2027年までCAGR 7.4%で成長が見込まれるがん/癌治療薬市場

2021年6月22日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、癌治療薬の世界市場は、2019年に128,351百万ドル、2027年には222,380百万ドルに達すると予測されています。
Report Oceanが発行した最新レポート「オンコロジー/ガン治療薬市場:タイプ別・エンドユーザー別:機会分析と業界予測、2019-2027年」によると、次のように述べています。世界のオンコロジー薬市場は、2019年に128,351百万ドル、2027年には222,380百万ドルに達し、7.4%のCAGRを記録すると予測されています。


レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=27324

市場の概要

癌は、体内に存在する細胞が制御不能な速度で増殖し、腫瘍を形成することによって引き起こされます。がんには、その進行状況に応じてさまざまなステージがあります。転移はがんの最終段階であり、体の他の部位に腫瘍が浸潤することが特徴です。癌の治療には、ホルモン療法、免疫療法、標的療法、化学療法などの様々な薬剤を使用します。

影響を与える上位の要因

世界の癌治療薬市場の成長は、様々な癌疾患の発生率の増加、先進的な治療法の普及、世界的な高齢者人口の急増が主な要因となっています。さらに、がんに対する意識の高まりと抗がん剤の入手のしやすさが、市場の成長を後押しすると予想されます。逆に、新薬開発にかかるコストの高さや、抗がん剤治療に伴う失敗や副作用の脅威が、市場の成長を抑制すると予想されます。逆に、新興国のポテンシャルの高さと、パイプライン製品の数の増加は、将来的に市場のプレーヤーに新たな機会を提供すると期待されています。
後期開発段階にある有望な薬剤と新興国の高い潜在力は、市場拡大のための有利な機会を提供すると期待されます。しかし、抗がん剤に関連する副作用が市場成長の妨げとなっています。

市場区分の概要

薬剤タイプ別
  • 化学療法
  • 標的療法
  • 免疫療法(生物学的療法)
  • ホルモン療法

薬剤の種類別では、予測期間中、標的療法が最大のシェアを占めると予想されています。これは、がん細胞の分子標的を特定することによるものです。近年の細胞技術や遺伝子治療の進歩により、がん細胞とその代謝を分子レベルで理解することが可能になったため、がん治療における標的治療薬の必要性が高まっています。一方、免疫療法への需要は、予測期間中、世界の癌治療薬市場で最も速い成長を示すと予測されます。

効能別
  • 肺がん
  • 胃癌(Stomach Cancer)
  • 大腸がん
  • 乳がん
  • 前立腺癌
  • 肝臓がん
  • 食道癌
  • 子宮頸がん
  • 腎臓がん
  • 膀胱がん
  • その他の癌
詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


COVID-19による腫瘍/癌治療薬市場への影響分析。

COVID-19のパンデミックは、今後、腫瘍/がん治療薬市場に成長機会をもたらすと予想されます。癌治療薬市場には、主要サプライヤーであるAbbVie Inc. AstraZeneca PLC、Bristol-Myers Squibb Company、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Merck & Co., Inc.、Novartis AG、Pfizer Inc.などがあります。これらのサプライヤーは、北米、アジア太平洋、欧州、南米、その他の地域に製造拠点を持っています。一部の国では抗がん剤が不足していますが、多くの国では、最も資源の豊富な国であっても、新たながんの診断数が大幅に減少しています。パンデミックの前から、がん治療に携わる医療従事者の需要は高まっていました。がん治療薬や治療法の高額な費用は、高所得国を含めたすべての国の課題となっています。さらに、「Nature Reviews Drug Discovery」に掲載されたCancer Research InstituteとIQVIAの調査によると、パンデミックの初期段階におけるがん臨床試験への患者登録は、米国と欧州で大きな影響を受け、それぞれ60%と86%の施設で新規患者の登録率が低下しました。


地域別の概要

北米は2019年の売上高で最大のシェアを占めており、2020年から2027年にかけてもその優位性を維持すると予想されます。しかし、アジア太平洋地域は、可処分所得の増加、研究・開発・イノベーション活動の活発化、さまざまながんに対する意識の高まりなどにより、最も高いCAGRで成長すると予想されています。さらに、世界的にがんの発生率が上昇していることも、市場の成長を後押ししています。

競合分析

競合分析:レポートに掲載されている主要企業は、AbbVie Inc. アムジェン、アステラス製薬、アストラゼネカ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(ヤンセン・グローバル・サービス、LLC)、メルク・アンド・カンパニー、ノバルティス、ファイザーなどがあります。

本調査の主な結果
  • 薬剤クラスタイプ別に見ると、2019年の世界の腫瘍/がん治療薬市場では、標的療法セグメントが56%のシェアを占めています。
  • 適応症別では、肺がんセグメントが予測期間を通じて最も高いCAGRで成長すると予想されています。
  • 地域別では、アジア太平洋地域の腫瘍/がん治療薬市場は、予測期間中に9.4%のCAGRを示すことが予想されます。

レポートの範囲を確認するhttps://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=27324

私たちについて:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. 2027年までCAGR 7.4%で成長が見込まれるがん/癌治療薬市場