LINEノベル、デザインを大幅リニューアル より簡単に“読みたい作品”と出会える小説アプリに

「ラブコメディ」や「ファンタジー」などジャンル切り替えが簡単に 作品詳細ページも充実させ、読みたかった作品が手軽に見つかる

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が提供する小説アプリ「LINEノベル」は、「LINEノベル」アプリ内の作品詳細ページと投稿作品ページの表示をリニューアル、より多くの作品に触れて頂きやすい仕様にアップデートいたしましたので、お知らせいたします。
※iOS版、Android版共に対応しております。

「LINEノベル」は、文芸(ドラマ、恋愛、ノンフィクション、サスペンス・ミステリーなど)やライトノベル(ファンタジー、バトル・アクション、SFなど)といった出版社が提供する様々なジャンルの人気作品やユーザーが投稿した作品を読むことができる小説アプリです。スマートフォンでの快適な読書を実現するため、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話を約2000~3000文字を目安に収めることで、スキマ時間で無理なく読書を楽しめるようになっており、2019年10月には読者数20万人を突破しております。

さらに、昨年末からLINEノベル公式サイト( https://novel.line.me/ )では、PCだけでなく、スマートフォンからも作品投稿が可能になったので、通勤や通学などのちょっとしたスキマ時間に小説投稿することもでき、より手軽に、ライフスタイルに合わせた執筆体験を提供しております。

そして、今回新たに「LINEノベル」アプリ内のデザインを大幅リニューアルいたしました。作品概要が一目で解る作品詳細ページや「ラブコメディ」や「ファンタジー」などジャンル別のランキング表示も簡単に切り替えられる様になったので、自分好みの作品を見つけやすくなり、より多くの作品との出会いを創出いたします。

【アップデート内容】
① 横にスワイプするだけで、ジャンル切り替えが可能に!様々なジャンルの新作・人気作品が簡単に見つかる
PV数やお気に入り数など、人気作品が一目で解るランキング表示の他、更新作品や新着作品のカテゴリーを新たに設け、新作、人気作品が一目で解るよう投稿作品ページをアップデートいたしました。また、「ラブコメディ」や「ファンタジー」、「サスペンス」など、投稿タブを横にスワイプするだけで、ジャンルを切り替えることができるようになり、より簡単に、様々なジャンルの新作、人気作品をお楽しみいただくことができます。

②作品詳細ページの充実や関連ワードのタグ検索により、より簡単に作品が見つかる!
これまでは、別画面をタップしないと辿り着けなかった、作品キャッチコピーやあらすじを、作品詳細ページのファーストビューに表示、どんな内容の作品なのか、一目で理解しやすくなりました。また、「ノンフィクション」や「部活」、「男主人公」など、作品に関連するワードのタグも表示したことで、類似したキーワードの作品や同じ作者の他作品等も探しやすくなり、自分の趣向にあった作品を、より簡単に見つけることができます。


「LINEノベル」では、今後も小説プラットフォームとして、読者と作品・作者との多くの出会いを創出する機会を提供してまいります。

■「LINEノベル」アプリ について
「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も掲載すると共に、宮部みゆきの「小暮写眞館」(新潮文庫nex)や川原礫の「ソードアート・オンライン」(電撃文庫)など、参画する出版社から提供される既存の人気作品や一般ユーザーによる投稿作品も読むことができる、出版社の枠組みを超えた新しい小説アプリです。さらに、『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』といった独自レーベルも展開しており、新たな才能の共有・発掘を行う「あたらしい出版のカタチ」にも取り組んでおり、書き手が活躍できる場も提供しています。

アプリダウンロードURL:https://lin.ee/8kHXPh6/kygb/release (※スマートフォンのみ閲覧可能です)
公式サイト: https://novel.line.me/
LINEノベル 公式Twitter:https://twitter.com/novel_LINE_jp
LINE文庫/LINE文庫エッジ 公式Twitter:https://twitter.com/linebook_jp  
LINE公式アカウント: LINE ID:@linenovel
公式ブログ:http://novel-blog.line.me/

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINEノベル、デザインを大幅リニューアル より簡単に“読みたい作品”と出会える小説アプリに