『GIANT KILLING』50巻刊行記念(『GIANT KILLING』50巻刊行記念特装カバー)Jリーグ50選手スペシャルコラボ

<企画概要>
2007年に連載が始まった『GIANT KILLING』は2019年1月23日に単行本50巻発売の節目を迎えます。その間、読者の皆様にはご支援を頂戴いたしました。また、Jリーグ関係者の皆様、各メディアに置かれましても、取材やコラボレーションなど様々な形でご協力ご支援を頂戴しております。

『GIANT KILLING』では50巻刊行に合わせて、Jリーグにご協力いただき、J1各クラブ(2018シーズン時点)から選手50名を取り上げ、選手をメインビジュアルにした特製カバーを制作致しました。読者の皆様、そしてJリーグのファン・サポーターの皆様に届けるべく、全国の書店でキャンペーンを展開いたします。
●期間:2019年1月23日(水)~2019年4月(予定)
●商品:『GIANT KILLING』【定価】単行本:1~48巻は本体585円(税別)、49巻は本体625円(税別)、50巻は本体620円(税別) 電子版:600円(税別)

【GIANT KILLINGとは】
「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」をテーマに2007年に週刊モーニング(講談社)誌上にて、連載が始まったフットボール漫画。
主人公は達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より自身も在籍した弱小プロサッカークラブ<ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド>の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」! ETUの選手、スタッフ、サポーターを巻き込んで、達海の挑戦が始まった。

【著者 ツジトモプロフィール】
つじとも/1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』で「モーニング」誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。

【原案・取材協力 綱本将也プロフィール】
つなもとまさや/1973年東京生まれ。『U-31』で「モーニング」誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。

 


                                                                                                                       2019年シーズンの

                                                                                                                    は2月より熱戦開始!!
                                                                  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 『GIANT KILLING』50巻刊行記念(『GIANT KILLING』50巻刊行記念特装カバー)Jリーグ50選手スペシャルコラボ