手袋市場は、2021年から2025年の間に8.6%のCAGRを記録。

2021年5月16日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、手袋市場は、2025年には928.7億ドルに達すると予測されています。
Report Oceanが発行した最新レポート「手袋市場のタイプ別・業界別。世界の手袋市場は、2020年に596億ドル、2021年から2025年にかけて8.6%のCAGRを記録し、2025年には928.7億ドルに達すると予測されています。

レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1701

手袋は、寒さや暑さ、摩擦によるダメージ、摩耗や病気から手を守り、快適にします。危険な化学物質などを扱う際には、感染や汚染から手を守るために手袋を着用することが重要です。手袋には、ラテックス製、ビニール製、ニトリル製の3種類があり、一般的に使用されています。

世界中でコロナウイルス病2019年のパンデミックが急激に増加している中、COVID-19の発生時には医療用手袋が欠かせませんでした。彼らは、粗い汚染物質から手を保護することで病気の広がりを遅らせ、医療従事者を保護するのに役立ちます。医療用手袋は、医療従事者や患者を感染の拡大から守るための個人防護具(PPE)の一部です。また、2020年5月にCDCは、手袋の使用は、食品の取り扱い、清掃、園芸、取引、病気の人の世話をしているとき、血液、便、または唾液、粘液、嘔吐物、尿などの体液に接触しているときであることを推奨しています。手袋が適切に使用されていない場合、病原菌を拡散させる危険性があり、作業者や他の人を危険にさらすことになります。このように、世界各地でコロナウイルスの感染者が日常的に増加していることが、使い捨て手袋業界に影響を与えており、主要企業が使い捨て手袋の製造を拡大して業界を活性化させる機会を与えていると結論づけています。

市場の成長を促進する主な要因としては、安全性や衛生面への関心の高まり、エンドユーザーの増加、ゴムの生産量の増加などが挙げられます。また、医療従事者の間で衛生に対する意識が高まっていることや、技術の進歩も市場を押し上げる要因となっています。しかし、価格競争の激化や、特定の手袋に対する毒性反応が市場の成長を抑制すると予想されます。一方で、発展途上国や未開拓の市場は、近い将来、市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

世界の手袋市場は、タイプ別、産業別、地域別に分類されています。

タイプに基づいて、市場は次のように分類されます。
  • 使い捨て無菌手袋
    • 使い捨て手術用無菌手袋
    • 使い捨て検査用無菌手袋
    • その他の無菌手袋
  • 使い捨て検査・保護用手袋
    • 使い捨てニトリル製検査・保護用手袋
    • 使い捨てラテックス検査・保護手袋
    • 使い捨てのビニール製検査・保護用手袋
    • その他の使い捨て検査・保護用手袋
  • 消費者用手袋

これは、医療従事者が手術や検査の際にこれらの手袋を広く使用していることなどが要因となっています。また、ビニールや天然ゴムを使用した使い捨て手袋は、非侵襲的な健康診断など、リスクの低い一般的な処置に使用されます。

市場は産業別に以下のように分類されています。
  • 医療用
  • ホレアカ(食品
  • クリーニング
  • 美容
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • ケミカル
  • オートモーティブ
  • エレクトロニクス
  • 建設
  • その他

産業別に見ると、2020年には電子・自動車分野が最大のシェアを占めました。このセグメントの成長は、精密な電子部品や機器設置の取り扱いなどの要因によるものです。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アメリカで分析されています。

地域別では、2020年に欧州が最大の成長を占めています。これは、欧州地域内でのcovid-19や感染症の蔓延が増加しているためで、予測期間中の手袋市場の成長を牽引すると予想されます。また、欧州地域の政府は、医療用使い捨て手袋の使用を推奨しています。これは、医療診断や手術中の感染症に対する優れた保護機能を備えているからです。さらに、健康意識の高まりや医療費収入の増加により、欧州では使い捨て手袋の導入が進んでおり、それが市場の成長につながっています。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中、最大の成長が見込まれています。アジア太平洋地域の市場が堅調に推移している主な要因は、規格への適合性の向上と人口の多さにあります。また、アジア太平洋地域では、過去数十年の間に医療インフラにパラダイムシフトが起きており、これが市場の成長を促進しています。さらに、オーストラリアや韓国などの国では、コンプライアンスの強化や人口の多さが要因となっています。インドや中国などの主要国では、医療分野や食品分野で使い捨て手袋の需要が増加しており、これがアジア太平洋地域の使い捨て手袋市場の成長を促進すると予想されています。

主要企業

この業界の成長に貢献している主要企業は、3M社、アンセル社、カーディナル・ヘルス社、グローバス(シェットランド)社、ハータレガ・ホールディングス社、ハネウェル・インターナショナル社、キンバリー・クラーク社、コサン・ラバー・インダストリーズ社、ラバーレックス・コーポレーション(M)社、トップ・グローブ社、アンセル社などです。Bhd
 

調査結果のポイント
  • 使い捨て無菌手袋のセグメントは、予測期間中に8.5%の大幅なCAGRで成長すると予測されています。
  • 北米は市場の第2位の地域で、2020年には最大のシェアを占める
  • 医療分野が市場の主要セグメントで、2020年の市場シェアを占める
  • アジア太平洋地域は急成長中の地域で、2020年に最大のシェアを占める

レポートスコープの確認を依頼する: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1701

私たちについて:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. 手袋市場は、2021年から2025年の間に8.6%のCAGRを記録。