【JAF茨城】道路改善が確認されました

~JAF茨城支部交通安全実行委員会~

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)茨城支部(支部長:嶋津 孝一郎)では、JAF会員である一般ドライバーから構成される「JAF交通安全実行委員会」を開催しております。快適な交通社会の実現を目的とし、道路や標識等の改善点を調査し、道路管理者等への提案活動を行っています。
2017年11月から12月にかけ行った調査により、提出していた改善提案の内、下記を含め3件の改善が確認できました。
場所:古河市山田(市道柳橋恩名線)
改善提案時期:2013年11月20日 改善確認時期:2017年11月13日
 

 

改善前改善前
改善前:市道に歩行者用押しボタン式の信号はあるが、市道を横切るための信号機がない。市道を青信号で走行していても横断しようとする車があるので危険を感じる。

改善後改善後
改善後:市道を横断するための信号機が設置され、通行しやすくなった。また、信号機だけでなく、予告信号機も設置された。

 当委員会では引き続き道路・標識等の改善提案も募集しています。「JAF茨城支部 交通安全実行委員会」で検索、応募用紙をホームページからダウンロードし、郵送でご送付ください。
ホームページリンク:http://jafevent.jp/area/kanto/ibaraki/news/1601_08_006_9.html
郵送先:〒310-0851 茨城県水戸市千波町2475-7

 

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF茨城】道路改善が確認されました