6月26日(土)フェリシモ「神戸学校」 現代人の感性の扉を開くお茶を自然栽培する「健一自然農園」の伊川健一さんをお招きしてオンラインで開催~「お茶が与えてくれるもの~自分の自然を取り戻す」~

各界で活躍中の著名人のメッセージライブをオンラインにて配信

フェリシモ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:矢崎和彦)は、各界の第一線でご活躍中の方をゲストに「経験と言葉の贈りもの」というコンセプトで、1997年より毎月1回メッセージライブ「神戸学校」を開催しています。
6月は、お茶本来の持つ多様な個性や味わいによって、まさに現代人の感性の扉を開くような味わいのお茶の自然栽培をされている「健一自然農園」代表の伊川健一さんがゲストです。ご参加はこちら>>https://feli.jp/s/pr2106112/1/

 

「健一自然農園」代表の伊川 健一さん「健一自然農園」代表の伊川 健一さん

◆開催概要
第286回 フェリシモ「神戸学校」

・ゲスト:伊川 健一(いかわ けんいち)さん〈健一自然農園代表〉
・テーマ:「お茶が与えてくれるもの~自分の自然を取り戻す」
・日 時:2021年6月26日(土) 13:30-15:30
お申込みはこちら>>https://feli.jp/s/pr2106112/1/   
・参加料:500円
※全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児の支援全般に活用されます。
※神戸学校onlineは、後日アーカイブで繰り返しご覧いただくことが可能です。

「神戸学校」6月は「健一自然農園」代表の伊川健一さんをお招きしてオンラインで開催します。「健一自然農園」は奈良県北東部に広がる「大和高原」にあります。伊川さんは2001年にそれまで15年ほど放棄されていた耕作放棄地を借りて、ほぼ一人で開墾をはじめ、その後も地域の人たちから茶園を引き継いでお茶の自然栽培をしておられます。
伊川さんは、農薬や肥料を使わず、虫や鳥たちや草花と調和した自然のしくみに沿いながら、それらの恵みを享受したお茶づくりをしておられます。伊川さんによると本来お茶は、とても多様性にあふれた作物だそうで、ひとつの茶葉から、驚くほど個性豊かな種類の味や香りを引き出された伊川さんのお茶は、味わった人たちを驚かすほどのおいしさとともに、私たちが本来自然の一部であることを思い出させてくれるような、そんなお茶です。
「神戸学校」では、伊川さんがなぜお茶を作るようになられたのか、お茶の栽培を通じて日々感じておられる自然の力、そして個性豊かで多様な味わいを持つお茶の魅力についてお話をうかがいます。どうぞお楽しみに!


ゲストプロフィール:
伊川 健一(いかわ けんいち)さん〈健一自然農園代表〉
1981年奈良県大和郡山市生まれ。子どものころは医者や教師と言った夢を持ちつつも、経済成長の先の日本の闇と、このままでは100年持たない地球規模の環境破壊に人類の根本的課題を感じ、「自然調和の社会のひな型」を創ることを人生の目標に定める。2001年19歳の時、放棄されジャングルの様になった約37アールの土地を開墾した「健一自然農園」を創業。以来、大和高原でまるで自然林のように多様な生き物と共生する茶園づくりを約11ヘクタールで行う。豊かな生態系から生み出される純粋な香味や力強さを大切に、多様な自然茶を国内外に販売し、老舗自然食企業・大手服飾ブランド・一流カフェ等に今までにない次々と新たなお茶提案を行う。2020年よりフェリシモとコラボレーションしお茶の魅力を再発見いただけるよう企画を実行中。環境 ・教育・ 森林・観光・福祉・医療・日本文化など多様な分野と呼応し産官学民と連携を図りつつ、お茶を通じて人が自然として在れる未来図を描き始めている。そして、一つの答えとしての自然栽培×自然エネルギーの新たな茶業モデルを全国の里山地域に移植し始めている。「健一自然農園」ウェブサイト>>https://kencha.jp/


                  
◆「神戸学校」とは
「神戸学校」は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。2004年に、メセナアワードの『文化庁長官賞』を受賞しました。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。



これまでのゲスト(2021年5月まで)

「神戸学校」ウェブサイト>>https://feli.jp/s/pr2106112/2/
Twitter>>https://feli.jp/s/pr2106112/3/


◆「神戸学校online」と「ともにしあわせになるしあわせ wish with」プロジェクトについて
新型コロナウィルスは社会全体を巻き込み各方面に大きな影響を与え続けています。その中でフェリシモは、新たに全社横断プロジェクトを立ち上げてさまざまな取り組みをスタートさせました。名付けて「ともにしあわせになるしあわせ wish with」プロジェクト。いつもの暮らしを取り戻し、また新しい未来を目指し「ともにしあわせになるしあわせ」という企業理念のもと、継続的な支援を長い視点で続けていきます。そのために私たちだからこそできるさまざまなプロジェクトを実行しています。「神戸学校online」は、毎月神戸で開催される「神戸学校」をインターネットで配信する取り組みで、フェリシモが"新しい日常"の中で今できる活動「ともにしあわせになるしあわせ wish with」プロジェクトのひとつです。
「ともにしあわせになるしあわせwish with」ウェブサイト >>https://feli.jp/s/pr2106112/4/
「神戸学校online」>>https://feli.jp/s/pr2106112/5/


◆お問い合わせ
神戸学校事務局 TEL:078-325-5727
(平日10:00~17:00)
eメールアドレス: kobe@felissimo.co.jp



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. 6月26日(土)フェリシモ「神戸学校」 現代人の感性の扉を開くお茶を自然栽培する「健一自然農園」の伊川健一さんをお招きしてオンラインで開催~「お茶が与えてくれるもの~自分の自然を取り戻す」~