COPDおよび喘息の診断・モニタリング機器市場は、2027年まで6.3%のCAGRで成長する見込み

2021年6月24日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、COPDおよび喘息の診断・モニタリング機器の世界市場は、2019年に49億5,360万ドル、2027年には82億262万ドルに達すると予測されています。
Report Oceanが発行した最新レポート「COPDと喘息の診断とモニタリングデバイス市場:製品別、適応症別、エンドユーザー別、地域別。Opportunity Analysis and Industry Forecast, 2020-2027」と題したレポートを発表しました。世界のCOPDおよび喘息診断・モニタリングデバイス市場は、2019年に49億5,360万ドルを記録し、2020年から2027年にかけて6.3%のCAGRを記録し、2027年には80億2,062万ドルに達すると予測されています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1698

市場の概要

COPD(慢性閉塞性肺疾患)や喘息の診断・モニタリング機器は、呼吸が困難で生命維持に必要な酸素濃度が得られない患者を支援するために使用されます。また、高齢者人口の増加、タバコ消費、アレルゲン、大気汚染物質が呼吸器系疾患の有病率を高め、それが世界のCOPDおよび喘息診断・モニタリング機器市場を牽引しています。

影響を与える上位の要因

世界のCOPDおよび喘息診断・監視装置市場は、高齢者人口の増加やCOPDおよび喘息診断・監視装置の進歩などの要因により、予測期間中に成長すると推定されます。さらに、技術革新も市場の成長を促進する大きな要因の一つです。世界保健機関(WHO)は、喘息は世界で約3億人が罹患しており、世界で25万人が喘息が原因で死亡していると報告していました。2019年には、全世界で約6,500万人がCOPDに罹患しており、そのうち約1,600万人の米国人がCOPDに罹患しており、今後も増加すると推定されています。
さらに、大気汚染、気候変動、アレルギーが市場の成長を促進しています。技術的に進歩した機器の開発、規制当局からの承認、製品の発売が市場の成長を促進しています。しかし、特に低開発国では、COPDおよび喘息の診断・モニタリング機器に関する個人の認知度が低く、規制手続きが厳しいことが市場の成長を妨げています。
COPDおよび喘息の診断・監視装置は、呼吸器系疾患の診断、監視、制御に広く使用されています。呼吸器疾患の罹患率の上昇、喫煙や飲酒の増加が、市場成長の主な要因です。

市場セグメントの概要

世界のCOPDおよび喘息デバイス市場は、製品、適応症、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別
  • 診断機器 
    • スパイロメーター 
    • 心電計
    • FeNoテストアナライザー
    • ピークフローメーター 
    • 動脈血ガス分析装置(ABG)
    • 睡眠ポリグラフ装置
    • その他
  • モニタリング機器 
    • パルスオキシメータ
    • カプノグラフ
    • 気管支喘息用モニター
    • ポータブルテーブルトップパルスオキシメーター
    • ウェアラブル機器
    • フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR 
    • その他 
  • 消耗品・アクセサリー 
    • マスク
    • スパイロメーター用アクセサリー 
    • 睡眠ポリグラフ用アクセサリー
    • ピークフローメーター用アクセサリー
    • パルスオキシメーター用センサー
    • カプノグラフィ用アクセサリ
    • ガス分析装置用アクセサリー 
    • その他

製品タイプ別に見ると、COPDおよび喘息の診断・監視装置市場では、診断装置セグメントが最も影響力のあるセグメントとなっています。これは、大手企業による投資の増加や研究費の増加により、診断機器の使用が便利になり、さらに携帯性や自動性が向上したことによるものです。これらの要因が、予測期間中の市場の成長を促進すると考えられます。

適応症別
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 気管支喘息

適応症別では、2019年は喘息セグメントが最大のシェアを獲得すると予測されます。分析期間中、このセグメントは支配的な地位を維持すると予想されます。

エンドユーザー別
  • 病院および診療所
  • ホームケア施設
  • その他

エンドユーザー別では、2019年に病院・診療所セグメントが最も高いシェアを獲得すると推定されます。また、分析期間中、病院・診療所セグメントはその優位性を維持すると予想されます。これは、呼吸器疾患と診断された患者数の増加、政府の取り組みの増加、COPD・喘息用機器の技術的なアップグレードなどが要因となっています。また、米国では年間500万人以上の患者が入院しており、これが予測期間中の市場成長の原動力となります。

地域別の概要

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで分析しています。北米は2019年に最大の市場シェアを占め、予測期間を通じてその優位性を維持すると予想されています。これは、不健康なライフスタイルや高いストレスレベルの結果として、呼吸器系疾患の有病率が上昇していることなどが要因となっています。さらに、呼吸器系およびモニタリングソリューションのための新しい償還モデルの導入や、医療効果、患者の安全性、臨床効率を目的とした厳格な規制ガイドラインが、今後数年間の地域需要を押し上げると予想されます。さらに、アジア太平洋地域では、人口の増加に加えて高齢者人口の増加により、COPD(慢性閉塞性肺疾患)および喘息の診断・モニタリング機器市場を運営する主要プレーヤーにとって有利な機会となっています。さらに、医療機関におけるCOPD・喘息診断機器の認知度が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。

アジア太平洋地域のCOPDおよび喘息診断・モニタリング機器市場のスナップショット。

アジア太平洋地域は、高齢者人口の増加に伴い、COPDおよび喘息の診断・モニタリング機器市場で事業を展開する主要企業にとって大きなチャンスとなります。さらに、医療関係者の意識の高まりが市場の成長を後押ししています。さらに、医療費の増加と承認ガイドラインの策定が、この地域の市場成長を促進すると予想されます。
当レポートでは、世界のCOPD・喘息診断・モニタリング機器市場で事業を展開する主要企業の包括的な分析を行っています。Becton Dickinson And Company、Drägerwerk AG & CO. KGAA、Getinge AB、Invacare Corporation、Masimo Corporation、Medtronic Plc、Koninklijke Philips N.V、日本光電工業株式会社、Smiths Medical、Vyaire Medical Inc.の6社です。

調査結果のポイント 
  • 本調査では、世界のCOPD・喘息診断・監視装置市場の詳細な分析、現在の動向、将来の予測を行い、差し迫った投資ポケットを明らかにします。
  • また、市場の成長を促進・制限する要因を包括的に分析しています。
  • 製品タイプ別では、消耗品とアクセサリーのセグメントが2020年から2027年にかけて7.4%のCAGRで成長すると予測しています。
  • エンドユーザー別に見ると、2019年のCOPDおよび喘息の診断・モニタリング機器市場は、病院・診療所が圧倒的に多い。
  • 業界の主要セグメントの広範な分析は、様々な地域で使用されている製品や技術の種類を理解するのに役立ちます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1698

私たちについて:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. COPDおよび喘息の診断・モニタリング機器市場は、2027年まで6.3%のCAGRで成長する見込み