資生堂 150周年、未来へのメッセージCM 「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」

時代を彩る豪華女優陣8名が一挙出演!
~安藤サクラさん、池田エライザさん、石田ゆり子さん、小松菜奈さん、近藤華さん、長澤まさみさん、広瀬すずさん、前田美波里さん~ (※五十音順)
新TVCM「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」篇(60秒、30秒、15秒)
2022年1月23日 (日)より全国で放映
資生堂150周年の軌跡。過去と未来をつなぐ特別編
今を生きる全ての人々へ、時代を超え未来に向けたメッセージ
 株式会社資生堂(本社:東京都港区、代表取締役 社長 CEO :魚谷雅彦)は、2022年に創立150周年を迎えることを記念し、安藤サクラさん、池田エライザさん、石田ゆり子さん、小松菜奈さん、近藤華さん、長澤まさみさん、広瀬すずさん、前田美波里さんら(※五十音順)豪華キャストが出演する新TVCM「美しさとは、人のしあわせを願うこと。 」篇(60秒、30秒、15秒)を、2022年1月23日(日)から全国で放映します。
  本CMは「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」をキーメッセージとして、美の力を通じて、お客さま一人ひとりの生涯にわたるしあわせに貢献する企業であり続けたいという、創業以来変わらない想いを広く伝えるために制作しました。資生堂が発信してきた最新のメイク、新しい価値観やライフスタイル提案の歴史、当時放映したCMのオマージュや、未来の美のあり方など、最新の映像技術で表現しています。CM楽曲は、ミュージシャン中村佳穂さんがカバーした、1978年の「ベネフィーク グレイシィ」キャンペーンソングでもあり、当時の大ヒット曲「君のひとみは10000ボルト」(作詞:谷村新司 作曲:堀内孝雄)を採用。資生堂が日本初の民間洋風調剤薬局として創業した頃の風景から現代、そして未来に至るまで、各キャストの衣装や演出など、それぞれの時代の、時を超えた美しさを表現した映像にご注目ください。


《新TVCM概要》
タイトル:「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」篇 (60秒、30秒、15秒) 
出演:安藤サクラ、池田エライザ、石田ゆり子、小松菜奈、近藤華、長澤まさみ、広瀬すず、前田美波里 (※五十音順)
放映開始日:2022年1月23日(日)  
CM楽曲:「君のひとみは10000ボルト」(作詞:谷村新司 作曲:堀内孝雄 歌:中村 佳穂)
放映地域:全国
動画公開URL:
「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」60秒篇 https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220121/01/?rt_pr=trk33
「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」30秒篇 https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220121/02/?rt_pr=trk33
「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」15秒「進む」篇 https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220121/03/?rt_pr=trk33
「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」15秒「繋ぐ」篇 https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220121/04/?rt_pr=trk33
「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」15秒「願う」篇 https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220121/05/?rt_pr=trk33

《コンセプト》
 1872年の創業から現在、そしてこれからも、資生堂が携わるすべての活動は、人のしあわせを実現するためにあります。
 新しい美しさを実現するために生み出される最新のサイエンスも、美容法の開発も、まだ誰も知らない食文化の紹介も、若い芸術家の才能が花開く場所をつくることも、すべては、より豊かでしあわせな人生を実現するためにつくられたものです。
 本TVCMには、資生堂が時代に先駆けたコミュニケーションや、ブランドを生み出してきた150年にわたる歩みとともに、今までも、これからも、美の力で人々をしあわせに、笑顔にしたいという想いを込めています。

《見どころ》
 資生堂が東京・銀座で創業した頃の街並みや、1928年に開業し、まだ日本ではめずらしかったソーダ水やアイスクリームを提供した資生堂パーラー。資生堂が歩んできた150年という歴史の歩みや象徴的な瞬間、そして未来に向けた美の可能性を、今を代表する資生堂の“ミューズ”たちが、時代を象徴するCMのオマージュや、美の力で輝くシーンを、演じています。さまざまな時代のCMキャラクターを演じる女優陣の衣装やヘアメイクは、当時の流行や設定を検証し、細部まで徹底的にこだわりながら忠実に再現しつつ、現代的な新しさも加えています。また、モデルの個性にあわせて美を引き出すヘアメイクを通じ、いつの時代も資生堂が、「お客さま一人ひとりにあわせた、その人らしい美」を提案していることを表現しました。
 過去と現在、そして未来までもひとつになるという、資生堂でなければ表現することができない映像である点が、最大の見どころです。画面に登場する人物たちがリレーのように口ずさんでいる1978年の大ヒットソング「君のひとみは10000ボルト」はオマージュにとどまらず、新しいアレンジを加えて、「輝く瞳、しあわせを願う」新しいメッセージへと進化させています。また、当時としては斬新な試みとして化粧品のキャンペーンソングとして同楽曲を採用したプロモーション活動を行い、「ベネフィーク グレイシィ」のキャンペーンは大きく盛り上がり、その後の歴史を変えたという事実を振り返る要素にもなっています。
 CM映像には、1897年に発売した資生堂初の化粧品、高等化粧水「オイデルミン」も登場。現在まで脈々と受け継がれている「先進性」「高品質」「本物志向」という創業時のこだわりを感じていただくことができます。

