した楽曲チャート

1位楽曲:「残響散歌」アーティスト:Aimer
順位:曲名:アーティスト名
1:残響散歌:Aimer
2:ミックスナッツ:Official髭男 dism
3:新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED): Ado
4:一途:King Gnu
5:逆夢:King Gnu
6:KICK BACK:米津玄師
7:M八七:米津玄師
8:カメレオン:King Gnu
9:祝福:YOASOBI
10:Subtitle:Official髭男 dism

Billboard JAPAN Download Albums 2022年年間チャート結果
<ダウンロード・アルバム・チャート>
ダウンロード数を集計したアルバム・チャート
1位タイトル:『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』 アーティスト:Ado
順位:タイトル名:アーティスト名
1:ウタの歌 ONE PIECE FILM RED:Ado
2:THE BOOK 2:YOASOBI
3:狂言:Ado
4:BADモード:宇多田ヒカル
5:壱:優里
6:LOVE ALL SERVE ALL:藤井 風
7:Proof:BTS
8:THE BOOK:YOASOBI
9:RAP:ZORN
10:ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~:松任谷由実

Billboard JAPAN Streaming Songs 2022年年間チャート結果
<ストリーミング・ソング・チャート>
ストリーミング数を集計した楽曲チャート
1位楽曲:「W/X/Y」アーティスト:Tani Yuuki
順位:曲名:アーティスト名
1:W/X/Y:Tani Yuuki
2:ベテルギウス:優里
3:シンデレラボーイ:Saucy Dog
4:なんでもないよ、:マカロニえんぴつ
5:残響散歌:Aimer
6:ドライフラワー:優里
7:水平線:back number
8:ミックスナッツ:Official髭男dism
9:新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED):Ado
10:一途:King Gnu

Billboard JAPAN Heatseekers Songs 2022年年間チャート結果
<ヒートシーカーズ・ソング・チャート>
Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうち、ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、週間動画再生数を集計し、その中から急上昇中のアーティストを抽出したチャート
1位楽曲:「バニラ」アーティスト:きゃない
順位:曲名:アーティスト名
1:バニラ:きゃない
2:常緑:大橋ちっぽけ
3:ミライチズ:夜のひと笑い
4:Crayon:ZOT on the WAVE & Fuji Taito
5:夜撫でるメノウ:Ayase
6:melt bitter:さとうもか
7:ホワイトキス:鈴木鈴木
8:韻波句徒:CHEHON
9:Surges(feat. 夏背&ルワン):Orangestar
10:Partner:有華

Billboard JAPAN TOP User Generated Songs 2022年年間チャート結果
<ユーザー・ジェネレイテッド・ソング・チャート>
YouTubeの再生数のうち、UGC(ユーザー生成コンテンツ)のみを集計したチャート
1位楽曲:「神っぽいな」アーティスト:ピノキオピー
順位:曲名:アーティスト名
1:神っぽいな:ピノキオピー
2:フォニイ:ツミキ
3:ヴァンパイア:DECO*27
4:KING:Kanaria
5:ロウワー:ぬゆり
6:グッバイ宣言:Chinozo
7:アイデンティティ:Kanaria
8:踊:Ado
9:Henceforth(feat. IA):Orangestar
10:アスノヨゾラ哨戒班(feat. IA):Orangestar

Billboard JAPAN TOP Singles Sales 2022年年間チャート結果
<シングル・セールス・チャート>
初回盤や限定盤、通常盤などの商品分類上別商品となる売上推定枚数をタイトルごとに合算したシングル・セールス・チャート
1位タイトル:『オレンジkiss』アーティスト:Snow Man
順位:タイトル名:アーティスト名
1:オレンジkiss:Snow Man
2:ブラザービート:Snow Man
3:Secret Touch:Snow Man
4:好きというのはロックだぜ!:乃木坂46
5:I:INI
6:M:INI
7:Actually...:乃木坂46
8:ツキヨミ/彩り:King & Prince
9:MIDNIGHT SUN:JO1
10:The Answer/サチアレ:なにわ男子

Billboard JAPAN TOP Albums Sales 2022年年間チャート結果
<アルバム・セールス・チャート>
初回盤や限定盤、通常盤などの商品分類上別商品となる売上推定枚数をタイトルごとに合算したアルバム・セールス・チャート
1位タイトル:『Snow Labo. S2』アーティスト:Snow Man
順位:タイトル名:アーティスト名
1:Snow Labo. S2:Snow Man
2:1st Love:なにわ男子
3:DREAM:SEVENTEEN
4:CITY:SixTONES
5:Made in:King & Prince
6:Face the Sun:SEVENTEEN
7:Proof:BTS
8:Time flies:乃木坂46
9:ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~:松任谷由実
10:KIZUNA:JO1

TikTok 2022年年間チャート結果
<TikTok チャート>
TikTok上における楽曲人気を測るチャート
1位楽曲:「おとせサンダー」アーティスト:ぼっちぼろまる
順位:楽曲名:アーティスト名
1:おとせサンダー:ぼっちぼろまる
2:タイミング~Timing~:Klang Ruler
3:エジソン:水曜日のカンパネラ
4:チグハグ:THE SUPER FRUIT
5:可愛くてごめん(feat. かぴ):HoneyWorks
6:タイトル:メーガン・トレイナー
7:2:23 AM:しゃろう
8:だいしきゅーだいしゅき:femme fatale
9:Blue Spring:心之助
10:「ぴえん」のうた:針スピ子
 

◆ビルボードジャパンチャートとは?
米Billboardのメソッドに則り、ラジオオンエア回数、CDセールス、ストリーミング回数、ダウンロード数、Twitter、動画再生、カラオケなど8種類のデータを集計・合算した総合音楽チャートです。多様化する音楽マーケットの動向をリアルに反映し、“今、本当に聴かれている音楽”が分かるチャートを発信しています。


https://www.billboard-japan.com/charts/
 


ビルボードジャパンではチャートをより詳しく知るためのチャート・インサイトを掲載しています。気になる曲のCD売上やダウンロード、ストリーミング、Twitterなどを指標ごとに分かりやすくグラフで表示し、並び替えや楽曲どうしを比較して、さらに詳しく調べることができます。会員以外のお客様は毎週のチャートの1位から20位まで、有料会員様は1位から100位までをご覧いただけます。

 

https://www.billboard-japan.com/chart_insight/


ビルボードジャパン https://www.billboard-japan.com/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/28ca173755b24823943697dd7ee3b5a6b0c02e45.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急阪神ホールディングス株式会社 >
  3. 2022年年間チャート発表!総合ソング・チャート1位は、Aimer「残響散歌」