内視鏡機器市場、2021年から2026年の間に6.3%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「内視鏡検査装置市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037173-endoscopy-devices-market-global-industry-trends.html


市場の概要
世界の内視鏡機器市場は、2020年に370億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.3%のCAGRで成長すると予想されています。

内視鏡機器は、耳、鼻、膀胱、食道、胃、大腸、喉、心臓、尿路、関節、腹部などの内部を検査するために、口や切開部から体内に挿入される細長い管です。これらのチューブにはカメラと光源が取り付けられており、医療従事者が生検や腹腔鏡手術、関節鏡手術を行う際に役立ちます。現在では、診断器官に応じて長さや柔軟性の異なるものがあります。例えば、硬い管状の内視鏡は医師が関節を検査する際に使用され、柔軟な光ファイバーデバイスは大腸の検査に使用されます。

市場の動向
癌や消化器系疾患の増加は、内視鏡機器市場を牽引する主な要因の一つです。また、内視鏡機器は、嚥下障害、下痢、体重減少、胸焼け、便潜血などの異常な症状の検査にも使用されます。その結果、対象となる疾患に対して比較的脆弱な小児人口の増加が、診断と治療のための軟性内視鏡の利用にさらなる影響を与えています。これに加えて、大手企業は、超高精細(UHD)映像システムを搭載したカプセル型やロボット支援型の内視鏡機器を導入しています。また、これらの主要企業は、マイクロサージェリー技術における内視鏡機器の使用をサポートするために、扱いやすい光源や最新のビデオ機器を提供しており、これが市場の成長に貢献しています。さらに、術後の合併症を最小限に抑えたいというニーズの高まりと相まって、広い視野を提供するために遠位レンズデザインを取り入れた最新の内視鏡機器の採用が増えており、これが市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分
世界の内視鏡機器市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユース、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分
・内視鏡
・内視鏡用可視化システム
・内視鏡用可視化コンポーネント
・手術用機器

アプリケーション別の市場区分
・消化器系内視鏡
・泌尿器科用内視鏡
・腹腔鏡検査用内視鏡
・婦人科用内視鏡
・関節鏡
・その他

エンドユース別の市場区分
・病院・診療所
・外来手術センター
・その他

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界の内視鏡機器市場における主要な企業としては、ボストン・サイエンティフィック社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社、富士フイルムホールディングス社、HOYA株式会社、Karl Storz SE & Co. KG、Machida Endoscope Co. Ltd., Medtronic Plc, Olympus Corporation, Richard Wolf GmbH, Smith & Nephew plc, Stryker Corporation.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037173-endoscopy-devices-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 内視鏡機器市場、2021年から2026年の間に6.3%のCAGRで成長見込み