会話型AIプラットフォーム市場-タイプ別(チャットボット、インテリジェントバーチャルアシスタント)、アプリケーション別(パーソナルアシスタント、カスタマーサポートなど)、業種別、地域別―予測2030年

Kenneth Researchは調査レポート「会話型AIプラットフォーム市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 20日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10085625
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

会話型AIプラットフォーム市場は、2022年に65憶米ドルの市場価値から2030年末までに463憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に4.91 のCAGRで拡大すると予測されます。

人工知能の分野における技術の進歩と革新は、会話型AI(人工知能)プラットフォーム市場の成長の推進要因です。また、オムニチャネル展開方法の適応の高まり、チャットボットアプリケーションの低コストは、市場の成長を推進する他の要因です。さらに、AIベースの顧客サービスの利用の増加は、会話型AI市場の成長に影響を与えています。

成長に影響を与えるマクロ経済指標:

世界のICT商品の輸出(%)、2010ー2017年

 


ソース:国連貿易開発会議

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/conversational-ai-platform-market/10085625

 
メッセージングアプリと音声アシスタントの数の増加も市場の成長を推進しています。顧客はコミュニケーションの主要なモードとしてチャットを好むため、いくつかの業界は会話型チャットボットに投資しており、AIベースのチャットボットをWebサイトと統合しています。人間とデータのプライバシーとセキュリティの懸念に対処することへの好みは、市場の成長を妨げています。

世界中の技術進歩の成長率は、会話型AIプラットフォーム市場の成長に大きく貢献しています。今後2年間で、200億を超えるデバイスがインターネットに接続されると推定されています。また、毎秒数百のデバイスがインターネットに接続されており、セルラーIOT接続の合計は2023年末までに34億を超えると予測されます。多数のR&Dおよびテスト、IT、テレコム、インターネットサービスにおける全体的なデジタル変革は、今後6〜7年で会話型AIプラットフォーム市場の成長を後押しすると予測されます。UNCTADのデータベースによると、コンピューターと家電製品を含むICT商品の総輸出額(パーセンテージ)は香港で最も高く、2017年には51.7%に達しました。

同年にICT商品の輸出が最も多かった他の国は、フィリピンが35.7%、シンガポールが32%、マレーシアが31%、中国が27.07%、韓国が24.74%、セントクリストファー・ネイビスが26.5%でした。世界の情報通信技術製品の総輸出シェアは、2016年の11.20%から2017年には11.51%に増加しました。さらに、5Gの展開は、電気通信サービスプロバイダーの間で重要なビジネスの見通しを生み出すと推定されています。

会話型AIプラットフォーム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

 


北米は、2018年に世界の会話型AIプラットフォーム市場の最大のシェアを占めました。テクノロジーイノベーターと市場破壊者の数が最も多いため、会話型AIプラットフォームの採用はこの地域で最も高くなっています。スマートスピーカーの使用の増加、インテリジェントな仮想アシスタント技術の台頭は、北米の会話型AIプラットフォーム市場を牽引しています。アジア太平洋地域では、AIへの取り組みと支出の増加により、最も速い成長率が見込まれています。

会話型AIプラットフォーム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

·        アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

·        北米(米国およびカナダ)

·        中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

·        ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

·        ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

会話型AIプラットフォーム市場のセグメンテーション洞察

会話型AIプラットフォーム市場は、タイプ別(チャットボット、インテリジェントバーチャルアシスタント)、アプリケーション別(パーソナルアシスタント、カスタマーサポート、ブランディングとマーケティング、従業員の関与とサポート)、業種別(BFSI、小売およびeコマース、旅行およびホスピタリティ、テレコムおよびITES、ヘルスケアおよびライフサイエンス、メディアおよびエンターテインメント、その他)、地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「会話型AIプラットフォーム市場」というタイトルのレポートは、会話型AIプラットフォーム市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

会話型AIプラットフォーム市場における業界のリーダー

• Google
• Microsoft
• AWS
• IBM
• SAP
• Nuance
• Artificial Solutions

レポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の会話型AIプラットフォーム市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10085625

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 会話型AIプラットフォーム市場-タイプ別(チャットボット、インテリジェントバーチャルアシスタント)、アプリケーション別(パーソナルアシスタント、カスタマーサポートなど)、業種別、地域別―予測2030年