抗真菌薬市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「抗真菌薬の世界市場 (2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・成長機会」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037253-antifungal-drugs-market-global-industry-trends.html


市場の概要
抗真菌薬の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

抗真菌薬(抗真菌剤)とは、皮膚や髪の毛、爪などに発生する真菌感染症の治療に用いられる医薬品を指します。一般的に使用される抗真菌薬には、ポリエン系、アゾール系、アリルアミン系などがあります。これらの薬剤は、カンジダやサナダムシなどの真菌類や皮膚糸状菌を中和し、水虫、白癬、アスペルギルス症、カンジダ症、真菌性髄膜炎などの治療に効果があります。これらの薬剤は、一般に市販されているカプセル剤、ゲル剤、液剤、錠剤のほか、血流に直接注入する点滴剤などがあり、真菌感染を最小限に抑え、予防します。

市場の成長要因
真菌症や院内感染の増加は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。抗真菌薬は、病院内の汚染された表面や湿度の高い環境にさらされることで発症する、全身性および表在性の感染症に有効です。さらに、都市部と農村部の両方でOTC医薬品が手軽に入手できるようになったことも、市場の成長を後押ししています。大衆の健康意識の高まりとともに、消費者は軽度の感染症をタイムリーに治療するためにOTC医薬品を選ぶようになっています。さらに、侵襲性真菌感染症の治療のための合成および半合成のアゾール系化合物の開発など、さまざまな製品の革新も市場の成長を促す要因となっています。また、製薬メーカーは、スプレー、クリーム、錠剤、注射などの形で有効性を高めた新規治療薬の研究開発に多額の投資を行っています。その他の要因としては、製薬業界の著しい成長、公衆衛生を促進する政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分
世界の抗真菌薬市場は、薬剤クラスと適応症に基づいて分類されています。

薬剤クラス別の市場区分
アゾール系
・ボリコナゾール(Vfend)
・ポサコナゾール(ノキサフィル)
・クロトリマゾール(カネステン)
・イザブコナゾール(CRESEMBA)
・その他
エキノカンジン系
・カスポファンギン(カンシダス)
・ミカファンギン(マイカミン/ファンガード)
・その他
ポリエン系
・アンフォテリシン(アムビゾーム)
・その他
アリルアミン系
・テルビナフィン(ラミシール)
・その他
その他

適応症別の市場区分
皮膚糸状菌症
アスペルギルス症
カンジダ症
・侵襲性カンジダ症
・外陰部カンジダ症(VVC)
・口腔・咽頭・食道カンジダ症
・その他
その他

市場の競合状況
世界の抗真菌薬市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Arcadia Consumer Healthcare Inc.、Astellas Pharma Inc.、Bayer AG、GlaxoSmithKline Plc、Merck & Co. Inc.、Merck KGaA、Novartis AG、Pfizer Inc.、Sanofi S.A.、Scynexis Inc.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037253-antifungal-drugs-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 抗真菌薬市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み