【株式会社ミマモルメ】【アイテック阪急阪神株式会社】 まちなかミマモルメ移動受信器アプリが伊丹市で運用開始

株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:小坂光彦、以下「ミマモルメ」)とアイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:清水正明、以下「アイテック阪急阪神」)は、伊丹市内における見守りサービスの実証実験で使用されたスマートフォン用 BLE ビーコン検知アプリ(以下「移動受信器アプリ」)について、本日から同市で運用を開始いたします。
(注)BLE ビーコンとは、低消費電力の近距離無線技術であるBluetooth Low Energy(BLE)を利用して、位置や電波強度などの情報を発信するデバイスをいいます。

【背景】
伊丹市では、「安全・安心見守りカメラ」と、BLEビーコンタグを持った子どもや高齢者等の居場所を保護者にお知らせする「まちなかミマモルメ」の固定受信器を2016年に導入して以来、4年連続で街頭犯罪認知件数が減少しています。更なるサービス強化に向けて、既存の固定受信器に加え、アイテック阪急阪神が開発した移動受信器アプリを使用し、「まちなかミマモルメ」の検知エリアを広げる実証実験を2019年に実施しました。

【実用化概要】
移動受信器アプリをインストールしたスマートフォンを伊丹市バス全車両及び公用車に搭載し、更に市内の全ての児童くらぶに設置することで、ビーコン発信器を持ったお子さまや高齢者等が、市バスなどの付近を通過した際に、発信器からの情報をこのスマートフォンが受信し、ご家族の方に位置情報をお知らせします。
市内に整備された1,200台の安全・安心見守りネットワークに、新たに、移動式受信器を増やすことで、見守りの強化を目指します。
運用開始日:伊丹市内小学校の始業式に合わせ2021年1月6日(水)から運用開始
設置場所:市バス93台、17小学校内児童くらぶ、公用車1台

【今後について】
全国の自治体において、見守り事業に対する関心が高まっています。ミマモルメとアイテック阪急阪神は、移動受信器アプリを活用した「まちなかミマモルメ」の導入を進めることで、より多くの自治体の安心な地域づくりに寄与してまいります。

参考資料 https://prtimes.jp/a/?f=d5180-2115-pdf-0.pdf


阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/3103cab3ea5a362751de171dbef75a3e90e0e4cf.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪神電気鉄道株式会社 >
  3. 【株式会社ミマモルメ】【アイテック阪急阪神株式会社】 まちなかミマモルメ移動受信器アプリが伊丹市で運用開始