孤高のヴォーカリスト玉置浩二、ファン待望であるオーケストラ公演映像作品が本日発売!オーケストラ公演の新シリーズの開催も決定

孤高のヴォーカリスト玉置浩二、ファン待望となるオーケストラ公演の映像作品“billboard classics PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021『THE EURASIAN RENAISSANCE “КАПЕЛЬ”』LIVE”が本日発売された。


本作品は、今年の7月20日(火)に東京ガーデンシアターで行われたbillboard classics 玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021『THE EURASIAN RENAISSANCE “КАПЕЛЬ(カペーリ)”』 の公演映像を収録。収録されている東京ガーデンシアターでの公演は、7都市での最終公演となっており、2015年の幕開け公演でタクトを振った指揮者大友直人が登場。玉置浩二の唯一無二の素晴らしい歌声と東京フィルハーモニー交響楽団のダイナミックで繊細な演奏が調和したステージは、billboard classics公演の集大成として相応しい奇跡のステージとなっており、誰しもが心を揺さぶられる作品になっているので、是非ご覧頂きたい。

また、玉置浩二×オーケストラ公演ツアーの新シリーズbillboard classics 玉置浩二35th ANNIVERSARY LEGENDARY SYMPHONIC CONCERT 2022 “Arcadia -理想郷-”の開催も決定しており、ソロデビュー35周年という節目の年に、新たなオーケストラとのツアーに挑む。


7年目に入ったオーケストラ公演は、新たに『LEGENDARY SYMPHONIC CONCERT』と銘打ち、自らが希望の星となり明日への道を切り拓く。前ツアーで6年ぶりにタクトを振った大友直人をはじめ、田中祐子、円光寺雅彦、柳(※)澤寿男、湯浅卓雄など世界的に活躍する指揮者陣と共に、全国7都市11公演の舞台で玉置浩二が“奇跡”ともいわれる歌声で聴衆に訴えかけるものは何か? 新たな“理想郷(アルカディア)”にむけた伝説の始まりをお見逃しなく。現在、チケットは各プレイガイド先行受付中なので併せてチェック頂きたい。
(※)柳は「木」へんに「夘」

 

◆リリース情報

billboard classics PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021
『THE EURASIAN RENAISSANCE “КАПЕЛЬ”』LIVE
発売日:2021年12月8日(水)
DVD:COBA-7255/6 価格:7,700円(税込)
BD:COXA-1284  価格:8,800円(税込)
https://lit.link/tkkj

収録楽曲
1.歓喜の歌
2.ロマン
3.祈りの鐘〜Sacred Love
4.いつもどこかで
5.キラキラ ニコニコ
6.メドレー(MR.LONELY~プレゼント~サーチライト)
7.FRIEND
8.歌劇「フィガロの結婚」序曲
9.GOLD
10.行かないで
11.メドレー(ワインレッドの心~じれったい~悲しみにさよなら)
12.JUNK LAND
13.夏の終りのハーモニー
14.田園
15.メロディー

他、特典映像あり

※収録日・収録場所: 2021年7月20日(火)東京ガーデンシアター

 
◆ダイジェスト映像URL

 



◆ライブ情報
billboard classics 玉置浩二35th ANNIVERSARY LEGENDARY SYMPHONIC CONCERT 2022 “Arcadia -理想郷-”

2022年2月26日(土) 東京国際フォーラム ホールA 開場16:00 開演17:00
2022年3月2日(水) フェスティバルホール  開場17:30 開演18:30
2022年3月3日(木) フェスティバルホール  開場17:30 開演18:30
2022年3月24日(木) 札幌文化芸術劇場hitaru  開場17:30 開演18:30
2022年4月8日(金) 熊本城ホール メインホール 開場17:30 開演18:30
2022年4月12日(火) 愛知県芸術劇場大ホール 開場17:30 開演18:30
2022年4月23日(土) 東京文化会館 大ホール 開場16:00 開演17:00
2022年4月24日(日) 東京文化会館 大ホール 開場15:00 開演16:00
2022年5月10日(火) 福岡サンパレス ホテル&ホール 開場17:30 開演18:30
2022年5月28日(土) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 開場16:00 開演17:00
2022年5月29日(日) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 開場15:00 開演16:00

管弦楽・指揮:
【東京 2/26】大友直人指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
【大阪】田中祐子指揮 大阪交響楽団
【札幌】円光寺雅彦指揮 札幌交響楽団
【熊本】柳(※)澤寿男指揮 九州交響楽団
【名古屋】柳(※)澤寿男指揮 京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
【東京 4/23,24】大友直人指揮  東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
【福岡】円光寺雅彦指揮 九州交響楽団
【西宮】湯浅卓雄指揮 日本センチュリー交響楽団
(※)柳は「木」へんに「夘」

 
公演公式サイト: https://billboard-cc.com/classics/tamaki2022-arcadia/

 
◆HP
OFFICIAL WEB
https://saltmoderate.com/
日本コロムビア
https://columbia.jp/tamakikoji/
◆公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/saltmoderateSMEJ


◆プロフィール

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」「メロディー」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。2017年、ソロデビュー30周年そして安全地帯デビュー35周年というダブルアニバーサリーイヤーでは、日本武道館で開催した安全地帯35周年記念ライブでは2日間で2万5000人の動員を記録した。2018年・2019年もオーケストラ公演、ソロツアーと精力的に活動。2019年11月安全地帯として約30年ぶりのスタジアムライブ「安全地帯  IN  甲子園球場 さよならゲーム」を敢行、3万8000人を動員し、圧倒的なボーカル力で観客へ感動をもたらした。2020年12月、6年ぶりとなるニューアルバム『Chocolate cosmos』リリース。第71回NHK紅白歌合戦に24年ぶりの出場を果たし、オーケストラとともに披露した「田園」は、熱い感動とともに全国で大きな反響を呼んだ。2021年、1月より再開されたオーケストラ公演「PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021『THE EURASIAN RENAISSANCE “ОТТЕПЕЛЬ(オーチェペリ)”』」(4都市6公演)、続いて6月より開催の “КАПЕЛЬ(カペーリ)”(7都市8公演)公演では、各地で大喝采を巻き起こした。同年9月からはバンド編成による「玉置浩二Concert Tour 2021 故郷楽団~Chocolate cosmos」を全国24都市/27会場にて敢行。2022年にはソロデビュー35周年そして安全地帯デビュー40周年を迎える。

 
  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. 孤高のヴォーカリスト玉置浩二、ファン待望であるオーケストラ公演映像作品が本日発売!オーケストラ公演の新シリーズの開催も決定