4cuプロデュース短編ドラマ企画『F列23番の男』配信決定!!

コロナ禍に舞台公演中止となった「劇場の客席」をロケ地に、舞台演出家と映画監督の共同演出により生まれた異色ドラマ。今だからこそ撮れた、これまでにない映像作品をお届けします!!

株式会社フロンティアワークス(アニメイトグループ)より新情報をお届けいたします


《ミュージカル「ヘタリア」シリーズ》をはじめ、ミュージカルからコメディまで様々な舞台作品を
プロデュースしてきた「4cu」制作による短編ドラマ企画『F列23番の男』の配信が決定。
ロケ地は、実際に公演中止となってしまい使用されることのなくなった劇場。
その劇場のステージ上ではなく、「客席側」を舞台に、舞台演出家・米山和仁(劇団ホチキス)
映画監督・中島良という、異なるジャンルのクリエイターによる共同演出の手法によって、
演劇演出&映像演出がミックスした、一風変わったこれまでにないドラマ作品が完成。
撮影時の感染防止対策の徹底から、最少人数での撮影とし、一人芝居を中心に『劇場の椅子が語り部』という新感覚ストーリーをお届けします。
出演キャストには佐藤信長、山田ジェームス武、石賀和輝、遊馬晃祐、鷲尾修斗が、そして語り部の「椅子」を磯貝龍乎が演じ、魅力的な物語を綴ります。
ネット配信でお届けする本ドラマは2020年8月14日配信開始予定。

【本日よりSPOT映像をYouTubeにて公開! https://youtu.be/qWfAn4WkIfQ 】
 

 

4cu公式サイト:http://4cu-ent.com/  『F列23番の男』公式サイト:http://4cu-ent.com/f-23/
 
  • ​企画意図

2020年春、世界中が強く新型コロナウイルスの影響を受ける中、日本国内においても緊急事態宣言が発令され、演劇やコンサート等イベントが相次いで中止・延期となり、緊急事態宣言が解除された2020年8月現在もなおイベント開催の自粛や縮小が続いております。
どの劇場においても、そこにいるはずの観客の姿はなく、空席だけが広がっている現状がそこにあり、
私たち「4cu」も2020年6月末に公演を予定していた舞台の中止を、同時期に決断しておりました。
そのような状況において、今できることを続けると同時に、今だからこそできるエンタメの可能性を追い求め、
その一つの形として、今は誰も訪れることができない実際の「劇場」、
しかも、普段であればお客様が座る「客席」を舞台とした映像作品を制作しました。

キャスト・スタッフともに、エンタメの現状を想い、本企画の趣旨に賛同して集まったメンバーで、
皆、演劇並びにエンタメを待ち望むお客様に少しでも楽しんでいただけることを願い、
また、この作品を通じて、現状における私たちの想いを届けれたらと思っております。
1日でも早く劇場にてお客様と再び会える日を、心より願って…。 ~For See You~

 

 

 

 

  • 『F列23番の男』 あらすじ
ドラマの舞台は劇場。語り部は、「F列23番」の椅子。
これまで、その劇場で上演されてきた幾多の舞台公演、そしてそこに座る観客のすべてを観てきた椅子が語る、
とある5人の観客たちの物語。
生きる時代も境遇もなにひとつ交わらない男たちの、椅子だけが知っている奇跡の繋がりとは…。
 
  • ドラマ概要
<TITLE>
『F列23番の男』

<CAST>
佐藤信長、山田ジェームス武、石賀和輝、遊馬晃祐、鷲尾修斗
小玉久仁子(劇団ホチキス)、内村理沙(劇団ホチキス)
磯貝龍乎

<STAFF> 
◆制作・企画・プロデュース:4cu
◆製作:Frontier Works Inc.
◆脚本・演出:米山和仁(劇団ホチキス) ◆映像監督:中島良
◆音楽:河野 文彦

<配信サイト>
● LINELIVE 4cu公式チャンネル https://live.line.me/channels/4536782
● YouTube 4cu公式チャンネル https://www.youtube.com/c/4cu-ent

<配信スケジュール>
● 第1話配信 2020年8月14日(金)20:00~ LINE LIVE /22:00~ YouTube
● 第2話配信 2020年8月17日(月)20:00~ LINE LIVE /22:00~ YouTube
● 第3話配信 2020年8月20日(木)20:00~ LINE LIVE /22:00~ YouTube
● 第4話配信 2020年8月23日(日)20:00~ LINE LIVE /22:00~ YouTube
● 第5話配信 2020年8月26日(水)20:00~ LINE LIVE /22:00~ YouTube
※各話配信日より【1週間】無料配信となり、以降は第1話を除き、LINELIVE 4cu公式チャンネル(https://live.line.me/channels/4536782)のプレミアム会員のみ視聴可能となります。
 

