東北のさらなるにぎわい創出を目指して

イオンは変わらず全国の皆さまと東北の復興・創生に取り組みます

2011年3月に東日本大震災が発生してから、まもなく9年になります。
イオンは、「にぎわい東北-つなげよう、ふるさとのチカラ」を合言葉に、交流型の支援活動や植樹、地域産品の拡販、商業施設における防災対策の強化などのさまざまな活動を通じ、東北の復興・創生、にぎわい創出に向けて、地域の方々とともに取り組み続けています。

2012年にイオン労使で立ち上げた「イオン 心をつなぐプロジェクト」では、2021年までの10年間に、のべ30万人の従業員によるボランティア活動参加、東北沿岸部での合計30万本の植樹を目標に掲げて取り組んできました。

ボランティアについては、時間の経過とともに変化する各地域のニーズに対応しながら活動を続けた結果、2018年8月、目標より3年早く参加者が30万人を突破しました。本年も全国のグループ会社の従業員がそれぞれの拠点や東北各地で行う支援活動を通じ、年間3万人のボランティア参加を見込んでいます。
植樹活動については、2019年3月に目標の30万本を達成しました。本年は東北の8カ所で植樹を実施する予定です。 

同プロジェクトのもと2016年にスタートした「イオン 未来共創プログラム」では、これまで続けてきたボランティア活動などにより培ってきたネットワークをいかし、地域の方々と従業員が継続的に交流して地域の課題を共有し、ともに解決に取り組むことで持続可能なコミュニティの再生を目指しています。
福島県の南相馬市小高区では、鳥獣害を受けることが少ない唐辛子を栽培してブランド化を進める取り組みに従業員が参加し、定植、草取り、収穫、商品化作業に加わり、店舗での商品の販売に繋げるなど、地元の産業創生に向けた成果がうまれています。
また、東北初のバナナの栽培に取り組む双葉郡広野町では、従業員が農作業に参加するとともに、収穫後に伐採されたバナナの幹を繊維化して活用する「バナナペーパー」づくりの工程を支援。できた繊維で広野小学校の子どもたちが紙漉きを行い、卒業証書へとうまれ変わりました。今後は産官学連携のもと、同ペーパーの商品化を目指して取り組んでいきます。

3月には、「にぎわい東北」と題した東北の優れた産品を販売するフェアを、東北や関東を中心とするエリアで開催し、お買物を通じて東北を応援したいというお客さまと生産者の方々をつなぐことで、産業の活性化、地域社会への貢献を目指します。

イオンはこれからも、地域の皆さまと手を携え、東北の創生に向けて取り組んでまいります。

​詳細は添付PDFをご高覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d7505-20200227-9674.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 東北のさらなるにぎわい創出を目指して