デジタルハリウッド、高崎商科大学とデジタルクリエイティブ教育に係る連携協定を締結|2022年度より新設5科目を共同開講

ICT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO吉村毅、学長:杉山知之 以下デジタルハリウッド)と高崎商科大学(所在地:群馬県高崎市、学長:渕上勇次郎)は、同大学商学部経営学科・会計学科の2022年度からのカリキュラム改定に伴い、デジタルハリウッドのオンライン授業の導入及び活用支援サービス「デジタルハリウッドアカデミー」を導入いただくこととなり、本件の教育連携協定を2021年7月28日に締結しました。


 今回の教育連携により、デジタルをフルに活用することで、ビジネスにおける問題点を掘り起こし、それらの課題を解決していく人材育成を目的に、デジタルハリウッドのコンテンツを活用したeラーニング授業5科目(プログラミングなどの必修科目やデジタルコンテンツ制作などの選択科目)を新たに開講します。これは国が進める数理・データサイエンス・AI教育も意識した内容になっています。

 当教育連携は北関東エリアの大学で初となります。今回の連携により、商学系大学におけるデジタルクリエイティブ教育とアダプティブラーニング(学修者本位の教育)の仕組みを共同開発していきます。


【新設5科目の内容】※科目名は仮称

①    プログラミングⅠ (Python) 2単位 必修科目
②    Adobeクリエイティブデザイン 2単位 選択科目
③    Adobe動画制作 2単位 選択科目
④    Webデザイン 2単位 選択科目
⑤    ゲーム制作 2単位 選択科目

 
【デジタルハリウッドからの提供内容】


①    eラーニング教材(オンデマンド型動画教材)の提供
②    シラバス設計の支援
③    学習管理システム(Learning Management System)の提供
④    制作課題、 確認テスト等の提供
⑤    講師業務のサポート(科目担当者は高崎商科大学の教員です)


■デジタルハリウッドの教育ノウハウ

デジタルハリウッドは、eラーニング教材(オンデマンド型動画教材)を50講座以上用意しています。各既存講座を毎年リニューアルし、新講座の開発を徹底しているため、常に最新の教材を提供することが可能です。現役のプロクリエイター/エンジニア講師のノウハウが詰まった動画授業と専門スタッフによるサポート(教員研修、既存授業内容のeラーニング教材化、現役のプロクリエイター/エンジニア講師による特別授業等)を提供します。
 


■高崎商科大学

https://www.tuc.ac.jp/

高崎商科大学は、建学の精神である「自主・自立」のもと実学教育を貫き、多様な人材を輩出することで地域社会への貢献を図ってまいりました。今般の教育連携によってデジタルハリウッドのコンテンツを提供することにより、高いレベルでデジタルを活用し、デジタルとビジネスの両能力を有するマルチ人材の育成を目指します。デジタルをフルに活用することで、ビジネスにおける問題点を掘り起こし、それらの課題を解決していく、課題発見・解決ができる人材を地域社会に輩出することで地域を豊かにしていくことが、高崎商科大学が掲げるミッションです。

1906年、創立者佐藤タ子(タネ)が新しい時代に生きる近代女性にふさわしい「女性の自主・自立」と、男女平等の考えの下での「婦徳の涵養」「良妻賢母」を教育の柱として、私立裁縫女学校を開学してから、明治・大正・昭和・平成・令和と五つの時代にわたり、群馬県高崎の地で本年まで百十年の歴史を繋いでいます。

参考:社会にひらかれた大学としての教育の取り組み

●経営人材育成「3.5本の矢プロジェクト」
https://www.tuc.ac.jp/activities/company/

●現役公認会計士による実務家教育で職業会計人を育成
6年連続公認会計士試験現役合格者輩出(北関東甲信越の国公私立大学で唯一)
 https://www.tuc.ac.jp/faculty/account/


■デジタルハリウッドアカデミー

https://academy.dhw.co.jp/

デジタルハリウッドでは、2005年のデジタルハリウッド大学開学当初より動画教材と対面授業を組み合わせる「ブレンディッド・ラーニング」による、教育の標準化と教育効果の向上を実現してきました。このノウハウを活かして、大学・専門学校・高等学校・中学校・小学校・塾・障害者支援サービス企業・教育サービス企業向けのオンライン授業の導入及び活用支援サービスが「デジタルハリウッドアカデミー」です。

新型コロナウイルスの脅威を経験して、教育のオンラインとリアルの最適な融合が問われています。

当サービスでは、例えば、デジタルクリエイティブ分野で実務経験が豊富な専門教員が不足している科目については、「プロクリエイター/エンジニアが教員を務める動画教材」を活用することで教育のクオリティと学生満足度を向上させます。同時に毎年繰り返し教育している基礎スキルについては、授業効率の向上も実現します。 これらの改善を通じて創出できた新たな時間を活用して、学生一人ひとりの目的・目標に合わせて、きめ細やかに対応するアダプティブ・ラーニングを推進します。

これらを行うために、具体的には、動画教材の提供および開発、カリキュラムリニューアル、教員向け研修、教員紹介、デジタルハリウッド教員派遣による出張授業・オンライン授業の実施、さらには学生募集サポートから就職サポートまで、幅広く支援しています。

<導入実績60校(2021年8月現在)>


■デジタルハリウッド株式会社


https://www.dhw.co.jp/

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。

現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと動画の学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。

2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。

設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。  
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミー』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルハリウッド株式会社 >
  3. デジタルハリウッド、高崎商科大学とデジタルクリエイティブ教育に係る連携協定を締結|2022年度より新設5科目を共同開講