世界の腫瘍学情報システム市場―2022-2030年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測

Kenneth Researchは調査レポート「世界の腫瘍学情報システム市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年10月 11日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア などが含まれています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059488
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

世界の腫瘍学情報システム市場は、2022年に32憶米ドルの市場価値から2030年末までに54憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測されます。

がんの治療と治療のための腫瘍学の分野では、OISソリューションの採用拡大が市場成長の主要な推進力の1つになると予想されます。治療の選択肢を大きく変える可能性のある幅広い新技術が開発されています。腫瘍学情報システム(OIS)は、組織や医療センターががん治療を管理するのに役立ちます。したがって、政府および成熟した市場参加者による腫瘍学への投資の増加が市場を牽引すると予想されます。さらに、患者とデータの管理を簡素化するためのOISに対する需要の高まりにより、さまざまなタイプのソフトウェアに対する需要が高まっています。

癌研究への投資を増やした企業が市場を牽引しています。腫瘍情報システム市場は近い将来かなりの成長を遂げると予想されており、同社は新しい革新的で技術的に高度な製品の開発に投資することができます。腫瘍学は急速に発展している分野であるため、いくつかの主要な癌研究会社による投資の増加と癌研究機関およびセンターからの研究開発資金の増加は、市場の発展をさらに促進しました。

世界の腫瘍学情報システム市場のセグメンテーション洞察

 

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-oncology-information-system-market/10059488

世界の腫瘍学情報システム市場は、アプリケーション別(腫瘍内科、放射線腫瘍学、外科腫瘍学)、製品およびサービス別{ソフトウェア(患者情報システム、治療計画システム)、プロフェッショナルサービス(コンサルティング/最適化サービス、実装サービス)販売後および保守サービス}、エンドユーザー別(病院および医師のオフィス、政府機関、研究センター)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

世界の腫瘍学情報システム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどに地域によって分割されています。

北米は腫瘍学情報システム市場を支配し、2020年には37%で最大の収益シェアを占めました。この成長に貢献する主な要因には、この地域における高度な医療インフラストラクチャの存在と、患者情報管理に対する意識の高まりが含まれます。さらに、癌情報システムは、癌患者の治療結果を追跡および記録するためにますます使用されています。より良い治療法の決定を行うことの重要性が増していることは、癌システムにおける腫瘍情報の需要を推進する重要な要因のいくつかです。

さらに、治療計画、投与量、および治療計画を管理するための需要の増加は、地域のOISの需要を増加させると予想されます。北米で活動している主要なプレーヤーには、Accuray Incorporated、Senna、Varian Medical Systems、Maxson、およびEpicSystemsがあります。

しかし、アジア諸国はがん情報システムに対する高い需要を牽引しており、OISと政府の政策支援の利点に対する認識の高まりにより徐々に発展しています。このエリアは、エリアの可能性を引き出したいプレイヤーのための収入プールとして使用できます。

世界の腫瘍学情報システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界の腫瘍学情報システム市場」というタイトルのレポートは、世界の腫瘍学情報システム市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

世界の腫瘍学情報システム市場における主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の腫瘍学情報システム市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の腫瘍学情報システム市場における業界のリーダーはElekta AB、Accuray Incorporated、Varian Medical Systems、RaySearch Laboratories、Cerner Corporation、BrainLab、Philips HealthcareProwess, Inc. 、DOSIsoft S.A.ViewRay Inc、MIM SoftwareFlatiron Health, Incなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059488

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の腫瘍学情報システム市場―2022-2030年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測