懐かしの学習まんが電子復刻シリーズ「もう一度見たい!あのころの学研」最新刊、石ノ森章太郎作『チクタク大冒険 1』配信開始!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇秀行)は、懐かしの学習まんがの数々を電子版で復刻するシリーズ「もう一度見たい!あのころの学研」の最新刊、『チクタク大冒険 1』を、2月28日(木)より配信開始いたしました。以後もシリーズ作品を続々リリースの予定です。

↓↓購入ページ↓↓↓
https://amzn.to/2Ehbdqg

【配信作品詳細】
◆チクタク大冒険 1 (もう一度見たい!あのころの学研)
石ノ森章太郎先生が描く「○年の科学」連載漫画が、40年振りに電子書籍で復活! R星から勉強にやってきたチックン王子が巻き起こすドタバタ科学コメディを、カラーページも含め完全復刻! 1978、79年度の「5年の科学」連載分を収録。巻末にはおまけコンテンツとして、1978年度の1年のかがく版「チクタクだいぼうけん」1話を収録。
【シリーズ】もう一度見たい!あのころの学研
【タイトル】チクタク大冒険 1
【漫画】石ノ森章太郎
【希望小売価格】:864円(税込)
【配信開始日】:2月28日(木)
【発行元】株式会社学研プラス
↓↓購入ページ↓↓↓
https://amzn.to/2Ehbdqg
*配信開始日はストアによって変更になることがございます。

■電子版まんが復刻シリーズ 「もう一度見たい! あのころの学研」とは?

「もう一度見たい! あのころの学研」は、人気がピークにあった1970年代の「科学と学習」で連載されていた学習まんがを中心に、同時期に刊行されていた「ひみつシリーズ」なども含め、順次復刻を目指す電子書籍シリーズです。
例えば「科学と学習」からは、当時、絶大な人気を博しながら、単行本としてなかなかまとめられる機会のなかった作品のうち、〝学習まんがの立役者〟内山安二先生の作品群から復刻スタート。「ひみつシリーズ」からは、人気が高く、学級文庫などでも長年愛されたタイトルを、復刻配信します。
電子書籍という形で新たに復活するこれら作品に、子供時代に夢中になった遠い懐かしい記憶、ドキドキとワクワクを思い出していただけたら幸いです!

【配信済みタイトル(一部)】
◆できるできないのひみつ (もう一度見たい!あのころの学研)
なにかというと“できっこないす”と言うデキッコナイスも健在です。
まんが本文のほか、この話のもととなった「5年の科学」連載のまんが「玄海とイドムンコスキー」も「特別ふろく」として収録しています。
【希望小売価格】:864円(税込)


◆名探偵 荒馬宗介1 (もう一度見たい!あのころの学研)
1978~80年の3年に渡り「4~6年の学習」に連載された、名探偵荒馬宗介(あらまそうかい)が難事件をスパッと解決する、山口太一先生の大人気作。貴重な初期のプロトタイプ作品も収録しています。
【希望小売価格】:864円(税込)

↓↓公式HP↓↓↓
http://ebook.gakken.jp/manga_hukkoku/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 懐かしの学習まんが電子復刻シリーズ「もう一度見たい!あのころの学研」最新刊、石ノ森章太郎作『チクタク大冒険 1』配信開始!