公益財団法人イオンワンパーセントクラブ 設立30周年記念事業「Sustainable 2050 -持続可能な社会の実現 そのために私たちが出来ること-」

18カ国から歴代ティーンエイジ アンバサダー340名が日本に集結

公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、当財団)は、設立30周年の節目を迎えるにあたり、10月30日(水)~11月3日(日)の間、「Sustainable 2050 -持続可能な社会の 実現そのために私たちが出来ること-」をテーマに記念事業を開催します。
当財団は、1989年に「お客さまからいただいた利益を社会のために役立てる」という想いのもとに設立され、イオングループ主要企業が税引前利益の1%相当額を拠出し、「次代を担う青少年の健全な育成」、「諸外国との友好親善の促進」、「地域社会の持続的発展」の3つを柱に事業を展開しています。ティーンエイジ アンバサダー事業は、日本と海外の高校生が互いの国を訪問し、国際的な相互理解と親交を深めるプログラムで、1990年より毎年実施してきました。累計参加者数は、18カ国(※1)、2,810名にのぼります。

本事業初日の10月30日(水)には、歴代のアンバサダー約340名が来日。2つのエリアに分かれて、環境配慮施設の視察やイオンの植樹地訪問を行います。11月2日(土)には、全員が東京で一堂に会し、末吉 竹二郎 氏(国連環境計画(UNEP)・金融イニシアティブ特別顧問、WWFジャパン会長)、根本 かおる 氏(国連広報センター所長)のお二方による記念講演会とグループディスカッションを通して、「持続可能な開発目標(SDGs)の4つの目標(※2)の実現に向けた自らの行動宣言」を策定します。記念講演会では、歴代アンバサダーの代表も登壇し、自らの意見や 取り組みを述べるほか、策定した行動宣言を夕刻のパーティー中で発表することで、参加者たちは目標達成に向けた新たな行動への第一歩を踏み出します。

本事業は外務省後援のもと、昨年の「日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー10周年記念事業」に続き、当財団設立30周年記念事業の一環として実施するものです。当財団はこれからも、未来を担う若者が国境を越えて友好の輪を築く機会を提供し、諸外国との友好親善の促進に資する活動を続けてまいります。

※1【ティーンエイジ アンバサダー歴代参加国】オーストラリア、ブラジル、ブルガリア、カンボジア、中国、ドイツ、インドネシア、イタリア、日本、ラオス、マレーシア、ミャンマー、ペルー、フィリピン、韓国、タイ、英国、ベトナム

※2【持続可能な開発目標(SDGs)】目標3:「すべての人に健康と福祉を」、 目標4:「質の高い教育をみんなに」、目標13:「気候変動に具体的な対策を」、 目標14:「海の豊かさを守ろう」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 公益財団法人イオンワンパーセントクラブ 設立30周年記念事業「Sustainable 2050 -持続可能な社会の実現 そのために私たちが出来ること-」