「首里城 支援募金」の贈呈について

「イオン 首里城復興支援プロジェクト」

2019年10月の火災により、正殿などの中心的な建物や文化財が焼失した世界遺産首里城(沖縄県那覇市)の再建にお役立ていただくため、イオンは、4月7日(火)、お客さまからお寄せいただいた募金、およびイオンの電子マネーWAONの「首里城WAON」を通じた寄付を一般財団法人 沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈しました。
イオンは、沖縄の方々の気持ちに寄り添うとともに、次代に継承する文化的遺産である首里城の再建を全国のお客さまとともに支えたいとの想いから、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を2019年11月に発足しました。

本プロジェクトのもと、2019年11月1日(金)から11月30日(土)までの期間( 緊急支援募金の開始日・終了日は店舗によって異なる場合があります)、全国のグループ店舗・事業所等約2,100カ所において支援募金を実施しました。また沖縄県の企業であるイオン琉球株式会社の店舗においては、募金期間を延長し、2020年2月29日(土)までの4カ月間にわたり募金活動を実施してきました。

本募金活動で皆さまからお預かりした募金4,763万321円に、「首里城WAON」※を通じた支援金1,456万7,357万円を加えた合計6,219万7,678円を、一般財団法人 沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈しました。

なお、公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」のもと、沖縄県に対して5年間で5億円の寄付を行うこととし、2019年11月6日(水)に趣意書を贈呈しています。

 イオンは、一日も早く首里城が再建されることを願うとともに、全国の皆さまから賜りました温かいご支援に深く感謝申し上げます。

※2010年に発行を開始した「首里城WAON」は、そのご利用金額の一部を首里城関係の文化遺産の収集、保存にお役立ていただいてきました。この度の火災に際し、同WAONについては、2019年11月1日から2020年2月20日までの期間、寄付金額を通常の0.1%から10倍となる1%に引き上げる取り組みを  実施しました。また、九州の「ご当地WAON」21種類について、首里城復興支援を目的とした支援企画を2019年12月の1カ月間実施し、期間中のご利用金額の0.1%に当たる359万7,027円を2020年2月に一般財団法人 沖縄美ら島財団に贈呈しています。


【「首里城 支援募金」贈呈について】
日 時:2020年4月7日(火)
場 所:一般財団法人 沖縄美ら島財団 首里城公園管理センター
贈呈先:一般財団法人 沖縄美ら島財団 「首里城基金」
金 額:6,219万7,678円
出席者:一般財団法人 沖縄美ら島財団 花城 良廣 様
    イオン琉球株式会社 代表取締役社長 佐方 圭二
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 「首里城 支援募金」の贈呈について