 

【公式サイト】http://4cu-ent.com/f-23/
【公式Twitter】@4cu_official(推奨ハッシュタグ:#F列23番の男)
【コピーライト表記】©4cu/F列23番の男


 

  • CAST&STAFFコメント
<STAFF>
脚本・演出  米山 和仁(よねやま かずひと)
およそ2ヶ月の自粛期間。時間がたくさんでき「これはいろいろインプットしたり、アウトプットできるぞ!」と思っていたのですが、私はやはり、締め切りがないと書く気が起きない人間らしく、
この『F列23番の男』のおかげで、充実した2ヶ月を過ごせました。ありがとうございます。
『F列23番の男』に出演している座席の位置は、だいたい舞台でのリハーサル時、
演出が座る位置でもあります。つまり、演出家の様々な想いが染み付いています。
だからこんなストーリーが思いついたのかもしません。
この作品をご覧になられ、「また劇場に行きたいな」という気持ちになっていただけたら幸いです。

 

劇団ホチキス主宰 脚本家 演出家
愛知県立芸術大学在学中に劇団ホチキスを旗揚げ、同劇団代表。現在までの本公演36本、全ての脚本・演出を担当。
大手メーカー宣伝マンを11年務める傍ら、母校の愛知県立芸術大学では、非常勤講師を今も勤める異色の経歴を持つ劇作家。コメディから壮大な時代劇、ミュージカルとその作風は多岐に渡り、圧倒的エンターテインメント世界を創りだす。近年では、外部プロデュース公演への作品提供も多く、『戦国無双』『金色のコルダ』などのゲーム原作の舞台化では、オリジナル要素をふんだんに取り入れ、舞台ならではの世界観を確立。ゲームファンから演劇ファンまで多くの観客を魅了する作品を提供し続ける。芸術世界と、エンタメ世界を縦横無尽に行き来するエンターテイナーとして、今後の活躍が注目されるクリエイターの1人。

 


映像監督  中島 良(なかじま りょう)
コロナ禍の中で仕事が次々と中止となり、映画という表現の場も奪われ、
「もしかしたら、これから先もなくなるんじゃないか」という不安から
伏せっていたのですが、作品を作るという目的が生まれて徐々に回復していきました。
携わることで救われたと思います。
人が集まる場所には、その場所の記憶がある。今作では劇場の椅子が、面白おかしい思い出を語ります。
僕は作品を完成させ1話から最後まで見終わった後、「今後コロナ禍が続けば、人が集まることが、
どんどん減って、文化の中から場所の記憶も失っていくかもしれない」と切ない気持ちになりました。
今作は舞台演出家の米山和仁さんとのコラボレーションによって、
この時期にしか作れない唯一無二の輝きが生まれたと思います。
コロナ禍の悪夢のような現実の前で、「どのような表現をすべきか」舞台や映画を含む芸術文化が
持続可能な経済活動になるよう僕たちはこれからも発信を続けたいと思います。
ぜひ、作品を見て話題にしてもらえると幸いです。

 

映画監督 STARDUST DIRECTORS所属
2007年、長編自主映画『俺たちの世界』が第29回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を含む3賞を受賞し、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など海外の映画祭多数に招待され、2008年ニューヨーク・アジアン映画祭で最優秀新人賞を受賞。
2009年『RISE UP』にて商業映画デビュー。オリジナル脚本(入江信吾との共著)「静かなひと」が2009年サンダンス・NHK国際映像作家賞のファイナリストに選出される。
主な監督作品として、『RISE UP』(2009)、『スイッチを押すとき』(2011)、『俺たちの明日』(2013)、『サムライ・ロック』(2015)、『なつやすみの巨匠』(2015)、映画『兄友』(2018)などがある。

 

 


制作・企画・プロデュース 4cu(ふぉーしーゆー)
このコロナ禍の現状において、今だからこそ何か少しでもお客様に楽しんでもらえる事はできないかという思いから始まったこの企画。


そもそも、ステージに立つ俳優にとっての劇場客席とは、お客様がびっしりと座っている光景が日常ですが、裏方の私たちにとっては、仕込みであったり開場前の準備時など、まだ誰も座っていない状態の劇場を見る方が多くなります。