《CM各シーンについて①》 ※「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」篇(60秒)のシーン順に掲載しています。
<創業当時>

資生堂が日本初の民間洋風調剤薬局として
創業した当時の東京・銀座の風景。

<明治時代>

資生堂は創業後、「高品質」「先進性」「本物志向」という理念が徐々に理解され、信頼できる薬局として社名が広く知れわたるようになりました。その当時の銀座を歩く女性の様子を再現しました。ヘアスタイルも、明治初期に既婚女性の髪形として最も代表的だった丸髷を結い、時代を忠実に再現しています。
(出演:石田ゆり子さん)

<1982年>

優しさを感じさせながらも、都会的でスマートな印象づくりを提案したメーキャップシリーズ「ルア」は、新しい時代を軽やかに生きる人々の感性に響くブランドでした。 「い・け・な・いルージュマジック  資生堂 ルア リップカラークリエイター」CMのオマージュである本シーン。メイクは前作を意識しつつ、80年代の特徴でもある「太眉」をポイントに仕上げました。
(出演:安藤サクラさん)

<現代>

新時代の就職活動の象徴ともいえる“リモート面接”に臨む学生の姿。デスクに置かれたPCの横には、表情が明るく見えるようLEDの照明が配されています。ヘアメイクは自分らしさを表現したり、自信を後押ししたり、生活のさまざまなシーンに寄り添います。 今回、就活生時代と、就職後におしゃれを楽しみながら仕事に打ち込む姿で登場する広瀬さん。それぞれの姿でメイクの色使いの変化も注目ポイントです。(出演:広瀬すずさん)

<1934年>

ビューティーコンサルタント(美容部員)の前身である初代「ミス・シセイドウ」は、全国各地をまわり、「近代美容劇」を通して、新しい美容法を芝居形式でわかりやすく紹介しました。終演後にはお客さまのお話をうかがいながら、一人ひとりに合ったアドバイスとともに化粧品を販売しました。
本シーンで小松さんが身を包む衣装は、当時の「ミス・シセイドウ」が実際に着用していた制服を元に製作しており、ヘアスタイルも当時流行していたウエーブスタイルをご本人の髪で再現。この時代では銀幕のスターが憧れの的で、映画の影響を受けたファッションは“シネモード”と呼ばれました。また、細身でウエストを絞ったワンピースやスカートなど、スリム&ロングを意識した女性らしいラインのファッションが流行していました。

《CM各シーンについて②》 ※「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」篇(60秒)のシーン順に掲載しています。
<現代>

現在のビューティーコンサルタント。対面接客だけでなく、オンラインカウンセリングやライブ配信を行うなど、活動は進化しています。「ミス・シセイドウ」から続く「おもてなし」の心はそのままに、デジタルの力を組み合わせ、新しいビューティーエクスペリエンスを提供します。本シーンで登場する小松さんは、上品で落ち着いた雰囲気を意識した、大人っぽい印象のメイクアップに仕上げています。
(出演:小松菜奈さん)

<現代>

ガイドメイクのシーンを再現。2019年、視覚に障がいのある方が自分の手指を顔に当ててガイドラインにし、スキンケアからポイントメイクアップまでを行う「ガイドメイク」という化粧法を開発しました。「自信を、笑顔に。」という想いは、こうした美容サポート活動をはじめた1984年からずっと変わっていません。今回は実際に視力障害をお持ちの工藤星奈さんに出演いただきました。

<現代>

資生堂は創業以来、さまざまな価値観やライフスタイルの提案を通じて、豊かな生き方を提案してきました。性別や年齢、国籍といった属性や考え方の違いをリスペクトし、これからも美の多様性をメイクの力を通して支援してまいります。「多様性を認め合う」一例として、LGBTのカップルが登場。出演は実際にカミングアウトしているNAOさんとMINORさん。

<1928年>

ソーダファウンテンは、銀座のシンボルとして知られるようになり、レストラン「資生堂パーラー」へと発展し、今日まで日本に新しい食文化を広めました。当時流行していたのは、 「モガ(モダンガール)ファッション」。大正ロマン流行後、徐々に洋装が増えだして登場したモガは前髪を切りそろえたショートボブが象徴的で、「資生堂パーラー」へ出掛け、おしゃれをしてソーダを飲むことが流行の最先端でした。
(出演:長澤まさみさん)

