射出成形機市場は、2027年までに169億7,000万ドルに達する見込み

2021年6月21日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、は、2020年の射出成形機の世界市場規模は115.1億ドルで、年率5.7%で成長しています。
レポートオーシャンが発行した最新レポート「射出成形機市場:クランプ力別、機械タイプ別、ソリューション別、圧力タイプ別、アプリケーション別。オポチュニティ分析と業界予測、2020-2027年」と題し、世界の射出成形機市場規模は2020年に115.1億ドル、2027年には169.7億ドルに達し、CAGR 5.7%で成長すると予測しています。

レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1667


市場の概要

射出成形機を使用することで、射出成形されたプラスチック部品の高精度な大量生産が可能になります。射出成形機は、エネルギー効率が高く、大量のプラスチック製品を生産するための理想的なソリューションとして機能します。世界の射出成形機市場の成長は、世界中でのプラスチック製品の需要の急増に牽引されています。また、射出成形機の市場は、自動車、包装、消費財などの様々な最終用途産業における射出成形部品の需要の高まりに牽引されています。

市場に影響を与えている要因

射出成形機は、堅牢性、操作性、生産性、高品質などの様々な特徴を備えており、世界の射出成形機市場の成長を促進している。また、インド、ブラジル、アフリカなどの新興国では自動車産業が活発化しており、高機能プラスチック部品の需要がさらに高まり、射出成形機市場の成長を促進しています。例えば、ブラジルの自動車産業は、2017年から2022年にかけて4.5%の成長が見込まれています。 さらに、これらの機械は、消費財や電子機器、携帯電話などの脆くて複雑な部品を高精度で効率的に包装することができます。これらの機械は、消費財や電子機器、携帯電話などの脆くて複雑な部品を高精度で効率的に包装することができます。しかし、ウレタンキャスティング、3Dプリント、熱成形など、少量でコスト効率の高い代替品の脅威が高く、業界の成長を妨げると予想されます。
 
逆に、射出成形機に無線技術を組み合わせるなどの技術的な改善や、射出成形部品の仕上げや組み立て、射出成形への部品の投入など、さまざまな作業をロボットで行う射出成形プロセスの進歩が、射出成形機業界に有利な機会をもたらすと予想されます。

COVID-19インパクト分析。

COVID-19影響分析:コロナウイルスの問題により、米国、中国、ブラジルなどでロックダウンが実施され、世界の射出成形機メーカーは事業活動を停止しました。このような企業活動の停止は、射出成形機業界の売上に直接影響を与えました。例えば、Hillenbrand Inc.は、2019年9月から2020年9月にかけて、売上高が5%減少しました。また、Hillenbrand Inc.は、2020年度末まで、CEOの給与を30%削減しました。 さらに、各国政府の安全対策により、今後、新型コロナウイルスの患者数が減少し、早ければ2021年、または2020年末までに新型コロナウイルスの治療薬が発売される可能性があるとのことです。さらに、鉄道整備機械業界がパートナーシップを結ぶことで、2022年初頭には市場が回復すると予測されています。

市場セグメントのレビュー

世界の射出成形機市場は、機械タイプ、ソリューション、クランプ力、圧力タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

型締力別
  • 200トン未満の力
  • 200トン~500トン 力
  • 500トン以上の力
500トン以上のセグメントが射出成形機市場を支配することが予想される。

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


機械タイプ別
  • 電気式
  • 油圧式
  • ハイブリッド

調査期間中、油圧セグメントが市場を支配すると予想されています。2019年の世界の射出成形機市場では、油圧セグメントが約41.41%を占めており、予測期間中に大きな成長が見込まれています。

ソリューション別
  • 新規販売
  • アフターマーケット 

新規販売セグメントは、調査期間を通じて世界の射出成形機市場を支配すると予想されています。

圧力タイプ別
  • 低圧
  • 高圧力

アプリケーション別
  • 自動車 
    • インテリア
    • トリム
    • 外装
    • その他
  • パッケージング
    • キャップ&クロージャー
    • 薄肉容器
    • パーソナルケア
    • 容器
    • その他 
  • エレクトロニクス
  • ヘルスケア
  • 消費財
  • 玩具メーカー
  • 建築・建設
    • フローリング
    • ドア
    • その他
  • 家電製品
  • その他

自動車分野が市場を支配すると予想される。

地域別の分析

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(フランス、ドイツ、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、インドネシア、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)で分析しています。

競合分析。

この市場の主要企業は、消費者の需要の変化に対応するために、製品の発売、提携、拡大を主要な戦略として採用しました。さらに、エネルギー効率の高いさまざまなサイズの射出成形機を発売し、市場での地位を強化しています。本レポートでは、ARBURG、ENGEL、Haitian International、Husky Injection Molding Systems、KraussMaffei Group、Milacron Holdings Corp.、日精樹脂工業株式会社、住友重機械工業株式会社、日本製鋼所、宇部興産株式会社、芝浦機械株式会社、Nigon Machines Ltd.、BMB s.p.A.などの主要企業を紹介しています。

調査結果のポイント
  • 本レポートでは、現在および今後の射出成形機市場の動向とダイナミクスを幅広く分析しています。 
  • クランプ力別では、500トン以上の力のセグメントが2020年の市場で最も高い収益を記録しています。
  • 機械タイプ別に見ると、2020年の射出成形機市場では、油圧セグメントが収益面でシェアを占めています。
  • ソリューション別では、新規販売分野が2020年の市場で最も高い収益を記録しました。
  • 圧力タイプ別では、高圧セグメントが2020年の収益面で射出成形機市場の分析を支配しています。
  • アプリケーション別では、2020年の射出成形機市場で自動車セグメントが最も高い収益を記録しました。
  • 本レポートでは、市場内の主要プレイヤーをプロファイリングし、その戦略を徹底的に分析しています。これにより、鉄道保守機械業界の競争見通しを理解することができます。
  • また、2020年から2027年までの世界の射出成形機市場の予測分析も掲載しています。

レポートスコープの確認を依頼する:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1667

私たちについて:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. 射出成形機市場は、2027年までに169億7,000万ドルに達する見込み