TOKYO GLOBAL GATEWAYの大学利用がスタート!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京都江東区・代表取締役社長・CEO 織田信雄)は、本年4月6日に大学の団体利用の第1号として、拓殖大学商学部の新入生オリエンテーションプログラムの1日を本施設にて実施いたします。

TOKYO GLOBAL GATEWAY(以下「TGG」)は、東京都教育委員会との官民連携事業として昨年9月に開業し、小学校から高校までの学校団体利用を中心に3月末までに約5万人が利用する見込です。

TGGでは、今年度より利用対象を大学・専門学校等にも拡大します。通常プログラムの提供に加えて、大学当局からの要望にも個別に対応する予定です。拓殖大学、文京学院大学ほか、すでに大学数校からの利用予約をいただいています。
今後、TGGでは大学・専門学校の団体利用のほか、企業研修等も展開し、利用対象をさらに拡大する予定です。
なお、下記の大学については、利用状況の直接取材が可能です。詳細は下記のTGG取材受付窓口まで。
4月6日(土) 拓殖大学 商学部

 
  • 「TOKYO GLOBAL GATEWAY」について
「TOKYO GLOBAL GATEWAY」は、2018年9月6日(木)に東京・青海にオープンした、東京都英語村、体験型英語学習施設です。着いた瞬間からそこは英語だけの世界。まるで海外に来たかのような開放的な気分を味わえ、自然と英語を話せる雰囲気がそこにはあります。英語を使用する楽しさや必要性を体感し、「通じた」「わかった」という成功体験が、英語学習の意欲向上のきっかけ作りとなるよう開設されました。

URL:https://tokyo-global-gateway.com/

<開業までの流れ>
2016年3月:東京都より「英語村(仮称)」事業実施方針及び募集要項を公表
2016年9月:株式会社学研ホールディングス、株式会社市進ホールディングス、株式会社エデューレエルシーエー、一般財団法人英語教育協議会(ELEC)、株式会社博報堂の5社コンソーシアムが最優秀事業応募者として決定
2017年2月:株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAYを設立
2017年9月:予約受付開始(都内学校から順次開始)
2018年6月4日:本社を東京都江東区青海に移転
2018年9月6日:開業

■所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-4-32 TIME24ビル 1~3階
アクセス:ゆりかもめ「テレコムセンター」駅 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅 都営バス約8分
 
  • 内観
<アトラクション・エリア>
日常生活のシーンを想定した数々のプログラムをご用意しています。旅行や留学を想定し、エアプレイン・ホテル・ファストフード・スクールオフィスなど、まるで海外にいるかのような擬似空間や英語を話す必然性があるシーンにおいて、英語でやりとりする楽しさを存分にご体験いただけます。

▲エアポートゾーン「エアプレイン」▲エアポートゾーン「エアプレイン」

▲ホテルゾーン「ホテル」▲ホテルゾーン「ホテル」

▲トラベルゾーン「ファストフード」▲トラベルゾーン「ファストフード」

▲キャンパスゾーン「スクールオフィス」▲キャンパスゾーン「スクールオフィス」


<アクティブイマージョン・エリア>
 アクティブイマージョン・エリアでは、映像制作やビジネス・プログラムなどに英語で挑戦します。ニュース番組などの映像制作、演劇、企業分析、マーケティングなどの多彩な内容を英語で学んだり、国際問題や環境問題についてディスカッションしたりするプログラムを豊富にご体験いただけます。

▲「メディアラボ」▲「メディアラボ」

▲「テックラボ」▲「テックラボ」

▲「リサーチラボ・プレゼンテーションルーム」▲「リサーチラボ・プレゼンテーションルーム」

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. TOKYO GLOBAL GATEWAYの大学利用がスタート!