<1978年>

「ベネフィーク グレイシィ」CMのオマージュです。ベネフィークとはフランス語で「生まれ持った美しさ」。一人ひとりが持つ個性や美しさを際立たせたいという願いから名づけました。本シーンは、メイク・衣装も前作を厳密に再現しており、細かな刺繍や装飾品など、細部にまでこだわって製作しました。また、ブルーグレーのアイシャドウに艶やかな赤リップを合わせた華やかさの演出に加え、下まぶたの目尻にも細かくアイラインを引き目元をきりっと見せるのも、この時代のメイクの特徴です。
なお、このCMのキャンペーンソングは、本CMと同じ「君のひとみは10000ボルト」。当時はCMにキャンペーンソングを流すという試みが斬新で、他の企業も積極的に採用するようになりました。
(出演:池田エライザさん)

《CM各シーンについて③》 ※「美しさとは、人のしあわせを願うこと。 」篇(60秒)のシーン順に掲載しています。
<昭和時代>

資生堂は、1897年に化粧水「オイデルミン」で化粧品業界に進出。医薬品と同レベルの高品質な商品開発を120年以上前から目指していました。そして今、私たちのスキンビューティーへの取り組みは新たなステージへ。これまで培ってきた皮膚科学の知見を活かし、美しく健やかな暮らしを支えてまいります。

<1966年→現代>

前田美波里さんが出演した、1966年の資生堂サマー・キャンペーン広告「太陽に愛されよう」。ヘアスタイルは当時と同様の真っ白なターバンを着用しつつ、メイクはブラックのアイラインとアイラッシュにボリューム感を持たせ、意志の強さと華やかさを表現しました。
また、撮影では“オマージュ+バージョンアップ”を意識し、砂浜で寝そべっている姿勢から立ち上がる一連のアクションを取り入れ、生涯にわたって美を進化させ続ける姿勢を表現。前作のオマージュにとどまらず、前田さんが現代でより輝く姿を表現できるよう、風ではためいた時の美しさを意識して製作した衣装も見どころです。
(出演:前田美波里さん)

<1934年>

「ビューティーコンサルタント」の前身となる初代「ミス・シセイドウ」は、誕生した時からお客さま一人ひとりに、化粧品選びから美容法のレッスンまで行いました。美しくありたいと願う人々の気持ちに寄り添う姿勢は現在のビューティーコンサルタントも変わらず、人々の肌に触れ、心に触れながら、その人らしい美を引き出す活動を行っています。(出演:小松菜奈さん)

<未来>

いつ、どこにいても優れた美容体験ができることを、宇宙空間を用いて象徴的に描いたラストシーン。心も身体もトータルケアできる未来のスキンビューティー領域において、私たちはこれからもお客さまとともに、新しい「美」のかたちを追求してまいります。
メイクは近未来を感じさせるような三角形のグラフィカルラインをアクセントにしており、衣装はワイヤーを入れて重力を感じさせないように仕上げ、ヘアスタイルも浮遊感を意識したセットになっています。
(出演:近藤 華さん)

《撮影エピソード》

 撮影に際し、「資生堂が成長を遂げてきた150年間という長い時間、そしてそれぞれの時代を生きてきた人々に対する資生堂からの賛美を表現する」というコンセプトについて監督から説明が行われました。さらに「その時代を生きいきと生活する人々を歌に乗せて表現してほしい」とオーダーを受けた出演陣は、それぞれに工夫を重ねながら個性的な演技を披露。オープンカーのドライブシーンで、片手を突き上げるポーズを自ら提案した安藤サクラさん。テンションが上がりすぎて両手を上げてしまう熱のこもった演技に、スタジオ全体が明るい笑いで包まれる一幕も。また前田美波里さんが砂浜の上で踊るシーンは、前田さんが提案したアイデアを盛り込みながらの撮影となりましたが、卓越したダンスの表現力と、はためく衣装のマッチングがあまりにも美しく、全スタッフが見とれてしまいました。

 CMの各場面は「君のひとみは10000ボルト」の歌詞に沿って“視線”にこだわり、キャストと目が合う一瞬を捉えながら撮影を行いました。「その瞬間、どれだけドキリとさせられるか」を追求するため、レンズ越しに視聴者と視線が合う想定のシーン撮影では、数えきれないほどのテイクを重ねています。初めて“視線カット”を撮影した瞬間は、どのキャストのケースでもモニターを見ているスタッフから思わずため息が聞こえるほどドキッとさせられ、それぞれの演技力の高さに圧倒されました。長澤まさみさんの撮影では動くカメラに合わせて一瞬目線を合わせるというシビアなタイミングにもかかわらず、それを感じさせない素晴らしい表情にどよめきが起きることも。石田ゆり子さんは、馬車の上でカメラと目が合った瞬間にウィンクをするという即興のディレクションを監督から受けましたが、絶妙なタイミングのアクションとチャーミングな表情で見事にクリアし、自然と拍手が起こりました。

