5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)C&R社の初年度の成果を発表  バーチャル空間の中で未来のプロジェクト会議を再現

~スタートアップ企業、クリエイターをカードで、見える化とゲーム感覚での議論~

プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)の初年度の経過報告会を3月29日(月)にC&R社本社内で行いました。C&R社が今プロジェクトで掲げる「フィジカル空間とバーチャル空間を融合した事業が加速する空間」を体験できる新しいスタイルとして、今事業のパートナー企業でもある株式会社Synamonが開発したVRイノベーションタワー「NEUTRANS」を用い、新たな試みを取り入れた臨場感あふれる報告会を実施いたしました。
今回の報告会は、当プロジェクトの1年の成果としての発表会と位置づけ、「未来のプロジェクト会議はどのように行われているのか」をコンセプトに、従来のプレゼン形式でプロジェクターを使い説明するのではなく、実際のバーチャル空間の中で、プロの役者が疑似会議を演じる形式で行いました。バーチャル会議には4人の役者がそれぞれ遠隔地からVRHMDを使って参加し、一つのバーチャル空間の中で現実世界ではできない「360度シミュレーション」や「3Dモデル」をリアルタイムに共有しながら、未来のプロジェクト会議の様子を演じました。一方、体験者にはVRHMDを使い、同じバーチャル空間上でまるで演劇舞台を鑑賞するような感覚で、未来のプロジェクト会議を体験していただきました。
今回ひとつのアイデアとして、地域に賑わいを生むために必要なアイデアや技術を持ったスタートアップ企業やクリエイターをカード化するという新しい手法を用いました。個々の企業や個人の強みを見える化することが可能となり、それぞれの地域の課題に対して、必要なカードを並べながら、ゲーム感覚で議論自体を活性化させることが可能となります。また、カード同士を繋げることで事業の相乗効果をシミュレーションすることも可能です。

今回の報告会に参加した、東京都の本事業担当者からは、「今回初めて体験させていただきました。目の前に宇宙空間や大きな東京タワーが現れ、自分の操作で様々な角度から見ることができ、これまでにないわくわく感と、リアルでは再現できないVRならではの演出に非常に将来性を感じました。また、各プレイヤーのカード化というアイデアも、VRとの親和性も高く、新しいツールとして発展していくことを期待しています。」とのコメントがありました。

C&R社は、「新しい日常」に寄与するような5G技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するための事業に参加する、パートナー企業を募集しています。

【バーチャル空間での疑似会議】【バーチャル空間での疑似会議】

【カードを使った見える化による議論】【カードを使った見える化による議論】

 
  • 「5G技術活用型開発等促進事業」とは
東京都が実施する、スタートアップ企業等による「新しい日常」に寄与するような5G技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するための事業です。C&R社は昨年10月、同事業の開発プロモーターとして採択され、「『事業を加速する空間』を梃子にした5G関連スタートアップの量産」をテーマに掲げています。VR/ARや大容量映像伝送システム、自動運転関連等、5G技術を活用した新たな製品・サービスを開発する都内スタートアップを選定し、他の事業者等と連携しながらスタートアップが開発を行ううえで必要となる支援を、採択期間(3ヵ年度[予定])を通して実施していきます。


【当社の取組に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
事業開発室
「Tokyo 5G Boosters Project」担当
E-MAIL:takeshi.matsunaga@hq.cri.co.jp


===========================

C&R社は1990年にクリエイター・エージェンシーのパイオニアとして事業をスタート。現在では、C&R社およびC&R社のグループ会社(C&Rグループ)の事業領域は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、法曹、会計、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、アスリート、アグリの18分野にまで展開しており、ネットワークするプロフェッショナルは30万人、クライアントは3万8,000社にまで拡大しております。また、昨年7月には、株式会社ウイングおよび株式会社Gruneが、10月にはきづきアーキテクト株式会社がグループに加わり、C&Rグループは全19社となりました。

C&R社はC&Rグループが有する幅広いプロフェッショナルネットワークと、きづきアーキテクトの高い事業構想力を融合し、東京都「5G技術活用型開発等促進事業」の開発プロモーターとして事業を推進いたします。当社は、同事業において選定したスタートアップ企業に対し、手厚いサポートを通じて5G技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するとともに、C&Rグループのビジョンである「人と社会の豊かさの創生」の実現を目指してまいります。

■株式会社Synamon (Synamon Inc.) 会社概要
本 社 :東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル9階1号室
設 立 :2016年8月
代 表 者 :代表取締役 武樋恒
事業内容 :VR/AR/MRプロダクトの企画・開発、XR技術の研究開発
URL:https://synamon.jp/

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社 : 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
設 立 : 1990年3月
代 表 者 : 代表取締役社長 井川幸広
拠 点 : 東京(本社)・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・船橋・高崎・金沢・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/ソウル・上海・北京・ロサンゼルス
事業内容:映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、食、コンピュータサイエンス、ライフサイエンス、舞台芸術、CXO、アスリート、アグリの18分野でプロフェッショナルに特化したエージェンシー(派遣・紹介)、プロデュース(請負・アウトソーシング)、 ライツマネジメント(知的財産)事業を展開。プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造している。
URL: https://www.cri.co.jp (コーポレートサイト)
https://crdg.jp/ (ゲーム分野)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリーク・アンド・リバー社 >
  3. 5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)C&R社の初年度の成果を発表  バーチャル空間の中で未来のプロジェクト会議を再現