認定NPO法人おてらおやつクラブ代表理事 松島 靖朗さんのメッセージライブ収録動画配信を6月11日にスタート。「神戸学校online」

寺院の「おそなえ」「おさがり」「おすそわけ」を通じた日本の子どもの貧困問題への取り組み

フェリシモが運営するオンラインサロン「神戸学校online」は、第285回フェリシモ「神戸学校」の収録動画を6月11日に公開しています。これは2021年5月29日にオンラインで開催された「フェリシモ神戸学校」のアーカイブ映像です。今回は認定NPO法人おてらおやつクラブ代表理事 松島 靖朗さんをゲストにお招きしました。神戸学校2021年度のテーマは「22for22」。しあわせな22世紀をデザインしていくために、今を生きる私たちにできる行動をお招きしたゲストやお客さまとともに考えていきます。参加料500円は全額東日本大震災遺児のケア活動に活用されます。「神戸学校online」は、毎月神戸で開催される「神戸学校」をインターネットで配信する取り組みで、フェリシモが"新しい日常"の中で今できる活動、「ともにしあわせになるしあわせ wish with」プロジェクトのひとつです。

「神戸学校online」2021年5月度の収録動画配信
詳細>> 
https://feli.jp/s/pr2106143/1/
500円(非課税・全額寄付)の参加料を支払うと、当日の収録動画を見ることができます

◆講演テーマは「利他とグッドデザインで「ともにいきる」社会を」
松島さんは、貧困家庭の子どもたちの問題をお寺の住職という立場からなんとかしたいと「おてらおやつクラブ」をスタートされました。その発端には、今日の日本において7人に1人の子どもが貧困状態にあるという見過ごすことのできない現実があります(※厚生労働省 2019年国民生活基礎調査より)。自己責任論に押しつぶされ、世間の目や制度上の問題で公助・共助にたどり着けない人々、主にお母さんが日本社会にはたくさんいます。

コロナ禍で「助けて」の声は4.9倍にコロナ禍で「助けて」の声は4.9倍に

現在「おてらおやつクラブ」には、全国さまざまな宗派の1,600ヵ所ほどのお寺が参加し、母子家庭や生活困窮者を支援する全国500ほどの団体と連携、お寺にお供えされるさまざまな「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、必要な方々へ「おすそわけ」をしています。この活動は2018年度のグッドデザイン賞大賞(内閣総理大臣賞)も受賞。寺院だけでなく社会全体にこの問題を投じ、多くの人がこの問題について知るきっかけを作りました。

おやつのほか、この活動を知った歯科医院から歯ブラシが届いたりと助けたいと思う誰もが参加できる活動へおやつのほか、この活動を知った歯科医院から歯ブラシが届いたりと助けたいと思う誰もが参加できる活動へ

従来寺院が地域社会で行ってきた営みを現代的な仕組みとしてデザインし直し、寺院の「ある」と社会の「ない」を繋げる取り組みは、広く人々の「助けたい」という気持ちと「助けてほしい」という声をつなぐ存在へ。だれもが「ともに生きる社会」を胸に続けておられる、活動の詳細をおうかがいしています。


【ゲストプロフィール】
松島 靖朗(まつしま せいろう)さん〈認定NPO法人おてらおやつクラブ代表理事〉
1975年生まれ。株式会社NTTデータにてインターネット事業、投資育成事業、株式会社アイスタイル(アットコスメ)にて企業経営・WEBプロデュースに従事。2010年僧侶に。2014年、全国のお寺の「おそなえもの」を「おさがり」として「おすそわけ」する「おてらおやつクラブ」をスタート。国内の貧困問題の解決のため、NPO法人や公的機関と協業するお寺の社会福祉活動として全国規模の活動を展開。2017年8月に特定非営利活動法人化。2020年11月認定NPO法人へ。2018年度グッドデザイン賞大賞(内閣総理大臣賞)受賞。

■お問い合わせ
神戸学校事務局 TEL:078-325-5727
(平日10:00~17:00)
eメールアドレス: kobe@felissimo.co.jp

◆神戸学校について
「神戸学校」は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。2004年に、メセナアワードの『文化庁長官賞』を受賞しています。豊かな人生を送ることを目指した”生活デザイン学校“として、毎月1回、各界で活躍するオーソリティーを神戸に招いて開催しています。
・ウェブサイト>> https://www.felissimo.co.jp/kobeschool/
・Twitter>> https://mobile.twitter.com/kobegakko
これまでのゲスト(2021年4月まで。YouTubeが再生されます)>> https://youtu.be/2vCnhHoVJ9E

◆フェリシモ「ともにしあわせになるしあわせ wish with」プロジェクト
新型コロナウイルスによる多様な課題に対して、お客さまや社会のみなさまとともに「たすけあい」の心で、 私たちだからこそできる取り組みを行うプロジェクトです。「ともにしあわせになるしあわせ」というフェリシモのコア・バリューのもと、みなさまご自身が、まわりの方とともにしあわせな毎日を育み、未来の暮らしを作っていくことを応援する継続的な活動を実行していきます。
・特設サイト >> https://feli.jp/s/pr2106143/2/

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~
ファッションや雑貨など自社企画商品を中心に、カタログやウェブなどの独自メディアで生活者に販売するダイレクトマーケティングの会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性”“独創性”“社会性” の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr200803/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr200803/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr200803/3/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. 認定NPO法人おてらおやつクラブ代表理事 松島 靖朗さんのメッセージライブ収録動画配信を6月11日にスタート。「神戸学校online」