 撮影現場では、カメラの前で演技しているキャストがその場でアイデアを提案したり、予定にはないアドリブで映像を盛り立てたりする場面が数多く見られました。前田美波里さんのダンスシーンや安藤サクラさんが運転中に片手を突き上げるシーンなどもその一つです。また、モデルとしても活躍されている女優さんは、表情の作り方や自然なポーズの取り方など、撮影クルーが「さすが!」とうなることもしばしばありました。CMのラストで宇宙空間を表現するシーンでは、近藤華さんが初めてのワイヤーアクションに挑戦。体力的にも厳しい体勢での撮影が続き相当な回数のテイクを重ねましたが、近藤さんは一切の弱音を吐かず最後まで元気に演技を続け、見事OKが出た瞬間には満面の笑顔を見せていました。

《資生堂創立150周年に向けて出演者からのコメント》
安藤サクラ  Sakura Ando
「資生堂150周年、おめでとうございます。世の中の動きが非常に大きい時代ですが、今後も皆さまのますますのご活躍をお祈りしております」

 

池田エライザ  Elaiza Ikeda
「資生堂150周年、おめでとうございます。この大切な年にお仕事をご一緒できていることが大変光栄です。資生堂さんのますますの発展を心から願っております」

石田ゆり子  Yuriko Ishida
「大きな節目の年にお仕事をご一緒できること、大変光栄に思っております。今はまだ大変な時期ですが、一日も早くもっと自由に、もっと笑顔の日々が来ることを楽しみにしております。これからもどうぞよろしくお願いいたします」

小松菜奈  Nana Komatsu
「150周年、おめでとうございます。このような機会にご一緒させていただくことができ、とても光栄です。撮影ではいつも資生堂の皆さまが温かく迎えてくださるので、すてきな時間を過ごさせていただいております。引き続き精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします」

 

近藤 華  Hana Kondo
「資生堂150周年、おめでとうございます。150周年を記念するCMに出演させていただいたこと、本当にうれしく思っています。これからもずっと資生堂さんがすてきな会社であることを願っています」

長澤まさみ  Masami Nagasawa
「資生堂150周年、おめでとうございます。周年という大事な年をご一緒できること、大変うれしく思っております。皆さまのますますのご発展をお祈りしております」

広瀬すず  Suzu Hirose
「資生堂150周年、おめでとうございます。この大きな節目の年を一緒に迎えることができ、本当に光栄に思っております。まだまだ大変な状況が続きますが、ますますのご発展、そして皆さまのご活躍をお祈りしております」

 

前田美波里  Bibari Maeda
「150周年おめでとうございます。資生堂さまとの長いお付き合いを思いますと、150周年という歴史、感慨深いものがございます。今後の皆さまのますますのご発展を心からお祈り申し上げております」

《スタッフ》
ECD    田辺 俊彦   (つづく)
CD    秋永 寛    電通
AD    田中 せり   電通
CW     三島 邦彦   電通
      濱田 彩    電通
AE    長谷川 陽一  電通
      藤澤 佳穂   電通
CP    兼清 剛    電通
Pr     神宮 広志   blender
Dir    児玉 裕一   vivision
Ca     内田 将二   内田将二写真事務所
Li      米井 章文   free-lance
Art    柳町 建夫   GLASSLOFT
online    坂巻 亜樹夫  jitto
CG     jitto      jitto
music    冨永 恵介   PIANO
Vo     中村 佳穂   SPACE SHOWER MUSIC/AINOU
mixer     増富 和音   free-lance
ヘア     豊田 健治   資生堂ビューティークリエイションセンター
       谷口 丈児   資生堂ビューティークリエイションセンター
メイク    岡野 瑞恵   free-lance
       阿保 麻都香  資生堂ビューティークリエイション研究センター
       伊藤 礼子   資生堂ジャパン(株)ビューティーインスティテュート
       渋沢 知美   資生堂ビューティークリエイションセンター
       山田 暢子   資生堂ビューティークリエイションセンター
       中山 夏子   資生堂ビューティークリエイションセンター
       贄田 愛    資生堂ビューティークリエイションセンター
メイン・サブキャスト・EX STY 北澤 momo 寿志  band
メインキャストSTY    三田 真一      KIKI inc.
キャスティング      山口麻衣子      ハンディ

▼ ニュースリリース
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003305&rt_pr=trk33

▼ 資生堂 企業情報
https://corp.shiseido.com/?rt_pr=trk33
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 資生堂 150周年、未来へのメッセージCM 「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」