プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

阪急阪神ホールディングス株式会社
会社概要

新産業創造・地域活力向上を目指す取組のひとつとしてスタートアップとデジタルノマドワーカーに特化した会員制コワーキングオフィス「FUTRWORKS(フューチャー・ワークス)」 を2024年1月に新設

~大阪梅田エリアを国際交流拠点に~

阪急阪神ホールディングス株式会社

阪急電鉄株式会社と阪急阪神不動産株式会社では、スタートアップとデジタルノマドワーカー(※1)に特化した会員制コワーキングオフィス「FUTRWORKS(フューチャー・ワークス)」を、2024年1月5日(金)に「阪急グランドビル」に新設することを決定しましたのでお知らせします。

両社は、大阪梅田エリアの競争力の強化と地域力の伸長を図る目的で、スタートアップを支援する会員制コワーキングオフィス「GVH#5(ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)」を、2014年から「阪急ファイブアネックスビル」で運営してきており、これまでに入居するスタートアップを大手企業が友好的にM&Aをするなど、大阪のスタートアップ支援の取組で一定の役割を果たしてまいりました。一方で、海外のスタートアップやスタートアップと親和性、関連性の高いデジタルノマドワーカーの日本進出が増加しつつある中、このような企業・人材を関西で受け入れる場所の必要性が高まってきております。


こうした潮流を踏まえて、今般新設する会員制コワーキングオフィス「FUTRWORKS」は、これまでの「GVH#5」の機能を拡張・発展させて、よりグローバルなニーズに対応していくことを目指す施設です。「FUTRWORKS」では、グローバルなイノベーション人材やそのサポーターが、ここに一堂に会することで共創を促進させていき、この場所から社会課題を解決するスタートアップや人材が成長していくことを目指していきます。


阪急阪神ホールディングスグループでは、大阪梅田エリアが、世界と関西をつなぐ「国際交流拠点」となることを目指した取組を推進していくため、「大阪梅田エリア」の価値向上に向けた構想「梅田ビジョン」(※2)を2022年5月に策定しました。この「梅田ビジョン」のもと、国際交流・ビジネス拠点としての大阪梅田エリア・さらには関西全体のプレゼンス向上に努めてまいります。


会員制コワーキングオフィス「FUTRWORKS(フューチャー・ワークス)」の詳細は次のとおりです。


(※1)IT技術を活用し、場所に縛られず遊牧民(ノマド)のように旅をしながら仕事をする人たちのこと。

(※2)「梅田ビジョン」に関するサイトはこちら https://umeda-vision.hhp.co.jp/


会員制コワーキングオフィス「FUTRWORKS(フューチャー・ワークス)」の詳細

■施設名称

グローバル・イノベーション・コワーキングオフィス「FUTRWORKS(フューチャー・ワークス)」

「未来を創る仕事」「未来が機能する場」として瞬間的に場のポジシティブなイメージが掴みやすいようにするとともに、FUTUREの文字をFUTRに短縮することで、名称としての固有性を持たせています。


■開設日

2024年1月5日(金)(予定)

「FUTRWORKS」の開設に伴い「GVH#5」は、2023年12月末で終了します。


■場所

阪急グランドビル26階(所在地:大阪市北区角田町8―47)


■開設目的

「GVH#5」では、これまでコワーキングスペースやレンタルオフィスの提供をはじめ、ここを拠点とした新たなビジネスパートナーとの出会いの創出などといったスタートアップ支援を行ってまいりました。一方、今般、新設する「FUTRWORKS」では、これまでの「GVH#5」の取組に加え、日本のスタートアップの海外展開支援と海外のスタートアップやデジタルノマドワーカーなどの人材の誘致に注力する施設として運営し、外国人デジタルノマドワーカーが気軽に訪れることができる場所になるよう、海外との連携を促進させながら、多彩なイベントの開催なども検討してまいります。

この取組の一環として、阪急阪神不動産と関西経済連合会、JR東日本東南アジア事業開発の3社は、「シンガポールと関西双方のイノベーション創出に資する連携協力に関する協定」を締結(※3)しており、この「FUTRWORKS」はシンガポールのスタートアップの受け皿となります。

(※3)2023年12月12日付リリースをご参照ください。 https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/


■基本ロゴデザイン

(ロゴデザインに込めた想い)

モチーフであるモザイク調のパーツは、人の価値観は、白・黒のようにハッキリしたものではなく、その間にある無数のグラデーションから成り立っているとの視点から、この場に関わる一人ひとりが多様な思考や価値観を持ち寄り、混ざり合いながら共創していく場である事を表現しています。また、モザイク模様には、共創の先に見える未来が全て見えるわけではないものの、未来の片鱗が確実に芽吹き始めている、現在進行形な姿を作り出すという意味も込めています。


■施設内装パース (いずれもイメージ)

■FUTRWORKS webサイトアドレス https://futrworks.com


■本取組みは、梅田ビジョンに掲げる基本方針(1)・(2)・(3)の街づくりを目指しています。

【梅田ビジョン6つの基本方針】



阪急電鉄株式会社 https://www.hankyu.co.jp/


阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp/


リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/2b541e29f0f60283313d5e241fccc07d7db9dc6c.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
その他
関連リンク
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/2b541e29f0f60283313d5e241fccc07d7db9dc6c.pdf
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

阪急阪神ホールディングス株式会社

93フォロワー

RSS
URL
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/
業種
倉庫・運輸関連業
本社所在地
大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号
電話番号
-
代表者名
嶋田 泰夫
上場
東証1部
資本金
994億7494万円
設立
1907年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード