令和3年度「民間空き家対策東京モデル支援事業(コミュニティ支援)」の採択事業を決定しました

このたび、民間事業者等が東京都内にある空き家を活用して実施する、地域のコミュニティ支援のための取組を募集する標記事業について、1者(1件)を採択しましたので、お知らせします。

1 採択事業者
三木 和美 

2 採択事業の概要
八王子市に所在する空き家(マンションの空き区画)を改修し、地域のギャラリーとして利用する。
ギャラリーは、美術家、芸術家、学生等の作品展示スペースとして貸し出して地域の方々に様々な作品を見てもらうとともに、子供たち向けにワークショップを開催することで、子供から大人まで美術にふれあい、地域の活性化に繋がる場としていく。

※事業の概要は、後日「東京都空き家情報サイト」に掲載します。
https://www.juutakuseisaku.metro.tokyo.lg.jp/akiya/hojo_minkan.html
 
3 本事業による補助の概要
(1)補助率
補助対象経費の3分の2
(2)補助限度額
250万円

4 選定方法
提出された事業提案書等について、事業者選定委員会の評価を踏まえて、予算の範囲内で東京都が事業を採択決定しました。








 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. 令和3年度「民間空き家対策東京モデル支援事業(コミュニティ支援)」の採択事業を決定しました