アスタキサンチン市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アスタキサンチン市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037293-astaxanthin-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
世界のアスタキサンチン市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

アスタキサンチン(C40H52O4)は、様々な微生物や海洋動物に含まれる赤色の脂肪、可溶性のカロテノイド色素です。テルペンと呼ばれる化合物に属し、ジメチルアリル二リン酸とイソペンテニル二リン酸という5つの炭素を持つ前駆体から作られます。抗酸化作用、抗炎症作用、抗悪性腫瘍作用があり、免疫力の向上、紫外線によるダメージの防止、化学的に誘発される癌の予防、各種疾患の治療に役立ちます。そのため、世界各国で機能性食品素材、栄養補助食品、飼料添加物として利用されています。

市場の動向
糖尿病、がん、認知機能障害、心血管疾患などの疾患の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。アスタキサンチンは、血流を増加させ、血糖値を最小限に抑え、筋肉、関節、腱の痛みを軽減します。また、光老化の防止、睡眠サイクルの改善、うつ病の予防、精子の運動量の増加などの効果もあります。さらに、アスタキサンチンは食品の味、色、鮮度、品質を保つことができるため、食品添加物や食品着色料として、世界中の食品・飲料業界で需要が大幅に増加しています。さらに、アスタキサンチンは、肌の引き締め、小じわの減少、水分と弾力性の保持などに広く使用されています。この他にも、様々なメーカーが費用対効果の高い技術を利用して水の浪費を減らしたり、電力を節約したりしており、これも市場の成長を促進する要因となっています。例えば、微細藻類の密閉式培養システムを採用することで、微生物汚染や農業残渣に関連するリスクを最小限に抑えています。その他の主な要因としては、栄養補助食品への嗜好の高まり、個人の栄養不足の増加などがあり、市場の成長を促進すると予測されています。

主要な市場区分
世界のアスタキサンチン市場は、ソース、製品、アプリケーションに基づいて分類されています。

ソース別の市場区分
天然
・酵母
・クリル/シュリンプ
・微細藻類
・その他
合成

製品別の市場区分
・乾燥藻類ミールまたはバイオマス
・オイル
・ソフトジェル
・液体
・その他

アプリケーション別の市場区分
・ニュートラシューティカルズ
・化粧品
・水産養殖と動物飼料
・その他

市場の競合状況
世界のアスタキサンチン市場における主要な企業としては、Algatech LTD(SociétéLaBiochimieAppliquéeSA)、BASF SE、Beijing Gingko Group、Cardax Inc、Cyanotech Corporation、Divi's Laboratories Limited、E.I.D. -Parry(India)Limited(Murugappa Group)、Fenchem Biotek Ltd、Fuji Chemical Industries Co. Ltd.、Koninklijke DSM N.V.、Piveg Inc.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037293-astaxanthin-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. アスタキサンチン市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み