丸井グループがCO₂排出量139トンの「カーボン・オフセット」を実施~新たに再生可能エネルギー事業を応援~

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、カーボンフットプリント対象商品でCO₂排出量を測定した当社プライベートブランド54型番を対象に「カーボン・オフセット」を実施いたしました。

お客さまが多数来店される、エポスカード会員ご優待 キャンペーン『マルコとマルオの7日間』に合わせ、9月21日(金)~9月27日(木)の間にお買上げいただいた対象型番の点数を製造する際に発生したCO₂排出量139トン分を、5カ所の地域での環境保全活動を通じて「オフセット」いたしました。

  
■オフセット量、対象モデルを拡大し、新たに再生可能エネルギー事業への支援を実施
オフセット先の決定にあたっては、約2,000名のお客さまにアンケートを実施しました。47都道府県のオフセット事業からお客さまのご支持の高かった2カ所を選定。また、対象商品の生産地である兵庫県および、東北や九州の被災地をオフセット先に加え、再生可能エネルギーのさらなる普及に向けて、太陽光発電に取り組んでいる自治体を中心に選定しました。

 

今回は、前回の6アイテム28型番から8アイテム54型番へ、オフセット量も95トンから139トンへと 規模を拡大しました。2009年度より継続している「カーボン・オフセット」は、2017年度までに11都道府県のべ15カ所で実施し、オフセット量は累計で、約600トンになりました。

丸井グループの再生可能エネルギー導入に向けた取り組みは、以下のニュースリリースをご覧ください。
『丸井グループが再エネ100%をめざす国際的イニシアチブ『RE100』に加盟』
http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/18_0710/18_0710_1.pdf
『丸井グループが国内で初めて再エネ100%(RE100)を使途とする『グリーンボンド』を発行します』
http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/18_0928/18_0928_1.pdf

 

■カーボン・オフセット ・・・ 日常生活や経済活動において避けることができないCO₂などの温室効果ガスについて、まずできるだけ排出量を減らすための努力を行い、それでも排出される温室効果ガスについてはその排出量に見合った削減活動への投資などにより、排出分との埋め合わせを行うという考え方です。

■カーボンフットプリント ・・・ 原材料調達から商品生産、輸送・販売、使用、リサイクルまでに排出される温室効果ガスの排出量をCO₂に換算して商品に表示する仕組みです。※9月21日発信『プライベートブランド商品8アイテム54型において「カーボンフットプリント」を実施』のニュースも合わせてご覧ください。
http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/18_0921/18_0921_1.pdf

 

■「カーボン・オフセット」の概要
【実施期間】     2018年9月21日(金)~27日(木)
【オフセット量】   139トン
【オフセット事業】  北海道    :中標津町町林の森林吸収における温暖化対策を応援
           福島県    :福島県内の工場における温暖化対策を応援
           神奈川県 :横浜の海洋環境などを保全する活動を応援
           兵庫県    :住宅における太陽光発電設備の導入
                                福岡県    :福岡市内学校の太陽光発電による温暖化対策活動の応援
【オフセット対象商品】 ラクチン軽快シューズ 17型番
                                 ラクチンきれいシューズ 15型番
                                 ラクチンきれいパンツ  10型番
                                 マルイのストッキング  3型番
                                 マルイのハンカチ 3型番
                                 ラクチンすっきりワイシャツ 2型番
                                 オールハック(マルイのズボン)  2型番
                                 ラクチン軽快バッグ 2型番

丸井グループでは、環境への配慮、社会的課題の解決、ガバナンスへの取り組みと、ビジネスが一体となった未来志向の「共創サステナビリティ経営」を進めています。
これまで取り組んできた「すべての人」に向けたビジネスを「インクルージョン(包摂)」というテーマでとらえ直し、あわせて国連の「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)と関連付けることで、4つの重点テーマを定めています。
その1つである「エコロジカル・インクルージョン」では、環境負荷の少ない事業を推進し、低炭素社会や循環型社会の実現をめざし、自然や環境との調和をはかるエコロジカルなライフスタイルの提案を進めています。
 

※当社のめざす「共創サステナビリティ経営」についてはこちら
「共創サステナビリティレポート2017」 (日本語版)」
http://www.0101maruigroup.co.jp/csr/report.html
「共創経営レポート2018」 (日本語版)」
http://www.0101maruigroup.co.jp/ir/lib/i-report.html

■ 丸井グループの概要
  • 商号            : 株式会社 丸井グループ
  • 本社所在地   : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
  • 代表電話      : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
  • URL         : http://www.0101maruigroup.co.jp
  • 社長            : 青井 浩
  • 主な関連会社  : ㈱丸井、㈱エポスカード、㈱エイムクリエイツ ほか

 

 

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. 丸井グループがCO₂排出量139トンの「カーボン・オフセット」を実施~新たに再生可能エネルギー事業を応援~