劇場によって違いはありますが、ステージから見た劇場というのは、紅色に空間を染め上げる座席たちにはじまり、壁や天井に至っては、格式高い木材仕様のものであったり、モダンなデザインなものであったりといった建築物としての美しさと、劇場特有の神秘さが合わさった幻想的な光景が広がっています。

ある日、それを見ていてふと、本来は俳優陣が立つステージ側に客席を置き、客席側で俳優たちが演技をする舞台のアイデアが浮かびました。劇場がもつ美しい空間そのものをセットに、これまで何千、何万とこの客席に座ってきたお客様の人生それぞれの物語を描くといった構成にて、いつか絶対に形にしようと考えていたのですが、その時のアイデアと今の私たちの現状が重なって生まれたのが今回のドラマの成り立ちです。
この企画を、同じくこのエンタメの現状に心を痛めていた仲間たちに声をかけたところ、多くのキャスト、スタッフともに、今だからこそできる作品として制作参加に快く賛同をいただきました。僅かながらの期間で撮影は行われましたが、そんな仲間たちと過ごしたその時間は、本当に充実したものとなりました。何より、“客席”そのものが語り部になるという演出・米山さんのアイデアが出たときの私たちの興奮は今も消える事はなく、
それはそのまま『F列23番の男』というタイトルへと繋がっています。
舞台演出家の演出手法を映画監督が映像にするといった、楽しくもちょっと不思議なこの物語。
本来はお客様に座っていただくはずだった客席を通して皆様に贈る、今だからこそ創れた作品です。
少しでも楽しい時間を過ごしていただき、そして、またこの客席から皆様とお会いしたいという、
私たちの思いを是非受け取ってください。また劇場でお会いしましょう!!


<CAST>
① 今回の企画について/② 作品を演じてみて/③ お客様へ

 

佐藤 信長(さとう のぶなが)

 

①本来ならば、舞台「レイルウェイ」~Take Off~ が上演されている期間でした。
コロナの影響で公演が中止となってしまい、それを逆手にとって、
それならばいつも出来ないようなことを劇場を使ってやってみよう!みたいな企画が、
レイルウェイっぽいというか、4cuさんぽくて、お話を伺った時、率直に面白そう!と思いました。


②今回、草月ホールを丸々使って、ステージではなく客席といういつもと逆の場所でお芝居をさせていただきました。台本の中にある景色を妄想しながら、そして隣にいる彼女にも気を使いながら、
演じている最中もあんなことやこんなことを考えました。
僕自身映像の作品に出た経験が少ないので、舞台の稽古のような時間はもちろんなく、1発で正解を出す、
という点に苦労しました。何度かNGも出してしまったのですが、演出の米山さんにアドバイスをいただきながら、なんとかやり遂げました。とても勉強になった時間でした


③いつも応援していただきありがとうございます。まだまだコロナが収束せずに、
予断を許さない状況ではありますが、演劇界が少しずつ再始動しています。
僕自身、入念に対策を行い、先日舞台を千穐楽まで駆け抜けることができました。以前のように絶対来てください!とは言えませんが、少しずつでもいいので戻ってきてくださるのを楽しみに、
観に来てくださるのを楽しみに待っております。


<主な出演作品>ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』〝最強の場所〞/ミュージカル「DREAM!ing」/舞台「レイルウェイ」
 


山田ジェームス武(やまだ じぇーむす たけし)


①皆さんこんにちは。ジェームスです!
コロナの影響で自粛が続き、皆さん何か喪失感だったりストレスだったりを感じていませんか?僕もその1人です。何をするにしても前向きになれず好きな事から離れていくのが辛くて。でも、僕たちが今まで皆さんに作品を届ける事ができていたのは他ならぬ応援してくれていた皆さんのおかげです。だから、その恩返しとして、今の環境で出来ることを全力で楽しく演じました。そんな素敵な作品作りをしている今回のチームに感謝していますし、更にそんな作品に関わらせていただけている事に光栄です。
こうやって限りのある中での作品かもしれませんが全力で演じて少しでも見てくれる皆さん、応援してくれる皆さんが元気になれるようにこれからもコロナに負けず前向きに頑張っていきます。一緒に乗り切りましょう!


②とにかく楽しかったです。脚本も読んでいて面白かったし何より皆さんでまた作品作りをできた事が
とにかく楽しかった。僕はコメディを演じる事があまり多くないのでとても良い経験になったし
今後も挑戦して行きたいと思います!変顔だらけのジェームスをご堪能ください笑


③先ほども言いましたが今、皆さんも大変だと思います。
身を守る為、家族を守る為、周りを守る為、自粛する方もいればこの状況下でも仕事をしなければいけなかったり
毎日神経がすり減るような思いだとは思いますが気を強く持って共に頑張りましょう。
僕たちも少しでも皆さんに元気が届けられるように精一杯尽力いたします!
早い終息を願って今を精一杯頑張りましょ!


