東日本大震災から10年。長期的な復興支援を目指す「とうほくIPPOプロジェクト」第10期の支援対象事業が決定

株式会社フェリシモ(兵庫県神戸市)は、女性による東北の産業復興を支援する「とうほくIPPO(いっぽ)プロジェクト」を全国のお客さまと一緒に行っています。このプロジェクトは、東日本大震災に対する息の長い復興支援の必要性から、10年間の継続を目指し2012年にスタートしました。このたび第10期の支援事業10件が決定しました。


◆「とうほくIPPOプロジェクト」第10期支援事業
活動名称 / 団体名(主な活動地)
※活動名称、団体名は申請時のもの(順不同・敬称略)
【A】起業・事業化部門 〈9件〉
・インディアンジュエリー&クラフト販売・卸およびスクールの開催/HUMMINGBIRD(福島県双葉郡)
・女性の自立を促すレッスンサロン経営~ポーセラーツサロン~/レッスンサロンコオリナ(福島県いわき市)
・米粉のおやつ Cafe366/Cafe366(宮城県東松島市)
・川地村に双葉郡唯一の花屋の店舗OPEN!/Fuku Farming Flowers(福島県双葉郡)
・お菓子からはじまる笑顔から笑顔へ/おかしなお菓子屋さんLiebe(福島県双葉郡) 
・自然と調和し“生きる”を実感するライフスタイル提案/森佳代子(宮城県石巻市)
・大切な場所へ、大切な方々の元へ ~ありがとうの想いを届ける地産地生ウェディングツアー/石巻ウェディング(宮城県石巻市)
・地域に根ざしたブルーベリーと他ベリーの観光農園化事業/ベリーズパーク郡山(福島県郡山市)
・川内村を知り、新しいモノ・コトを生みだしていくためのキッチン付き古民家コワーキングスペース・カフェ/志賀 風夏(福島県双葉郡)

【B】コミュニケーション部門〈1件〉
・地域コミュニティ交流/絵手紙 たんぽぽ(福島県いわき市)

◆「とうほくIPPOプロジェクト」について
フェリシモは、東日本大震災に対する息の長い復興支援活動の必要性から、「とうほくIPPOプロジェクト」を2012年より行ってきました。主催・責任者、主体者メンバーが女性であることを条件に事業提案を公募し、選ばれた個人・団体に支援金を支給して、被災地の産業や文化・コミュニティー復興のきっかけづくりにつなげることを目的としています。(被災地に密着した取り組みで、支援対象は東北在住の人に限る)支援金は当社が東日本大震災直後に創設し、全国のお客さまからお預かりしている「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」および、東北ゆかりの商品についた「東日本大震災もっとずっときっと基金」を原資とし、1対象につき最大300万円までを上限に支給しています。(コミュニケーション部門は最大20万円)
女性が活躍することで、家族を元気にし、地域を明るく変え、社会を活き活きとさせていくような連鎖反応を期待して本プロジェクトの支援の対象を女性としています。また、「とうほくIPPOプロジェクト」という名前は、未来に向かって進んでいく最初の「一歩」となるようにという願いが込められています。これまでに約4億円の浄財が寄せられ、第1期から第9期までで170 件の活動を支援が実現しました。


◆「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」「東日本大震災もっとずっときっと基金」について
東日本大震災の復興を願い、2011年3月末に創設した基金です。東北の産業復興をはじめ、東北の方々が笑顔になれるイベントや植樹、文化の継承を目的とした活動に役立てられてきました。「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」は、一口につき100円の基金となっており、「東日本大震災もっとずっときっと基金」は、商品の代金の一部が、基金となっています。東日本大震災が起こったとき、阪神・淡路大震災の経験から、復興のためには長期的な支援が必要だと考え、10年は継続するということを決めてこの活動をお客さまとともに進めてきました。
東日本大震災もっとずっときっと基金についてはこちら>>https://feli.jp/s/pr210303/1/(過去の活動もご覧いただけます)

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~
ファッションや雑貨などの企画・販売を行う神戸の通販会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにする、人としあわせになる。自然と、社会としあわせになる。その経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“社会性” “独創性”“事業性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。

― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
証券コード : 東証1部3396
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業

◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr200803/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr200803/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr200803/3/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. 東日本大震災から10年。長期的な復興支援を目指す「とうほくIPPOプロジェクト」第10期の支援対象事業が決定