ニューブロックが動く!光る! ニューブロック×プログラミング ついに登場!!

株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ステイフル(東京・品川 代表取締役社長:福本高宏)は、2019年3月15日(金)に『学研のニューブロック プログラミング』を発売致しました。

2020年に発売55周年を迎える「学研のニューブロック」から、作った作品をプログラミングして思い通りに動かしたり、光らせることができる『学研のニューブロック プログラミング』(以下、ニューブロックプログラミング)https://www.gakkensf.co.jp/nbsl/nbpg/ が2019年3月15日に発売されました。
 

 

ニューブロックプログラミングとは…
PCやスマホを使わずに、お子さまでもわかりやすくそれぞれ異なる役割をもった7色のクルーパーツを組み合わせることで動きをプログラミングし、付属のモーターを通してニューブロックの作品を動かしたり、LEDライトを光らせることができます。「創造力」「構成力」「集中力」を育むニューブロックはそのままに、どんな作品を作ろうか、ここを動かしたいなというお子さまのさらなる想像力を刺激し、自分の思い通りに動く作品が作れます。
「考える」「実行する」「思考錯誤する」「完成」のステップを踏み、何度も挑戦することでプログラミング的思考を育みます。

 

「クルー」と呼ばれる7色のパーツには、「モーターを動かす」「LEDライトを光らせる」など単独で命令できるものが3種と、「命令を繰り返す」「動きを2倍にする」など、他のクルーと合わせることで作用するものが4種あり、これらのクルーパーツを組み合わせてプログラミングし、ニューブロックの作品を動かしたり、走らせることができます。組み合わせ次第で遊びの幅が広がり、「ニューブロックの作品が動いたらいいのにな」というお子さまの願いを実現することができます。また、ニューブロックが動く面白さをお子さまに感じてもらうことで試行錯誤しながら色々な作品作りに挑戦して頂けます。


ニューブロックプログラミングのセットにはブロックが100パーツ入っているので、このセットだけでも様々な作品を作ることができますが、他のニューブロックのセットやパーツとも組み合わせることで幅広い作品作りが実現できます。日頃からニューブロックで遊んでいるお子さまも、遊びながら自然とプログラミング的思考を身につけたいとお考えの方にも楽しんでいただける商品として自信をもって発売致します。

2月27日にオープンした公式ホームページでは、ニューブロックプログラミングの遊び方の紹介や、実際に作品を動かしている動画も公開しています。今後は作品例や、他のセットとの組み合わせ例も更新していく予定となっておりますのでぜひ合わせてチェックしてみてください☆

■商品情報■
●商品名 学研のニューブロック プログラミング
●本体価格 各15,000円(税抜)
●対象年齢 4歳~
●公式ホームページ https://www.gakkensf.co.jp/nbsl/nbpg/
●公式通販サイト https://www.rakuten.ne.jp/gold/gakkensf/
●販売先 全国の百貨店玩具売り場・玩具店・雑貨店など

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. ニューブロックが動く!光る! ニューブロック×プログラミング ついに登場!!