<主な出演作品>ミュージカル「ヘタリア」シリーズ/ミュージカル「DREAM!ing」/体内活劇『はたらく細胞2』

 


石賀 和輝(いしが かずき)


①今回この様な状況の中、一つの作品を作る事が出来て本当に嬉しく思います。
作品を作れるという事が当たり前ではないということを強く感じました。


②企画に関して、映像×演劇が僕の中では初めて触れるものだったので、とても新鮮で楽しんでお芝居させていただきました。


③ご覧くださいましてありがとうございます。もしかすると僕の演じた役の様な方がいらっしゃるかもしれませんね!笑 楽しんで頂けたら嬉しいです!


<主な出演作品>オフブロードウェイ・ミュージカル「bare2020」/GORIZO STAGE Vol.2「エドアス!~大江戸キック・アス!~」/水木英昭プロデュース15周年記念 紀伊國屋書店提携公演「蘇州夜曲」

 

 

遊馬 晃祐(あすま こうすけ)

 

①このご時世の中でお芝居ができる環境を作って頂き感謝しています。企画もステージ上ではなく、客席がメインとゆう面白い斬新な発想で楽しく撮影できました!


②1人芝居で長回しをしたことがなかったのですごく緊張しました。それと心霊現象など僕は苦手なのでそこはすごくリアルに演じれてるかなと思います。不器用な僕ですが頑張ってるのでそこも楽しんでください。笑


③コロナウィルスの影響で厳しい状況は続きますが、俳優として皆さんに少しでもエネルギーを渡せるようにみんなで作りました。是非ご視聴よろしくお願いします!


<主な出演作品>ミュージカル「DREAM!ing」/舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』/舞台
「レイルウェイ」

 

 


鷲尾 修斗(わしお しゅうと)


①コロナの影響で、色々な物事が苦しい状況になってしまっている中、
この企画を聞いてすごく面白いと思いましたし、素敵な取り組みだと思いました。


②普段は舞台上から見ている客席に座っての物語だったので、すごく新鮮でした。舞台上の物語だけでなく、客席1つにもいろいろな物語があるかもしれないと思ったら、一席一席が今までよりも大切に見えてきます。


③今回素敵な企画に参加させていただきました。
みなさんにも馴染みのある客席の物語を、楽しんでいただけたらと思います。


<主な出演作品>ミュージカル「Code:Realize~創世の姫君~」/舞台「レイルウェイ」/映画「さそりとかゑる」

 

 


磯貝 龍乎(いそがい りゅうこ)


①毎回ほんとありがとうございます。コロナで公演予定だった作品が延期になり、劇場をつかいいかに面白く、なおかつ安全に。そんなみんなの思いと、大人の事情が詰まった作品です。とっても素敵です。


②今回はじめての声だけ出演でした。これを機に声の仕事を頂けないかなぁと思っています。いや、思ってるだけですよ?僕なんかがそんな声優になろうなんてそんなおこがましい事、、、思ってませんよ、、、。でも磯貝どんどん伸びますよぉ??


③今回は劇場の『椅子』のお話です。普段お客様は椅子に座りステージを見ますが今回は、お客様が座る椅子に観点を当ててます。すなわち!お客様が各話の主人公なのです!!
おもしろくも、ちょっとほっこりする。そんな作品です。是非お楽しみください。


<主な出演作品>ミュージカル「ヘタリア」シリーズ/ミュージカル「DREAM!ing」/舞台『宇宙戦艦ティラミス』シリーズ
 

  • 4cu

 


『常に新しいものを自から作り出し、好奇心を失わず探究し続け、変化を恐れず、
信念をもって突き進む』


Frontier Works Inc.が手掛ける、舞台事業を中心とするブランド「4cu」です。
アニメやゲームを原作とした舞台作品の企画・プロデュースをはじめ、LIVE、映像製作などを展開していきます。



●公式サイト:http://4cu-ent.com/
●公式Twitter:@4cu_official(https://twitter.com/4cu_official
●公式Instagram:4cu_official(https://www.instagram.com/4cu_official/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アニメイトホールディングス >
  3. 4cuプロデュース短編ドラマ企画『F列23番の男』配信決定!!